シリーズ二作目『トランスフォーマー2010』に於ける目玉キャンペーン第二弾(ちなみに第一弾は開始時期の『コンボイが死んだキャンペーン』だが、デパート等から「子供の夢を扱う売場で縁起が悪い」と指摘されて早々にポスター撤去の憂き目に遭ったw)。
親父殿(破壊大帝ガルバトロン)の声で「ヌワーーッハッハッ! デストロンの逆襲ぅぅぅーー!」と高笑いが流れるTVCMはインパクト絶大だった。
TF028901_デストロンの逆襲.jpg
特筆すべきはフラッグトイの〈アニマトロン部隊合体巨人兵プレダキング〉の圧倒的存在感!
他の合体戦士と違って〈ミニボットサイズの合体〉ではなく〈標準サイズトランスフォーマーの合体〉なもんだから、デカイ・ゴツい・高額と吉野家に逆行する三拍子!
しかも、当時は玩具界でも稀有な〝関節ほぼフル可動〟な合体ロボ!
そして、カッコイイ!

当時は玩具競争過度期とはいえ〝 10000円越え〟は『コンバインボックス(コン・バトラーV)』の再来とも言える保護者の悪夢!
しかも、何がスゴいって……それを〈敵(悪役)〉でやって成立させてしまう『トランスフォーマー』の底力!(そもそも普通は、販促キャンペーンなんか〈ヒーロー〉でしかやらないし)
そして、その展開にゴーサインを出せてしまうタカラのアグレッシブなスタンス!
これはキャラクターの魅力表現を敵味方同等に力を注いでいる本作だから可能な荒業であって、他作品じゃ絶対無理!
以降は存在しない〈敵側を主役に据えた販促キャンペーン〉であり、玩具史に残る伝説的なキャンペーンなのである!

ちなみにコレ以降毎年〝 10000円越えのフラッグトイ〟が据えられ、バンダイも流れに乗っかり、例の『1号ロボ+2号ロボ=スーパー化』のフォーマットへと結実する。
そういった意味では罪な発起玩具でもある。


✒✒✒凰太郎創作総合コンテンツ✒✒✒

💻💻💻Facebook💻💻💻