FB投稿_大剣斬0101.png
最近御無沙汰だった『大剣斬』投稿ですw
ブログ初期に『主要キャラクター紹介』として一挙掲載しましたが、主役三人以外はゲーム用の顔グラフィックだけでした。
今回は敵勢力〈覇獄同盟群〉幹部もイベント用グラフィックを使用した一枚絵として作りましたので、投稿します。

~大剣斬って何なのさ?~
まだ小説創作を始める以前に、自己作品の具現化手段としてPCゲーム製作ソフト『シミュレーションRPG ツクール』で個人製作していた作品。
私の大好きな『王道スーパーロボットもの』+『妖怪退治もの』を混合させて、新型妖怪作品像を確立しようとした野心作。
あまりの労力に数話で頓挫。
しかしながら思い入れは強く、また現行小説作品群のルーツとなるポジションから、設定紹介だけで度々扱われ復活する経緯になっている。
私的には、いつか『作品』として陽の目を浴びせたいと思っています。

DK0102_御剣刀志郎.jpg【御剣刀志郎/妖神・大剣斬】
典型的な熱血漢主人公。
粗野で単細胞で兄貴肌な喧嘩馬鹿。
つまり〝兜甲児 + 不動明〟ですね。
この作品は『マジンガーZ』や『コン・バトラーV』のような『70~80年代ロボットアニメ路線』を狙って作っていますから。

〈大剣斬〉は巨大ロボットとして作っていますが、設定としては〈妖刀・剣斬〉の真の姿たる〈妖神〉──つまり〈大妖怪〉です。
プロセスとしても〝ロボットに乗り込む〟のではなく、刀志郎自身が巨大変身した姿なので〈ウルトラマン〉的な存在です。
デザイン的には〈バトルフィーバーロボ〉や〈磁雷神(世界忍者戦ジライヤ)〉のような武者ロボット路線を意識したのですが、何故か〈武者玩駄無〉ソックリなボディデザインになってしまいました。
デザインやり直したい……と、猛省www

DK0202_不知火涼子.jpg
【不知火涼子】
不知火流忍者。
実戦型気丈ヒロインで、刀志郎の保護者的役割です。
刀志郎と同年齢ながらも、年上お姉さん的で四角四面な生真面目性格。
それ故に単細胞馬鹿に振り回され手を焼きますが……次第に自覚無き恋心が芽生えていきます。
私的には現在でも感情移入の高いヒロインです。

この人、小説投稿サイトで展開している『凰太郎キャラクターファイル』では、何故か〈カリナ〉や〈マドカ〉といった現行ヒロインを抜いてアクセス数が一番高いです……作品無いのにwww

DK0302_柊美琴.jpg
【柊美琴】
柊神社の箱入り娘。
回復系癒しヒロインです。
涼子とは古くからの親友で、刀志郎に対しては『飴と鞭』な関係になります。
そして、彼女もまた刀志郎の根底的な人間性に惹かれていきますが、涼子との事を思うと踏み出せずにジレンマ的恋心になっていきます。

以前も書きましたが、頭にエアインテーク付いてますwww
いや、最初期のラフ段階では無かったんですが、どうにもスタンダード過ぎて凡百デザインの域を出なかったんで、敢えて個性化の為に付けました。
こういうハッタリ的誇張も凰太郎は平然とやるヤツですwww

DK1101_悪路王.jpg
【悪路王】
敵勢力〈覇獄同盟群〉の盟主です。
東西南北の〈鬼〉と同盟を結んで一大組織を結成し、現世を〝鬼による理想郷〟にせんと暗躍しています。
その為に伝説の鬼神〈大嶽丸〉の復活を目論んでいます。

伝承『田村三代記』や『田村丸草子』に登場する鬼で、れっきとした岩手県の妖怪です。
本作では『勇者ライディーン』の〈プリンス・シャーキン〉の妖怪版を狙っており、だから〝赤い仮面仕様〟となっています。
モチーフが〈悪のプリンス〉路線なので、高貴を帯びた高笑いを何かとしますwww

DK1201_宇羅姫.jpg
【宇羅姫】
敵勢力〈覇獄同盟群〉女幹部にして、ナンバー2です。
とはいえ、性格は楽観的で恣意的で自己中心的な自信家ながらも、どこか抜けていて憎めないキャラです。
根本的には、刀志郎と波長が合う似た者同士と言えます。
戦闘能力はかなり高く、自在に空を舞い〈鬼〉特有の剛力で奮う巨剣は、人間サイズながらも〈大剣斬〉とも渡り合えます。

終始〝悪路王ラブ〟ですが、色々あって主役勢に加わり〝第三のヒロイン〟と化します。

彼女は半オリジナルです。
というのも、彼女の亡父〈宇羅〉は正式表記〈温羅〉であり〝吉備津彦(桃太郎)〟に倒された伝承妖怪なのですが、字的に締まらないので宛字改名させたからです。
そして、彼女自体は〈オリジナル〉となります。

デザインモチーフは見ての通り『うる星やつら』の〝ラムちゃん〟ですが、特に〝ラムちゃん〟への感情移入から作ったわけでもなく、パロ的設定もありません。
単に「鬼娘って言ったら〝ラムちゃん〟だよな……他ヒロインとの差別化で髪色も緑と決定しているし」という流れで、こうなりました。
ちなみに、実は私が一番好きな〈大剣斬ヒロイン〉でもありますw

DK1301_火車.jpg
【火車】
巨大幹部で、大剣斬のステゴロライバルとなる存在です。
人間形態では〝紅堂和真〟という一匹狼気質の昭和型不良で、刀志郎とは以前から喧嘩好敵手としてやりあっていました(刀志郎が〝永井豪型不良〟なら、紅堂和真は〝本宮ひろ志型不良〟です)。
互いに反目しながらも、根底には〝拳で分かり合う共感〟がある関係性です。
しかし、物語が動き出すと〈大妖・火車〉として、互いの正体を知らずに〈大剣斬〉と殺り合う関係に推移していきます。

実は〝人間〟としての日常に小学生の妹がおり、その妹を溺愛しています。
ですが、その子は不治の難病で入院しており……。
そうした背景を利用されて〈覇獄同盟群〉に与しているのです。
一見には『幽遊白書』の〝蔵馬〟的設定ですが、私的意図はTV版『デビルマン』からの継承アレンジになります(「初めて知った人の愛」です)。

この〈火車〉も民間伝承に在る妖怪ですが、設定は全然異なります(本家は、ここまで強大な妖怪ではない)。
共通項は〝火〟〝車〟〝地獄縁の妖怪〟というだけです。

DK1401_元興寺.jpg
【元興寺】
『がごぜ』と読みます。
伝承に在る妖怪で、本家は〝元興寺(がんこうじ)〟に出没した人喰い妖怪です。
本作では〝ズル賢い知恵袋参謀〟という路線を踏襲しています。
内心では敵味方問わず蔑視や嫉妬の対象であり、狡猾に出し抜いて〈覇獄同盟群〉を乗っ取ろうと野心を燻らせています。
若い娘を監禁しては〈生き人形〉と変えてコレクションするという猟奇的悪趣味を持っており、また物語上の多くの作戦は元興寺の悪知恵によるものです。

尚、宇羅姫&火車&元興寺は〈覇獄三鬼衆〉と呼ばれる対等幹部で、彼女達は『超電磁シリーズ』の敵幹部構成〝プリンスを慕う花〟〝愚直な武闘派〟〝狡猾な策士〟を踏襲した設定になっています。




✒✒✒凰太郎創作総合コンテンツ✒✒✒


💻💻💻Facebook💻💻💻