最近、諸事情によって『本編URL 投稿スタイル』をやめて『本編転載スタイル』へと切り替えました(リンク容認サイトは除く)。
 そんな中で「面白いなぁ」と思うのは、サイトによって『好まれる作風(読者趣旨)』が異なるという事象。
 分かりやすく言っちゃうと『孤独の吸血姫』と『vs,SJK』の支持率がサイトによって微々と違うのです。
 連載開始当初──つまり、まだ〈アルファポリス〉&〈ツギクル〉だけだった時は『孤独~』の方が圧倒的に支持されていて『SJK 』は戦績的にパッとしなかった。プラットフォームだった〈ツギクル〉でさえ『孤独~』に圧勝されていた。
 この支持差は現在でもそうなんですが、それでも連載当初よりはまだ支持されるようになり、サイトによっては肉薄する。某サイトなんかでは逆転すらしている(そうは言っても大多数のサイトでは、相変わらず『孤独~』が二回りほどリードしていますが)。
PicsArt_11-19-04.32.38.jpg
 御存知とは思いますが、この両作品は『陰と陽』というか『根っからの対極』というか……そういう関係性です(意識したのは『デビルマン(陰)』と『マジンガーZ(陽)』のような関係性でした)。
 つまり『孤独~』及び〝カリナ・ノヴェール〟は「ヘビーシリアスなカッコよさ&人間ドラマの業というテーマ」が根底であり、一方で『SJK 』及び〝日向マドカ〟は「健全でバカバカしい明るさ&手軽な通俗娯楽」なのです。
 早い話が〝マドカ〟は〝何も背負わない主人公〟なわけです(おバカ者だしwww)。
 そうした〝明るく楽しいキャラクター〟や〝説教臭いメッセージとは無縁な手頃感〟が(サイトによっては)支持されているのかもしれません。
 あと(自分で書くのはイヤですが……絵ヘタっぴですし)、もしかしたら『萌え度』も影響しているのかもしれません。
 と言うのも、補足コンテンツ『凰太郎キャラクターファイル』では〝カリナ〟を微々と上回るのですよ……〝マドカ〟に限らず『各SJK 娘』は。
 『闇暦』は〝目を惹く奇異性&シリアスなカッコよさ〟を主体としていますから、どうしても〝露骨な萌え〟とは遠いコンセプトになります。
 対して『SJK 』は『(一応)ガールズライフもの』ですから〝露骨な萌え感〟が主体には据えてある(実っているかは別として)。そして、娘さんの登場人数が多い。
 う~ん? もしかして表紙の〝マドカ生足効果〟もあるのかな?
PicsArt_11-19-05.20.32.jpg
 ただ、この要素には意外な伏兵がいて……実は〝星河ジュン〟&〝クルロリ〟の方が〝マドカ〟&〝カリナ〟よりも若干高い。
「〝ジュン〟はともかく、何故〝クルロリ〟が?」とかは思うのですが、それでも〝自分の娘〟が〝萌え対象〟になっているのだとしたら嬉しいですね……支持層には感謝!
qsSqzU1hxx.png
 あと『キャラクターファイル』では(何故か)頓挫作品プロット『天上天下 大剣斬』も興味を惹いているようで、先述の2作品と同等の閲覧を頂いています(『作品』が存在しないのに)。
 たぶんタイトルで『テンプレ型ロボット臭』を嗅ぎ取って興味を持った人とかが多いのかな?
 ってか『ロボットもの』執筆を望まれていたり……かしら?
 ちなみに、実は〝不知火涼子〟の閲覧は〝ジュン〟に肉薄してます(現時点でカリナ&マドカ抜いとる)。つまり関心(人気かどうかは不明)では1or2を争う……何故か。
 非作品化キャラなのに……やるじゃん! 涼子姉さん!www
PicsArt_11-19-07.03.49.jpg
【凰太郎Girls 】
 本文では触れられませんでしたが、実は〝みこっちゃん(柊美琴/大剣斬)〟も〝カリナ様〟と同率です。
 まだまだ閲覧数の低い〝ラムス〟は登録したてなので、これからの追い上げを楽しみにしています。
 逆に〝陽ノ咲モモカ〟〝天条リン〟〝〈娘〉〟は、まだ『キャラクターファイル』未登録なので、登録が待たれます(ネタバレ危惧で登録タイミングが難しいのよ……)。

 それにしても……「絵描くのイヤ! 絵描きじゃないし手間と時間掛かるし!」とか嫌遠していたわりには、それなりの人数描いてたのね?
 上記で〝涼子姉さん〟〝みこっちゃん〟以外は『小説』用に描き下ろした娘逹だもの(計8人)。


✒✒✒闇暦連載サイト✒✒✒
作品紹介_闇暦00B.jpg

✒✒✒FSF 連載サイト✒✒✒
アイコン_FSF.jpg