月別アーカイブ / 2019年08月

【凰太郎作品紹介】
 天上天下 大剣斬
IMG_20190826_053442.jpg
【物語】
 古来より妖魔降伏を使命としてきた対妖滅組織〈狩魔〉──僧侶・巫女・陰陽師・忍者……等々、職種の垣根を越えてエキスパートを集結させた国家機関である。
 そして、現代──伝説の鬼人〈悪路王〉による邪鬼集団〈覇獄同盟群〉が暗躍を開始した。
 立ち向かう〈狩魔〉の主力戦士は、忍者〝不知火涼子〟と巫女〝柊美琴〟……そして、伝説の妖刀〈剣斬〉と共鳴する魂を持つが故に妖刀自身から〈御魂人〉として認められた粗野な高校生〝御剣刀志郎〟!
 巨大妖怪〈大妖〉が出現した時、彼は〈剣斬〉の真の力を解放して巨大妖神〈大剣斬〉へと変身する!
 やがて敵には〝九尾狐・玉藻前〟率いる〈邪妖會〉や〝八俣大蛇〟率いる〈八俣衆〉を据えて混戦状態と化していくが、如何なる敵が現れようとも、世を乱す邪悪は刀志郎の熱血正義が一刀両断と退治するのである!

rxBCutLkx0.PNG
【作品概要】
 かつてPCソフト『シミュレーションRPGツクール』で単独製作するも、あまりの労力から頓挫した未完成ゲーム作品。
 筆者の大好きなジャンル『80年代スーパーロボット作品』+『妖怪退治作品』の融合化学反応から『新機軸の妖怪ヒーロー像』を生み出そうとした野心作。
 未完成ながらもキャラクターへの愛着は強く、また現創作作品とは遠因的な影響関係にあった事から、一部ブログ等で触れる機会も増えた奇妙な経緯に在る。
 尚、現状で『作品』と呼ばれるような鑑賞媒体は存在しないが、小説投稿サイトを利用したコンテンツ『凰太郎WORLD ~CHARACTER FILE~』にてキャラクターデータを収録している。


✒凰太郎WORLD ~CHARACTER FILE~✒
PicsArt_04-19-03.06.24.png

【凰太郎作品紹介】
 闇暦戦史
IMG_20190601_151309.jpg

【物語】
 1999年7の月、ノストラダムスの予言は的中した。
 魔界の気〈ダークエーテル〉が現世へと流れ込み、その干渉によって死体は生ける屍〈デッド〉と化して人間社会を蹂躙。
 やがて〈ダークエーテル〉は天へと昇り、慢性的な常闇の世界を築き上げてしまう。
 そして、闇空に鎮座する謎の単眼異形〈黒月〉は自らを魔界門と化して怪物達を現世へと導き入れる。
 斯くして世界は古今東西の怪物達が支配する現世魔界と化し、人間達は最下層種族として隷属支配されるに至った。
 更に各怪物達は各国各地の〈領主〉として君臨し、独自の軍勢を乱立的に旗揚げ。
 此処に現世魔界の覇権を巡る異形戦乱の世〈闇暦〉が幕を開けたのである。


【作品概要】
 凰太郎が主力執筆活動としている小説作品。
 骨太でヘビーシリアスな路線を意識したダークファンタジー群である。
 現世魔界という特異な戦乱の世で、個性的な怪物主人公が模索する『人魔共存(人間愛)』の生き様を描く。
 初作『孤独の吸血姫』を皮切りに、現在は『雷命の造娘』が展開中(近日最終章突入予定)。
 尚、これは極秘情報であるが、凰太郎の脳内構想では計六人の主人公が存在──つまりあと四作品は続くはずなのであるが、どこまで書けるかは未定w
偏に皆様の反応が創作モチベに直結しているので、応援ヨロシクですwww

【孤独の吸血姫】
作品紹介_闇暦0102.jpg

【雷命の造娘】
作品紹介_闇暦0202.png

q4iR2QarOn.png
IMG_20190524_144622.png
名前:
 柊美琴
 (Mikoto Hiiragi)

年齢:16歳
誕生日:4月20日
学校:無し
(学校へは通っておらず、実家である〝柊神社〟の巫女として神事奉仕の日常を送っている)

登場作品:
 『天上天下 大剣斬』
 (Tenjoutenge DAIKENZAN)

種別:
 狩魔巫女
 (KarumaMiko)

性格:
 おっとりとした性格で博愛的。
 それ故か時折、天然が垣間見える事も……。
 しかしながら、温和に見えても芯は強い。

武器:
 類稀な潜在霊力&霊符による術式
 使役霊獣〝阿紅〟&〝蒼吽〟

特徴:
 古来より『妖怪退治』を使命として結成された対妖滅組織〈狩魔(かるま)〉の関東方面部隊に所属。
 同時に〈柊神社〉の巫女である。
 攻守様々な霊術を扱うが、殊に回復・浄化の能力は狩魔でも随一の逸材でもある。
 狩魔関東支部の中核となる戦士〝不知火涼子〟とは旧知の間柄にして親友。
 対妖滅組織〈狩魔〉とは、人々の脅威となる〈妖怪〉を退治する事を生業として国が結成した半独立国営遊撃組織であり、古今東西から『忍者』『巫女』『僧侶』など〝霊力〟に長けた存在を垣根を越えて集結させたエキスパート部隊である。その歴史は古く、平安時代にまで遡る。

設定:
 親友である涼子と行動を共にする事がほとんどであり、基本的に実戦闘を涼子が担当し、美琴は霊力によるサポートを主とする。二人は、古くから無二のパートナーとも呼べる関係だ。
 刀志郎が参入してからは三人一組のチームとなるが、恣意的単細胞の刀志郎に涼子が手を焼く一方で、対極的におおらかで抱擁的な態度で彼と接する『飴と鞭』の関係性が出来上がる。
 しかしながら、それは単に御人好しな性格から来る対応ではなく、自然体で他人の本質を見抜く純心が「彼は心底信用に足る」と判断した為でもあるのだ。
 そして、やがて彼へと惹かれ始めるも、元来の消極的性格と〝涼子への遠慮〟から、人知れず切ない想いを抱えていく事となる……。
 尚、彼女の母〝柊美鈴〟は狩魔最強の霊力保有者であったが、美琴が幼少の時に大邪妖〝九尾狐〟との決戦で亡き者となっている。
 美琴のズバ抜けた霊力は母親譲りなのである。



9riOoB_zdh.png
名前:
 阿紅&蒼吽
 (Akou & Souun)

登場作品:
 『天上天下 大剣斬』
 (Tenjoutenge DAIKENZAN)

種族:
 獅子(阿紅)
 狛犬(蒼吽)

性格:
 阿紅は気象が荒い豪傑肌。
 蒼吽は理知的で沈着冷静。
 その対極的な性格により口喧嘩が絶えないが、共に「美琴を護る」という使命感では合致しており揺るぎ無い。
 その目的意識から繰り出されるコンビネーションは正に『阿吽の呼吸』であり、実戦能力に劣る美琴の剣となり盾となる。

武器:
 石像由来の頑強な肉体と、獣性から繰り出される俊敏さ。
 牙爪攻撃。

特徴:
 代々〈柊神社〉の巫女が使役してきた獅子と狛犬の兄弟。
 元来は石像であるが、その霊力を活動源として供給される事で霊獣化する(霊力供給が断たれると石像へと戻ってしまう)。
 霊獣化した彼等は人格や思考を宿し、人語を操る。
 決して〝野卑な獣〟ではなく〝知獣〟である。
 尚、元来、神社に祭られているのは〈狛犬〉と〈獅子〉であり、角が有る方が〈獅子〉である。
 従って、阿紅は〈獅子〉という事になる。

設定:
 美琴の霊力供給によって使役される霊獣。
 赤子の頃から見守っていた美琴を慈しみ、時には父性の如く愛しく感じている。
 主従関係のみならず、そうした背景から美琴には頭が上がらない。日常茶飯事となっている兄弟口論も、結局は美琴の一喝によって嗜められるのであった。
 かつて大邪妖〝九尾狐〟との決戦で亡き者となって美琴の母〝柊美鈴〟を護れなかった自責から、一人娘の美琴には絶対的な忠義心と守護責任を抱いている。
 しかしながら、当の美琴が『主従関係』ではなく『大切な家族』として対象視している事を、彼等は未だ知らないのであった。

↑このページのトップへ