自画像01.JPG
 今回は掌編集『鳳凰の羽根』を紹介しておきます。
▲作品リンク▲

 一応「掌編って何さ?」という方のために軽く説明しておきます。
 掌編とは『短編』よりも短い小説の事で、だいたい5~10分程度で読み終える一話完結作品の事。
 よく『ショートショート』なんて呼ばれますが、アレがつまりは『掌編』です(『ショートショート』の方が通りはいいやね?)。

 で、今回の『鳳凰の羽根』は、私が初投稿した小説作品です(『世にも奇妙な物語』や『トワイライトゾーン』みたいな感じです)。
 最初は小説投稿サイトの勝手が分からなかったので、探りの意味もあって『掌編集』で始めたのでした。
 その後、本格的に長篇『孤独の吸血姫』を始めたのですが、その頃は『孤独~』と掛け持ちする考えでいました(私は最低2作品掛け持ちした方がモチベーションがノるので)。
 うん、『孤独~』が行き詰まったら新作掌編を追加しよう……とね?

 ところが別サイト『vs, SJK』を始めたので『掌編』を書く余裕は無くなり(というか忘れて)、作者自身がその存在を失念したまま丸放置が続いていました。
 もちろん、更新しないものですからランキングは下がっていき、SF部門最下位に居座る結果にwww
 この掌編集は、特にランキング勝負を意識したものではないので、それでも構わないのですが、思うところあって、この間『連載中』から『完結』に変更しました。

 理由は以下の3点。

①アルファポリス用投稿小説は『孤独~』や『雷命~』等の『闇暦戦史』に特化したくなった。

②いつまでも『連載中』表示で丸放置では、読者様(がいた場合)に申し訳無く思った。

③これをベースにして、登場キャラクターを固定した『(『ウルトラQ』や『怪奇大作戦』的な)オムニバス作品』へと新生させたくなったwww

 まあ理由③はともかく(労力的に無理だろうし)、
理由①&理由②によって完結としました。

 おそらく更新する事は無いとは思いますが、それでも知られないまま読まれないのは虚しいので、今回御紹介とした次第です。

 先述した通り、読破時間は短いですし、一話完結ですから拾い読みもOK👌
 何よりも『凰太郎作品』が如何なる作風か知る入門編として打ってつけですから、興味があれば読んでやって下さい🎵


▼d(>∇<;)進化した長篇もヨロシク🎵▼