PicsArt_04-10-09.45.55.jpg
名前:
 カリナ・ノヴェール
 (Karina Noveil)

登場作品:
 『孤独の吸血姫』
 (Vanpiress in LonelinessHeart)

種族:
 吸血姫
 (ElderVanpiress)

性格:
 孤高。攻撃的。達観的なひねくれ者。
 しかし内面は人一倍心優しく、とりわけ子供へ傾ける母性は強い。

武器:
 魔剣〈ジェラルダインの牙〉

特徴:
 戦闘能力は極めて高く、とりわけ実戦経験で鍛えられた剣技は屈指の実力。
 吸血鬼でありながら人間の血は吸わず、柘榴を代用の糧としている。

設定:
 闇暦世界を流浪する孤高の吸血姫。
 幾多の国々を渡り歩いては〝暇潰し〟と称して戦乱へと介入する(しかしながら、彼女の戦いは人間──とりわけ子供への肩入れに起因している事が多い)。

 イギリス・ロンドンを訪れた際、伝説の吸血姫〝カーミラ・カルンスタイン〟と邂逅。
 彼女との出会いをきっかけに自らの宿命と直面するも、この苦難を乗り越える(『孤独の吸血姫』より)。

 以降〝孤独の吸血姫(Vanpiress of Loneliness)〟の異名で、闇暦世界の〈怪物〉逹から最も危険視される存在となった。
 そして、やがて闇暦世界そのものを左右する重要存在の一人となっていく。