今回は己の気持ちを整理する為に書いております。
 ですので、読んでても意味が分からないと思います。
 御了承下さい。
 m(_ _)m

 あ、別に『誰かへの口撃』とか『鬱になった』とか『傷心した』とかではないです。
 ただ自分の心情を整理したいだけ。
 うん、独り言を吐露したいだけ。
 いや、ホントww
 (-∀-;)
VAV5kSDepZ.jpg
 いよいよ待ち望んでいた時が来た。
 最初の戦だ。
 ずっと待っていた……未か未かと。
 尻込みする理由など無い。
 否、本懐の勝負処で退いては本末転倒というものだ。
 我流ながら刃を磨いできた。
 我流ながらも、その刃で戦ってきた。
 故に自信はある。
 過信ではなく自信──自分自身への信頼だ。
 届けば一太刀ぐらいは刻めるはずだ。
 初陣から天下を取れるなどと自惚れてはいない。
 ただ一太刀……それだけでいい。
 此処に我在り──と。

 だが……果たして通用するのだろうか?
 見渡せば海千山千の猛者が集う戦場だ。
 その中でポッと出の小兵如きが、何を成せる?
 そもそも己が刃は戦場で通用するだけの代物であろうか?
 戦場に適した刃であろうか?
 場違いな戦場に臨んではいないだろうか?
 終わってみれば一人相撲も虚しく曇天を仰ぐ結末になりはしないだろうか?

 否、臆してはならない。
 自分を信じよ。
 自分が刻んできた信念を──足跡を──武器を──戦績を────。

 自尊と不安が等しくせめぎあう。
 達観した解析を敷いた根拠故に、どちらも正しい可能性だ。

 どちらにせよ賽の目は操れるものではない。
 神のみぞ知る……だ。

 さりながら、ひとつだけ明瞭且つ確実な心理も有る。
 溺愛する〝娘〟と、また共に戦える喜びだ。
 再び肩を並べられる至福感だ。
 あの頃と同じく……。
 自信と不安が混沌と撹拌する中で、これだけは確かな事実なのだ。
 嘘偽り無き真実だ。
 相変わらずの柘榴かじりに彼女は醒めて言うのだろう──「面倒だが、また付き合ってやるさ」と。
 仄かに優しさを孕んだ微笑を携えて……。

 だから……いまは自分を信じてみる!


95W0GfgqhR.jpg
▶来るべきタイミングが来たら詳細を書くと思います◀
 今回ばかりは独り善がり投稿の御容赦を。
 m(_ _)m



▼凰太郎作品『孤独の吸血姫』▼

『もぉうそぉぉぉヒロタァァァム!』
 ハイ、ってワケで(笑)妄想ヒーローラフ画第三弾です。
 ( ̄▽ ̄;)
 今回は『超人戦記アルティマン』!
(令和初っぱなから何出してんだ……俺はw)

 これは特にストーリー的な構想はしてないです。
 単に『デザイン』にチャレンジしたかっただけ。
 斬新且つ新鮮なデザインに。

_wF0QmzxBr.PNG
▲アルティマン▲
 顔の意匠は『A』!
 ヒーローとして王道のキーワード『A』だ!
 とか考えて作ったら思わぬ誤算自爆……〈アルティマン(ULTIMAN)〉なら『A』じゃなくて『U』だろう!www

kz0bYZObOr.PNG
▲エンデクス▲
 悪の戦士。
 それ以外は決まっておらず、そもそも〝ボスキャラ〟なのか〝悪のライバル(ハカイダー的な)〟なのかも決まっていない。
 デザイン意向としては『悪魔や悪夢の抽象的表現』。
 のっぺりとした黒い頭に、邪笑めいた大きな口。そして、額には生々しい単眼。
 得体の知れない『魔物』として表現したかった。

oh51ggEH9e.PNG
▲バナナフォルボス▲
 最初に戦うフォルボス怪人第一号。
 いや、最近の怪人ってさ?
 デザインはカッコよくなってても〝怖く〟はないんだよね。
 それは何故かと考えてみると、おそらく『SFモンスター』を意識し過ぎて〝カッコイイデザイン性〟に特化して、同時に〝理路整然〟としちゃってるからなんだと思う。
 昭和怪人の「スゲェ!」ってトコは〝怖いヤツ〟は容赦なく〝怖い〟ってトコ(〈ドルゲ魔神(超人バロム1)〉とか〈ムー原人(鉄人タイガーセブン)〉とかさ)。
  もうデザインに関しては「子供向けだから」なんて遠慮してない(クビゲルゲなんて現在じゃアウトォォォ!ww)。
 で、これは多分、根元が〈SFモンスター〉というよりも〈魑魅魍魎・狐狸妖怪〉だったから。
 つまり〝理不尽で理解不能な常識範囲外の存在〟だから。
 人間が〝恐怖〟を強く抱くのって〝理屈が通じない理不尽さ〟と〝理解許容の範囲外〟だからで、その度合いが高ければ高いほど怖い。そこに〝根底的な共感性〟が在ると、相反する感情(同情と忌避とか)の相互作用で恐怖感は増す(フランケンや狼男なんかが好例やね)。
 だってさ?
 そりゃ〈エイリアン〉や〈ターミネーター〉に追われるのは怖いけどさ?
 それよりも〈貞子〉や〈妖怪・大首〉に憑き纏われる方が怖くない? 心臓に悪くない? みたいなw
 って、軽く『怪人美学』みたいな論になっちゃったけど、早い話が〝そういう怖さ〟に立ち返りたかったんよ。
 死顔が付いたバナナ男が巨大化してビル街で暴れる──シュールで怖いと思うんだけどなぁ?www


▼o(*≧∀≦)ノ マトモな小説作品もヨロシクね!▼

L1LGNgGCrp.PNG
うん、もういいや……コイツも上げとく……。
(ーωー)

以前アップした『ジャンパーソン』と同時期に描いたウルヴァリン!
(*>∇<)ノ

同じく同人誌没稿なんだけどね?
( ̄▽ ̄;)

尚、英文は辞書を見ながら書いたので辿々しいし、そもそも合っているか分かりません。
ですので、そこはツッコまないように
(ーωー)ゞ


▼ヾ(・∀・)ノ 凰太郎の小説もヨロシク~🎵▼

↑このページのトップへ