レイヤーイラストを使って、凰太郎ヒロインのコラボ画像を作ってみました。
GE3dc8iTGK.jpg
▲涼子さん × カリナ様 × お馬鹿マドカ▲

 う~ん、作者的には嬉しい夢コラボであると同時に「まさか、こんな形で実現化するとは……」と複雑な心境なのです。
 (ーー;)

 と、いうのも遠因的に、この三人娘は深い関係性にあるから……。
 別の機会に書く可能性もあるかもしれないので細かくは語りませんが、実は『孤独の吸血姫』&『vs, SJK』の雛型は『大剣斬シリーズ第二弾(西洋妖怪vs騎士型ロボット)』&『第三弾(侵略宇宙人vsガンダム風ロボット)』だったからです。
 それが肝心の『大剣斬』がポシャったので、同時に御蔵入りしたのですが……そこから派生再構築されたのが『孤独~』であり『SJK』と言えるのです。

 ところが、こうして〝LINEブログ上での没プロット公表〟という変な形で『大剣斬』が陽の目を見て、結果、涼子さんがプチ復活。
 まさかまさかの共演が実現したのでした。

 う~ん?
 物事ってドコでどう転ぶか判らんものだな……。
 なんかね、生き別れた姉妹が再会して、その変わり様に「オマエも苦労してきたんだな……」って受け入れたかのような感慨が。
 次女は〝残酷な運命を背負った吸血姫〟になってるし、三女は三女で〝底抜けノーテンキバカ(しかも〈宇宙怪物少女〉に変身)〟になってるし。
 頑張れ、涼子お姉ちゃんwww
 ( ̄▽ ̄;)

 さて、アナタの好みは誰?w
 とりあえず、どの娘も一騎当千だけどwww



▼( ̄▽ ̄)ゞカリナ&マドカの小説もヨロシク ♪ ▼

 その昔、凰太郎は自己世界観表現として『ゲーム作成』に傾倒していた時期があるんじゃよ(Σまたこの出だしかよ!www)。
 いわゆる『ツクール』で。
 労力的に頓挫して完成できんかったがのう……。
 その後、小説という表現で「俺色に染め上げろ!(『ウルトラマンR/B』より)」となったのじゃ。


 で、その昔『RPGツクール』用に作った主人公の凡庸顔画像です。
 (・ω・)ゞ
 だから『デフォルト歩行画像』に対応していて、そのまま使えるようなデザインになっております。
 もうゲーム製作しないので使う事も無いでしょうが、埋没させておくのも勿体ないので、コレも一挙アップしておこうと……。
 もう、ね? いいや!
「恥は掻き捨て、余は情けねぇ」だ!
 ((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ←言わねぇよ!

 尚、原版は『198 ×198 』で描かれた Paint画ですが、それを『ベクタードロー』ツールの〝トレース加工機能〟で滑らか処理したので、多少細部が粗くなっております。

 (ーωー)v~~
 万ヶ一「フリー素材として使いたい」って方がいたら(いるのか? そんな奇特な人?)、下記の注意事項を厳守して頂けたら結構だす(元々フリー素材的に作った物だし)。
 ゲーム製作でも、プロフ顔画像でも。


【注意事項】
①使用は自己責任&良識範囲内で!
 当方は如何なる責任も負いかねます……ってか、負いませんwww
 m(_ _)m

②二次配布(シェア含)は厳禁で御願いします。
 預かり知らぬところで一人歩きされても怖いので(軽く『フランケンシュタイン・コンプレックス』ですな)。

③ゲーム等の場合、概要説明等に〝凰太郎製作の素材(著作権)〟である事だけは明記して下さい。
 うん、まあ……普通に『フリー素材使用の鉄則』ですけどねww

④使用される方はコメントに「この画像を、この用途で使います」と報告だけ御願いします。
 特に問題なければレスしませんが、レスした場合は「チョット待ってチョット待って!お兄さん!」です(懐かしいな……いまさら〝8.64〟ってwww)
「あれ? 普通、レス対応が逆じゃね?」とか思うけど、コレの逐一レスはメンドいのでww
 まあ「基本、良識範囲内で使う分には大丈夫っしょ」と、皆を信じて放任🎵
 ヾ(´∀`)ノ

⑤出会い系などの性的目的の使用、及び、商業的目的での使用は一切禁止とさせて頂きます。
 明るく健全な用途に使ってね?
 
tKJB8nwTT_.PNG
▲勇者♂▲

PNhSErF918.PNG
勇者♀▲

MtyR8AFQsS.PNG
▲戦士♂▲

xtLw6V4jMr.PNG
▲戦士♀▲

mpCOMlRInF.PNG
▲僧侶♂▲

MsvWI1KQEd.PNG
▲僧侶♀▲

8yzCEV6E49.PNG
▲魔法使い♂▲

jYurOXpUdn.PNG
▲魔法使い♀▲


▼ヾ(・∀・)ノ 小説もヨロシク~🎵▼


PicsArt_03-08-11.10.27.png


『vs,SJK/vs, ……え? ROUND.3』
 更新です!
 (。・ω・)ゞ

 今回、とうとう〈クルロリミニバン〉の真価が発揮される?
 そして、ついに黒幕登場!
 はたして、ヤツの真意とは?
 (≧口≦)ノ

 ヾ(・∀・)ノ
 ってなワケで、佳境入りしても変わらぬノリのツギクル小説『vs,SJK』をお楽しみ下さい ♪  

↑このページのトップへ