素晴らしいレースでした。


ジャパンC


3冠馬二頭もホントに頑張った。
カレンブーケドールもすごい馬。
何よりひょっとしてキセキが起きるのか?
と、思わせてくれたキセキの大逃げ。
あの騎乗で間違いなかったと思う。勝つには。



それでも届かないし、彼女の前を走れない。


それがアーモンドアイ。



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7835.JPG



コースレコードは
今後いつ塗り替えられるのだろう。





何度も言うが、


私はアーモンドアイが嫌いだ。
今日のレースだって、その前だってずっとそう。


この馬の前を走る馬が見つからない。



彼女はここで引退。



次は肌ウマとして。
第二の人生を。


女王から産まれる次の時代のサラブレッド。


数年後、今度は母の血を受け継いだ馬たちがまた同じコースを走り抜く。


アーモンドアイの走りはもう観れないが、
彼女の血は未来へ受け継がれ、いつかまた今日のジャパンCのような名勝負を観せてくれると信じて。


そうやって受け継がれていく。


これが競馬。 これぞ競馬。






やっぱアーモンドアイは嫌いだ。。



でもありがとう。