肉🍖


肉🥓


肉🥩





どうも。
肉食のuMa です🐴

隣が実家で農家(昔ね)なので
猫の額ほどの畑に行けば野菜取り放題🥬
アホみたいに細いほうれん草が乱れ咲いておりまして。。毎日バター炒め

2分で一品。楽チンキッチン。


もちろん。米は実家から配給。

これさえあれば生きていけるww





本日は『に』



即これがいいと思った。  『2番』




一種の『美学』ね




分からない人の方が多いかもしれませんが。。



勝つ事の難しさ、負けた悔しさ。
勝つための努力。周りのサポート。


勝つことよりも得るものが大きい気がする。




足りなかったのは能力。
。。。って事はそれほど大きくないと思う。


陸上の100m走なんか、
100分の何秒差程度で着順が変わる。


その差が大きいのだけどね😊



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7543.JPG
誰が1着でしょう?🙄




ほんの少しの展開や、その日の運で
結果なんて変わる事だってあると思う。






称賛を与えられずとも



光を浴びずとも



頂に立たずとも



なぜかかっこよく見える。
私はね。敗者の方が。





そりゃ1番の方が称賛を浴びる。







が、それは相手がいてこそ。












競馬の世界であっても同じ。




_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7544.JPG




レースはクビの差鼻差であっても勝ち。



大袈裟に言えば
このたった数センチで将来が決まる。





なのでレースをより感動的にするのは
2着馬以下の頑張りといっても過言じゃない。



勝った馬は歓声を浴びながらのウイニングラン
(今は拍手だけだけどね)



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7545.JPG







鼻差で負けたとしても
2着馬以下はターフから出て行く。




目線はそこには注がれない。




_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7546.JPG






むしろ私は負けた馬に称賛を送りたい。





君たちが必死になって走り抜いて
力及ばす負けたからこそ勝者が生まれた。










って事で😊








今週は天皇賞・秋 G1



格式かあり、優勝すれば
引退後が約束されるほどすごいレースです。




そもそもこのレースに出走できる事自体が
称賛に値するものです。





そこを含めて、
ぜひ観て欲しい🐴





テレビの前で天皇陛下ごっこしちゃう⁉️ww



_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7547.JPG
手を振る時は左右ではなく前後ね😁





私は恐れ多いのと、
全馬にリスペクトの為、
いつもの様に正座で観戦であります🐴