月別アーカイブ / 2019年09月

IMG_20190930_152209.jpg
DGhpN3sGcz.jpg

今日は懐かしのユーロビートを
( ゚∀゚)つ


Toy Boy
/Sinitta


Tell it to My Heart
/Taylor Dayne


I Should Be Lucky
/KYLIE MINOGUE


Butterfly
/Smile


Give Me Up
/Michael Fortunati


You Spin Me Round
/Dead Or Alive


ユーロビートは、主にシンセサイザー等の電子楽器を多用した、4/4拍子で、BPMが120〜160前後の速いテンポ楽曲である。元はヨーロッパで1970年代より流行していた「ユーロ・ディスコ」、またイギリスで1980年代前半に登場し、その後ヨーロッパ全土で流行した「Hi-NRG(ハイ・エナジー)」、そして同時期にイタリアで生産されヨーロッパ大陸を中心として流行した「イタロ・ディスコ」に端を発しており、1980年代中頃よりヨーロッパ全土で流行した。中でもイギリスの有名プロデューサーチームであるストック・エイトキン・ウォーターマンがプロデュースしたアーティストたちがヨーロッパに留まらない世界的なヒットを飛ばしたが、流行は数年で終息した。

一方1980年代後半、ユーロビート、ハイエナジー、イタロ・ディスコなどといった当時のヨーロッパのダンス音楽がまとめて「ユーロビート」の名称で日本に持ち込まれ、「ユーロビート」というジャンルは日本のみで独自の発展を遂げた。1990年代以降も日本のレコード会社・エイベックスなどから発注を受けたイタリアのプロデューサーによってユーロビートが制作され、日本のパラパラなどのダンスカルチャーにおいて消費される状況が続いており、さらには日本のアニメやゲームなどにユーロビートが採用され、それらの作品が海外に輸出されることで、ユーロビートは日本文化の一部としての「スーパーユーロビート」として世界に再発信されている。

Wikipediaより





















IMG_20190929_151528.jpg
WOhXcklxtU.jpg
今日はレベッカを( ゚∀゚)つ
BeautyPlus_20190929195305537_save.jpg
Cheep hippies


virginity

MOON

WEARHAM BOAT CLUB

LONELY BUTTERFRY

Raspberry  dream

フレンズ

BeautyPlus_20190929195137590_save.jpg

↑このページのトップへ