月別アーカイブ / 2017年01月

私は支配を受けたことがある。
そして支配者になりたいと望まない。

こちらから積極的に交流を図ること、と、
支配、との関係は、
いつでもどちらかへ転じてしまいそうな危ういもの。

支配者に転ずることなく、
深い交流を試みていくには、
いつでも洞察力を「保ち続ける」ことが必要だろう。
一瞬前の直感ではなく今の直感を信じる、という行為を続けること。

支配者になる、には大きな実力が必要だ!
だから褒め称えられている例も見る。
(ただし私は望んでいない。)

方向は合っている。
支配者になりたくない、という恐怖心を持ち合わせてるのも上出来だ。
いつでも自己を、場を客観視し、
また、魂の快と不快を指針とし、
挑戦し続けよう。

ことしはみんながしあわせになります。


75WFCVFp_f.jpg

↑このページのトップへ