月別アーカイブ / 2016年01月




出世の石段


ノンストップで登れましたから、きっと出世出来ます😏✨

マンチェスター・ロンドン紀行のこれまで












日付は2015年4月21日(火)


ロンドン2日目の朝です。



ピピピ🕊と鳥の声が聞こえてきそうな、爽やかな朝でした^ ^



↑ 元々お家だったところをホテルにしたような所なので、リラックス出来る雰囲気があってとても良かったです。




↑ 私が食べた朝食がこちら。


私のロンドン観光の目的であるサッカースタジアム巡りを満喫するために、相当動き回る必要があったので、たっぷり食べました












朝食を食べたら、行動開始!




ロンドンの地下鉄マップをしっかり確認しながら、最初の目的地を目指します。


最初の目的地は
スタンフォード・ブリッジ

チェルシーのホームスタジアムです。 

スタンフォード・ブリッジの最寄は、
"フルハム・ブロードウェイ駅"


*ここからちょっと話が脱線します


えっ、フルハムってあのフルハム?って、同じくロンドンにある別のサッカークラブの方を思い出したのですが、


フルハム(フラムでしょうか?)のホームスタジアム "クレイヴン・コテージ" はここから少し離れた所にあるようです。




↑ とはいえすごく近い距離ですよね。


この距離感を知るのに使ったのはこのページです。→ 
ロンドンにはたくさんサッカークラブがあることがわかりますよね!


この弾丸旅行では回りきれなかったけど、いつかイングランド中のクラブを見てみたいです (欲を言えば世界中!)












さて、話をチェルシーのホームスタジアム "スタンフォード・ブリッジ" の方に戻します。


スタンフォード・ブリッジは最寄駅から歩いてすぐのところにありました。



輝いてる!


昨年のこの時は、今の成績が信じられないくらい、スタジアムからオーラを感じました😳
当時は優勝目前のタイミングでしたしね。



↑ あれっ、スタジアム向かいの壁がちょっと変わってる…?!



↑ おー!こうなってるんだ!面白い!



↑ てことで私も撮ってもらいました







↑ 奥へ進んでいくと、スタジアムツアーの申し込み場所がありました。


私がここに到着したのが午前9時でしたから、この日一番最初のツアーグループに参加することができました。



↑ スタジアム見学の前に、まずは博物館を観に行きます。


階段を上ると


↑ 様々な展示品が!



↑ チェルシーレディースにいた大儀見選手も発見しました!^ ^














博物館を堪能したら、スタジアムツアーが始まります。



↑ ここでも、ドーン!と客席からツアーがスタート! 嬉しいですね


今回の旅行で見てきたオールド・トラッフォードやエミレーツスタジアムと比べると、このスタジアムはコンパクトな印象を受けました。


でも、この距離感で試合を見られるのもすごく良いなぁ!!と思いました









↑ 記者会見場
(壇上で話しているのはツアーガイドさん。チェルシーファンだよね?と聞かれたので、ドキドキしながら嘘をつきました。笑)



↑ ホーム側のロッカールーム


そして


↑ 今度は選手の使う通路からピッチへ向かいまーす!





↑ 芝の整備をしているところも見られました


素敵なスタジアムですね〜
やはり私は個人的に、ここの意外なコンパクトさが気に入りました!













↑ ツアーの後は、グッズショップで解散です。



↑ アイリ・コスタです。



↑ ジョゼ・モウリーニョさん(当時は解任されるなんて思いませんでした)



↑ しかし、この顔は酷いです。笑
似てやしない😂



↑ 最後にここでも参加記念品をもらって、ツアーを終えました。
(目の前で機械が壊れ、日付と名前は入れてもらえなかったw)














たっぷり紹介しましたが、このチェルシーのツアー終了時点で実はまだ午前中。


このような感じで、2日目も楽しいツアーから始めることが出来ました


ちょっと書きすぎたので、午後の話はまた次回!











つづく

マンチェスター・ロンドン紀行のこれまで→











日付けは2015年4月20日(月)


マンチェスターマラソン完走の翌日


朝6時半にホテルをチェックアウトして、マンチェスターからロンドンに向かいました


ハードスケジュールですが、弾丸旅行でしたからね。


休んでいる余裕は私にはなかったのです。笑


マンチェスター〜ロンドン間は約300㎞だそうで、東京〜名古屋間くらいの距離があります。


ロンドンまでの移動方法はいくつかあり、
・飛行機
・鉄道
・高速バス
などがあるのですが、私はこの中から金銭的に負担の少ない高速バスを選択しました。(9ポンド=1500円くらいだったかな?)



↑ バス会社はNational Expressを利用。(写真はターミナル駅のバス乗り場)


Manchester Coach Station
マンチェスターコーチステーション


London Victoria Coach Station
ロンドンヴィクトリアコーチステーション


移動時間は5時間くらいです。


朝8時出発のバスに乗って、昼の13時頃にロンドンに着きました!


フルマラソンの疲労も多少はありましたが、それよりもバスの窓の外の景色に興味津々で、移動はとっても楽しかったです












ロンドン!\(^o^)/

ロンドンに到着して一番最初の感想は、「きれい、おしゃれ!


マンチェスターとの違いにびっくりです。←失礼


そしてだんだんと、長距離移動用のラフな格好でいる自分に恥ずかしさが込み上げてきました。笑


「この格好、マンチェスターでは大丈夫だったのに…」←失礼w












というわけで、急いでホテルへ向かいます。



↑ チューブと呼ばれている、ロンドンの地下鉄のマップ





高速バスが到着したヴィクトリア駅から、ホテルまでの移動はこの地下鉄を使いました。


乗り換えなしでホテル最寄りの駅へ。


私が宿泊したホテルは、
ユーストン駅
ラッセルスクエア駅
キングズクロス セントバングラス駅


という3つの駅が近くて、とても便利な場所でした


実はこれも、私が宿泊先決めでポイントにしたところ!


少し値は張るかもしれませんが、"街の中心部に近く電車移動もしやすい場所"を探しました。


なぜなら、私のロンドン観光の目的は

サッカースタジアム巡り!

スタジアムはロンドンのあちこちにあるので、移動のし易さは重要でした



↑ 宿泊したホテルです。
私の泊まったホテル含め、いくつかのホテルがこの通り沿いに連なっていました。


ここはブルームズベリーという地区で、ロンドンに住んでいる友人によると、落ち着いたエリアでどこへ行くにも便利なんだそうですよ ここにして正解でしたね!














ホテルにチェックインしたら、着替えて、すぐに出発しました


目指したのは…
エミレーツスタジアム!


アーセナルのホームスタジアムです。


キングズクロス駅から乗り換えなしで、その名の通り"アーセナル駅"に着きました。



↑ 駅を出ると高級そうな住宅街があり、その間に




ジャーン!


エミレーツスタジアムの入り口が出てきました!



↑ 中に入ると、スタジアムの外観がドーン!



↑ 奥にグッズショップがあって、このグッズショップでスタジアムツアーの参加申し込みが出来ます。


アーセナルのスタジアムツアーは、グループツアーではなく、個人で自由に見て回るタイプ。



↑ このような音声ガイド片手に、ツアーに出発です\(^o^)/





↑ ツアーの初めはこの方が迎えてくれました!
「ベンゲルさん、はじめまして。日本から来た大杉亜依里です。今日はよろしくお願いします。」



↑ 挨拶を済ませたところで、ピッチと客席がドーン!と登場!



綺麗だ…



↑ 写真が飾ってあったり



↑ 選手のロッカーも覗けます!



↑ 個人ツアーは寂しいなーと思っていたけど、こうしてロッカーをひとりじめ出来るのは良かったです





↑ ジャグジー。選手がここを使っているのか…!ザワザワ…!
















↑ ロッカールームを引き返えすと、目の前には再びピッチへの入り口が。
さっきは客席からでしたが、今度は選手目線です!



↑ 等身大パネルが両サイドにずらっと並んでいる



↑ いや身長差すごいな笑
わざわざこの並びにしなくてもいいですよね。笑














↑ ここからは虹が見えた!ロンドン滞在初日、幸先が良いー!












この他にVIPルームなども見学し、エミレーツスタジアムをたっぷり堪能しました。



↑ スタジアムツアー参加記念品





スタジアムツアーの後は、ロンドン中心部に戻り、街を観光しに行きました。^ ^


〜ロンドンの街観光 初日〜




ビッグベン



















以上。




今カメラロールを振り返って見てみて、サッカースタジアム以外の写真の少なさに自分でびっくりしています。笑


もちろん街を目で見て、歩いて、じっくり満喫はしたんですけどね!!😂👍













この翌日はロンドンの地下鉄を乗り倒し、目的をとりあえず達成しました。


その話はまた次回!











つづく

↑このページのトップへ