知恵袋かどっかで前、「日本では英語をしっかり勉強してそこそこ得意教科だったのに、実際にアメリカに行ってみたら小学生の話していることすら理解できず、悔しかった」という話をしている女性がいました。

でも、「アメリカ人の小学生が話していることがわからない」から「英語に理解がない」ということにはなりません。

普通に考えて、小学生同士が学校の帰り道に話すことなんて内輪ネタが多くないですか?内輪ネタなんですから、たとえその会話が日本語でされていたとしても理解はできなかったと思います。

ホストファミリーの娘さんが好きな男子への想いを夕飯の席でシェアしていますが、最初は俺も何の話かわかりませんでしたよ。エデンという名の男の子に彼女が惚れているという補足説明を後から聞いてようやく「あそういうことか」と思えるようになっただけで。

そういう内輪ネタは、英語だろうと何語だろうと聞いて瞬時にピンと来るわけがありません。だから、小学生が何を話しているのかわからないのを心配する必要は全くないんです。故に悔しがる必要もありません。

他にもたとえば、高校のとき男2人がうちに泊まりにきたときにその2人が布団の上でひたすら何かの話をしていて、俺はその話を聞いていても何のことを話しているのか理解するのにかなり時間がかかりました。結局はGoProかなんかのカメラのことだったっぽいですが、他にもケミオとか筋トレとか、俺には全然馴染みがなく参加できなかった話題は山ほどありました。日本語なのに、ですよ。

つまり母国語ですらそういうことはあるんです。話題がそもそも1人の人間にとって馴染みやすいかどうかは人それぞれ違っていて、それは世界共通なはずです。何語であれ、言語はあくまで道具なのですから(俺にとっては道具以上ですが)。

考えてみれば当然なことなんですが、語学学習者はよくこれを忘れて、自分が何かを理解できないのは自分の語学力が至らないからだと早合点してしまうものです。

本当に悔しがるべきなのは、自分もよく知っている話題について話しているにも関わらず話し手が何を言っているのかわからないときです。しかしこういうときでさえ、その場で新しく聞いた単語の意味を調べるなり質問するなりすればいいだけの話で、別に感情的にならなくてもいいと思います。


それでは皆さんおあとがよろしいようで。