初心者向け記事はこちら
おさむらいさんのギター(アコギ) 初心者講座Ⅰ



メインで弾いているアコギがHeadway HJ523です。


見た目から想像される音のキャラクターとはまったく違い、
ボディ全体がバランスよく鳴り、繊細かつ鋭く輪郭がはっきりした印象です。
特にストローク時の切り裂くような音は自分に合っていて、
10年以上この一本を頼りにしています。
百瀬氏がマスタービルダーという今となってはレアなギター!

Headwayはコストパフォーマンスが高く、
信頼できるブランドだと思います。
Headwayの公式ページでおさむらいさんが紹介されました(嬉しい)
復刻版シグネチャーモデルのHJ-523OE、
その他初心者向けシグネチャーモデルなどが創られているので、
楽器屋さんで見かけたらぜひ触ってみてください。
(シグネチャーストラップもあるよ!)


ガットギターはTears ECL650Tを使っています。
img_0
複雑な和音でも澄んだ響きがします。
ボディが薄いにも関わらず低音までしっかり鳴り、
なおかつスタイリッシュなデザインで好きです。
(付属PUはちょっと変えたいと思いつつ)

こちらも現在は廃版のようで、
中古市場でしか見つけられなさそうです。
ぼくがもっと頑張れば復刻版出してもらえるかな…?


通販やオークションでギターを購入する際の注意点なのですが、
キーボードなどの電子楽器はともかく、
アコースティックギターは個体差が凄まじいので、
届いてから後悔するかもしれません。
できる限り試奏してから購入してください。
どんなに高価でもひどいギターが存在します。


ギター弦はElixir Custom Lightを使っています。

このセットから一弦を0.2mm、二弦を0.1mm太いものを
別で購入して使用しています。
音の好みというより、長持ちして滑りが良いということを重視しています。

切れてしまったり、ライブ前に弦を交換しています。
初心者の弦の交換は三ヶ月くらいがいいと思いますが、
エリクサーのようなコーティング弦の場合は、
切れなければ半年とか一年でもいいと思います。
ただ弦の音は錆びていなくても、ピッチは不安定になるので、
録音する場合は古い弦を使わないようにしましょう。


大音量を必要とするライブでは、
ミキサーに音信号を伝えるPU(ピックアップ)が必要です。
ライブでの音作りにおいて最も重要な機材です。
PUはSKYSONIC joy-2を使っています。
※2019年5月 HJ523は RAPTOR SYSTEM に換装しました。

エフェクターはDelayOctaverFeedback Canceller電源
TunerBOSE T4S ToneMatch Mixerなど。
エフェクターの接続・設定はかなりテクニカルなことをしているので
興味のある方は後述する部誌の方から質問してみてください。。

ソロギタリストにお勧めなのがイヤモニ
オケを混ぜる必要がないので足元から発信してモニターできます。
ハウリング防止に効力を発します。

シールドはORBなど。
尊敬するバンドのベーシストの方もここが一番いいと言っていました。


ガット弦はAUGUSTINEなど(こだわりはありません)。

ハーモニカはトンボのメジャーボーイ(ゆずが好き)、

DAWはCUBASE10

マイクはAKG C451B(やっぱりこれは安心)
AKG C214(SN比はこちらのほうがいいような…)、

モニタースピーカーはGENELEC(可愛い)、

ヘッドホンは定番の900ST(リスニングには向かない)、

IFはFIREFACE(高価ですが納得と安心)。
もっとお手軽で初心者向けにはMTRとマイクとIFとして使える
H4nがあると色々便利です(音はそれなり)。

カメラはSony(最近みんな画質すごいので買い換えるかも)。

カポはピッチの正確なSHUBB、
アコギ用カポガットギター用カポ

ライブや、曲中にカポを動かす場合は、
素早くキーを変えられるカイザーカポも使っています。
ハイポジションでピッチがズレやすいので注意。
グライダーカポは創造性を失うと思うので使いません。
※2019.5.11 * ゚・*:.。.:*・゜+ d(*´∀`)b うそです +.:*・゜゚・*:. *


爪の補強はネイルサロンでジェルネイルを塗ってもらっています。
動画を創ったのでネイルサロンに縁がない男性は見るべきです。
自分で爪を補強するのはやってみればわかりますが、すごく大変です。
ネイルサロン行ってみよう。

スパニッシュギタリストが来日すると箱買いして帰ると噂の
アロンアルファも安価でお手軽です。
爪のことが気になったらまずこちらを試してみるのが良いでしょう。

普段のケアとして地爪が弱くならないようにワセリンで保湿しましょう。
以前はサンホワイトを使っていましたが、白色ワセリンならば大差はないと思います。
ワセリンもしくはオイルなど毎日お風呂上がりに塗るように心掛けましょう。


DTM、ギターのRECなど長時間の作業では椅子も重要です。
ギターを弾くときだけアームレストを倒して
体に負担の少ないチェアはこれくらいしかありません
高級チェア専門店でも話を聞きましたが、
さらに高級なチェアとなるとアームレストの自由度がありません。

録音においては何度も録音・再生ボタンを押す必要がありますが、
そんなときにフットスイッチがものすごく便利です。
手のポジションを変えずに続きを演奏できます。
(安いフットスイッチはすぐに壊れます)


ちなみに動画作成は今までAviUtilを使っていたのですが、
4K動画の編集やエンコード高速化を求めて、
Premiere Proになりました。むずい。



詳しく質問したい方は部誌よりお願いします!
「おさむらい部」詳細はこちら

前回書いた記事から、およそ二ヶ月が経ちました。
状況はおおよそ予想通りに推移しているように思います。
(およそミュージシャンらしからぬ記事で申し訳なく感じます)

今年のロッキンは残念ながら中止となりました。
フジロックについてはまだ発表がありませんが、海外のアーティストを多数招聘していることもあり、
開催は現実的ではないと思います。

自身も夏のツアーの中止を決定し、弾き篭もって制作に集中しています。
あとは草を眺めたりしていました。
皆様は元気でいらっしゃるでしょうか。


またもコロナに関する記事を書くのですが、まとめは以下の三点です。

(1)魚を食べよう
(2)珈琲を飲もう
(3)たばこはやめよう



・緊急事態宣言解除後に再び東京や北九州などで新規感染者が増え、変わらず注意して生活しなければいけません。緊急事態ではなくても、ウィルスにはなんの変化もない(進化はしているかもしれない)のです。中国、韓国においても同じ傾向が見られるようです。
 ベトナム、ニュージーランド、台湾は封じ込めに成功している一方、アメリカはコロナに重ねてより深刻な事態が起きています。数ヶ月前からはまったく考えられない状況ですね。。

 ライブハウスの営業について大阪府から次のような指針が出されました。
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200528/k10012447881000.html
 わたしのように一人で演奏して、静かに聴けるタイプであればこれでもどうにかなるかもしれませんが、それ以外のライブは実質的にほぼ不可能です。少なくとも普通の値段で収益の出るライブはできません。ライブハウスは以前どの地域でも難しい状況が続くでしょう。。
 密集だけでなく移動も問題になるので、わたしの場合江戸以外でのライブ開催は難しく、なおかつ海外や地方から来場してもらうことも勧められません。とても残念です。


・色々調べているうちに新たな知見を得ました。
 コロナは血栓症で重篤化するという話は早い段階で耳にしていましたが、
 https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1249654412580016130
 新型コロナウイルスの重症患者の最大30%に危険な血栓がみられる医療専門家らが指摘
 https://www.bbc.com/japanese/52752565

 日本人は欧米と比べて遺伝的な要因により有意に血栓症になりにくいそうです。読みやすかったので2001年のエコノミー症候群に関する報告から引用。
 https://www.aeromedical.or.jp/pilot/pdf/2001-3.pdf
 『日本人の場合、肺血栓症を起こす確率は人口100万人に対して年間28人とされています。』
 『一方、米国では人口100万人対500人と報告』
 生活様式の違いを鑑みても20倍近く、この差はすごいですね。

 そして、血栓症を見つけるためには造影CT検査が有効だそうです。
 http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000622.html
 つまり、日本人は遺伝的な要因によりコロナ感染しても重症化しずらいことに加え、圧倒的なCT保有台数から、異常があってもCT検査ですぐに見つかり、重症化しない。これらは欧米に比べて大きな優位性だったのではないか、と。
 もちろんその他にもコロナについて欧米と比べて議論されている要素は多々ありますが、遺伝子による血栓症の発症の差に言及している人をあまり見ないので書き留めておきます。
 https://labcoat.jp/world-ranking-for-ct-mri-pet/#9
 『日本のCT保有数は100万人あたり107.2台であり、G7平均の25.2台、OECD関連国の25.4台と比べても断トツでトップ』

 日本で生活できて良かったですね…(とは言ってもアジア諸国の中では日本の死亡率は決して低くないのですが)


 そして血栓症というと血液をサラサラにすればいいのでは?という気もしますが(玉ねぎや納豆が有名ですね)、
 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO81051550Y4A211C1000000/
 「血管事故を防ぐのに最も大切なのは、血管の壁に動脈硬化のコブができないようにすることと、そのコブが傷つきにくい状態にすること。いくらサラサラ食材を食べても、ひとたび動脈のコブが傷つけば、そこに血栓が生じる。ただし、魚に多く含まれるEPAには、動脈硬化の進行を防ぎ、コブを傷から守って血栓を生じにくくする働きがあることがわかっている」

 魚を食べよう!旬の油の乗った魚がいいらしいぞ
 http://sara2.jp/epa/
 まあでも基本が大事ということで
 http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2013/002418.php
 健康的な生活、適度な運動、たばこは吸わないなど。血栓症の立場から見てもたばこのリスクは問題になるのですね。たばこはやめよう!珈琲はいいぞ!

 ここで、珈琲は冗談のつもりだったのですが、調べたらこんな記事が…
 血栓をつくりにくい?コーヒーの不思議な力。
 http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/doctor/health70
 『血のかたまりが血管に詰まってしまう血栓は、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすやっかいものだが、コーヒーにはこの血栓をつくりにくくする不思議な作用があるという。』
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/127/11/127_11_1825/_pdf
 このあたりの論文のほうが引用するのに適切かもしれません。
 おさむらいさんの珈琲、美味しいですよ。夏は濃い目にドリップして急冷して飲むのも乙です。

 以上で、冒頭のまとめに落ち着きます。



 ここからは私事になりますが、おうち需要のためか、シグネチャーギター譜面集珈琲、どれも好評だそうです。ありがたい。。常日頃からわたしがおうちに籠もっていることが反映されているかのようです。おうち最高。
 オリジナル楽曲の新譜やそれにまつわる動画、新しい譜面集の出版、夏のグッズなど制作を頑張っております。

 日傘について先日告知をしたのですが、 

紫陽花は縋り付く
 反響が大きかったので、他の音源やグッズに先行して通販できないかスタッフと相談しています。
 半年以上前から準備していたこともあって、実は既に完成しています(限定62本)。もう日差しが暑いですし、梅雨も近いですしね。傘ソーシャルディスタンスという言葉もあるそうな。
 来週までには告知するので、公式HPをチェックして頂ければと思います。


 それではまた。コロナ禍の中で頑張って仕事しておられる方に感謝しつつ…
いつか会える日までお元気でいてくださいね。

 (1)(2)から少し時間が掛かってしまいました。この間にもたくさんのライブ・イベントが中止しつつあり、当初は3月・4月のライブ中止が中心でしたが、5月、6月と中止するライブの時期が広くなりました。
 (1)(2)にある通り、わたしは7月、8月(ゆくゆくは冬まで)も大規模フェス・イベントの開催が難しいと考えています。規模が大きいほど中止の判断は重くなり、直前になるほどリスクが大きくなります。もし主催者側に近い人がこちらを読んでいるのであれば、早急に中止を決めるべきです。

 渋谷にあるライブハウスでの感染事例(3/20)が明らかになりました。
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000201-spnannex-ent
 現時点では規模に関わらずあらゆるライブ・イベントを中止するべきです。終息の見通しが立たない以上、延期も勧められません。

 ライブハウスは既に苦境にありますが…
 https://this.kiji.is/619866593054901345

 日本、特に東京では未だ低減傾向は見られません。
 https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/


Pa8hHJoT7F.png

 医療現場でも限界が近いという声が大きくなっています。
 https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/view/

 そして今日、緊急事態宣言も為されました。自治体ごとに対応は異なるものですが、重大なものと受け止めるべきでしょう。
 https://www.asahi.com/articles/ASN4746YGN47UTFK00P.html




 ・どんなライブ・イベントなら可能なのか
 いわゆる三密「密閉、密集、密接」を避けるしかありません。他人と2m以上離れ、換気が良く、声を出さない。 大きな音を出すために厚い壁に覆われた、密閉された空間であるライブハウスは根本的に相容れないものです。200人キャパでお客さんが10人くらいならほぼリスクはないでしょうが、赤字は免れません。
 コンサートホールは天井が高く声を出す機会が少ない分、ライブハウスよりリスクは減るでしょうが、どれだけ違いがあるかはわかりません。公園などの野外会場、日比谷野外音楽堂で300人くらいならいけるかもしれませんが…それは論点が変わってくるので置いておきましょう(ちなみに、韓国ではサッカースタジアムで入社試験が行われたとか…
 https://twitter.com/ReutersJapan/status/1247354883168038912 )。

 また、ライブ・イベントへの移動(バスや飛行機)や、ライブ・イベント前後の集会(打ち上げなど)、物販の行列など、付随して三密いずれかの状況が生まれます。ライブやイベントの規模が増えるほどそのリスクは高まります。全員自家用車で来てもらって、お行儀よく等間隔に並んで、終わったら順番に、打ち上げはせず帰ってもらう…どう考えても不可能でしょう。 イギリスでは三人以上の集会を禁じているほどです。
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/03/1c9e1649bed1106b.html

 他方、『○○はライブを中止したのに、××はライブを決行した。こんな状況なのに不届きだ』といったレピュテーションリスクもあります。どんなに感染リスクを減らしたとしてもです(空気感で結束できるところが日本の良いところでも、悪いところでもありますが… )。

 インターネットを介したライブ・イベントは可能であり、様々なアーティストがライブの代替として配信していますが、リアルなライブ・イベントとはやはり性質の異なるものです。ライブハウス・コンサートホールや既存のイベンターのビジネスモデルとは全く異なるものになりますし、演出によってはリアルな会場を使う必要もありません。

 有名なアーティストであればあるほど、ライブをするならば配信しかできませんが、TVのような大画面で迫力のある配信は、主催者側の負担が大きく、一般的に実現は困難です。
 昨今aikoさんが行ったようなライブ配信(とても素晴らしかったです)は例外であり、あれは何百万円という赤字を覚悟して行っているものです。並大抵のアーティストではできませんし、継続して行えるものではありません。



(3)結論
(1)ウィルスの終息のタイミング次第ではありますが、最低でも一年、おそらく二年程度は同じ状況が続くという前提です。


【ライブ中心のアーティストについて】
 リアルでのライブ開催が難しい以上、他の活動に目を向ける必要があります。ネットへの移行をまず考えましょう。配信で成功できる人もいるはずです(成功しているVtuberの活動形態は参考になるかもしれません。アーティストというよりもタレント活動となるでしょうが)。
 また、わたしのように譜面等の執筆、取り組みやすいものはネットを介したボイストレーニングや楽器の指導。アーティストの特性によっては俳優声優モデル音響エンジニアプロデュース等、どこかにやれることがあるかもしれません。 
 リアルでのライブに固執することは大きなリスクを伴い、勧められません。籠もってライブに向けてひたすら練習・作曲することはレベルアップするチャンスになるかもしれませんが。。


【ライブハウス・イベント会場について】
 ・飲食店とほぼ変わらない、数十人までのライブスペースはコロナ対策をした上で静かに営業を続ける。少なくともライブハウスは飲食店としての許可を得ているので、飲食・デリバリーをメインにすることはできるはずです。
 次項に続きますが、資金力がない、収益の目処が立たない場合は事業形態の変更を視野に入れるべきです。

 ・数百人規模のライブハウス・コンサートホールで、資金力がない場合はできるだけ早く畳む(セーフティネットの利用を検討する)。資金力があるのであれば、様子を見る。もしくは、配信に注力した形態に改装し、舞台照明や固有の演出、カメラ位置、設備などで差別化する。

 ・千人以上のライブハウスやコンサートホールを所有するのは大きな企業もしくは自治体なので、ある程度は耐えられると思います。 それでも一時的に別の産業施設として換装して、終息を待って元に戻す方策が有り得るかもしれません。レンタルオフィス、サーバーセンター、あるいは工場など…場所ごとに状況は異なりますので、この規模ではコンサルを入れて精査していくべきでしょう。

 ・万人以上の会場についてはもはや一個人が提言すべきではないかもしれませんが、会場を維持することは前提となります。オリンピックも延期したとはいえ一年以内に行う予定ですし、大規模な展示会、コミケなどは開催できる場所が限られ、数少ない大きな会場がなくなることは国益を損なうものだと思います。 ただし会場によっては、部分的、一時的に他のビジネスに使ってもらうことは上記と同様に検討してよいかと思います。


 ライブハウス側も対策として配信に向いたり、YouTubeチャンネルを開設したりオリジナルグッズを創って通販しているお店もありますが、正直なところライブハウスにファンが付く、ということは現代においては少なく、初動はあっても、持続させるのは難しいように感じます。

 また、政府からの自粛への補償も期待できません。緊急事態宣言の際に、
 『安倍晋三首相は事業者に直接補償することを否定。「飲食店」を例に挙げ、「そこ(飲食店)に納入している人たちも、大きな影響を受ける。自粛要請している人に限って、その額を補償するのは、バランスを欠く」と答弁』しています。

 終息時期がわからない以上、これまでの営業形態を持続することは困難です。ライブハウスを畳む決断をした事業者もいます。音楽仲間としては非常に残念ではありますが…即断して次のステージに進もうとする意思は素晴らしいと思います。



 (4)より俯瞰した見通し
 コロナ以後の世界は明らかに変化しました。国境や人種の問題が改めて顕在化され、世代間格差、情報格差、インフォデミック…問題が問題を生み、そして生活スタイルが変容しています。国によっては戦時下と言って差し支えないほど困難な状況にあります。
 差し当たってできることと言えば、できるだけ引きこもって、手を洗うことくらいではあるのですが、それは一ヶ月で済むとは限りません。未来を想像すると、ライブ・イベント業界に限らず今後のやり方、生き方を変更する必要性も生じます。

 就職氷河期となり、失業者も増え、景気も悪くなるでしょう。社会人は今の仕事を続けられるのか自問自答し、学生は進むべき道を見直してから勉学に励むべきではないでしょうか。幸か不幸か働き方は強制的に改革され、テレワークが進んでいます。在宅でも授業が受けられるように環境も変わってきています。
 例: https://www.youtube.com/watch?v=6GM_CnfRnbs
 視聴環境がない児童のために、スマホやタブレット、アクセスフリーなネット回線の配布がなされるべきだと思います。正直にいって現代では自分で検索する力があれば、いくらでも勉強できます。教育格差を減らすチャンスにも成り得ると思います。

 医療・福祉関係は限りなく需要があり、生活必需品と関連する薬やスーパー、コンビニなどでは常に人手を欲しているでしょう。また、ネットを通じて行える仕事、プログラマーも常に需要があります。飲食店もデリバリーに注力せざるを得ず、配送注文もどんどん増えていくでしょう。
 ピンチこそチャンスと言いますが、大きい変化が起きている現在、自分の未来は自分で考えて選ぶべきです。猶予は長くありません。


 健康第一でどうにかこの時代を生き抜きましょう。



 【参考】
  ・パンデミックの歴史
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF 
 ・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のウイルス学的特徴と感染様式の考察(白木公康)
 https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14278
 ・コロナウイルスなどのアウトブレイクは、なぜ急速に拡大し、どのように「曲線を平らにする」ことができるのか
 https://www.washingtonpost.com/graphics/2020/health/corona-simulation-japanese/
 ・専門家会議のまとめ
 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf
 ・専門家会議の「クラスター対策」の解説 ――新型コロナウイルスに対処する最後の希望
 https://note.com/kyoshimine/n/n6bf078a369f9
 ・ライブハウス、法律上は「飲食店」 1ドリンク制をめぐる誤解を弁護士が斬る 
 https://www.bengo4.com/c_23/n_7978/
 ・米の新型コロナ死者、なぜ黒人が多いのか
 https://www.afpbb.com/articles/-/3277948
 ・コロナ重症化の要因は「喫煙」…国内の新型コロナ死者、菅長官「7割強は男性」
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20200409-OYT1T50236/

 ・藤沢数希氏 https://twitter.com/kazu_fujisawa
 今回のコロナ関係でTwitter上でかなり早い段階でそのリスクを分析、予想を行っており、コロナ関係の情報では多大な影響を受けました(ちなみに恋愛工学以前からブログを読んでおり、著書も拝読しています)。
 ・橘玲氏 https://twitter.com/ak_tch
 藤沢数希氏の本の紹介から知ったのですが、現在は海外のコロナ関係の情報・データの元に意見を述べておられます。かなりの著書を拝読させて頂いています。
 ・Shotaro氏 https://twitter.com/ItsShotaro
 こちらも藤沢数希のツイートから知った方なのですが、早い段階で危険性を喚起していました。

 上記の方々は英語を使えることはもちろん香港等中華圏について詳しく、グローバルに情報を収集しており、新鮮で信頼性の高い情報を日本語で呟いてくれます。Twitterで拡散されてやっと一般層に広まるような情報は、わかりやすいものの的確ではないことが多いように感じます。

 ・EARLの医学ツイート https://twitter.com/EARL_Med_Tw
 専門的な問題をわかりやすくツイートしてくださっています。


↑このページのトップへ