主訴  首の痛みと首の可動域制限

さて、この症例に対して、今まではどうやっていたかというと

首を指圧やマッサージでほぐす
首に鍼をする
首の骨を矯正する

こういった方法を組み立てていました。

もちろん、今もこれらは使います。

しかし、これらを一切使わずに出来るようにもなりました。

それは頭蓋骨セラピーです。

頭蓋骨を調整しておけば、元に戻りにくくなります。

2017年までの業務状況では患者さんを触る時間も短く、テクニックを存分に活かすことが出来ませんでした。

その結果、患者さんをせっかく良い状態に出来たにも関わらず、またすぐ元に戻ってしまうという悔しい思いの繰り返しでした。

今振り返ると、申し訳ないことをしてきたなという思いでいっぱいです。





_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3044.HEIC

乾燥肌でお困りではないですか?

最近、何人かの患者さまから

「乾燥肌で困っている」
「人生最大レベルの乾燥肌だ」
「乾燥しすぎてお化粧のノリが悪くて困っている」
「お風呂から上がって少しすると粉をふくほど乾燥してきて、保湿クリームやオイルなどを塗るけど、塗っても塗っても追いつかない

などといったお声を頂戴しています。

そこで今回は、乾燥肌対策にオススメのグッズをいくつかご紹介したいと思います。

①プライムバリアローション
知る人ぞ知る、サラヤの商品です。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3102.HEIC

臨床検査技師をしている友人に教えてもらいました。

多くの病院で採用されているそうですが、これまで私が使った手指の保湿グッズの中で最も優れているのではないかと思います。



②白色ワセリン
通常のワセリンより高級な白色ワセリンです。
治療家仲間に教えてもらいました。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3103.HEIC

赤ちゃんにも使えるほど安全性の高いものなので、安心してお使い頂けます。
※ワセリンは治療薬ではありません。また、アトピーによる湿疹には不向きだと思います。


ワセリンは少し硬く、塗るとベトベトするところが難点ですが、安全安心なところは高評価です。


③インテンスリペア
ジョンソン&ジョンソンのニュートロジーナシリーズです。患者さまに教えて頂きました。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3101.HEIC

これを教えて下さった患者さまは、持ち歩き用ということで、この小さなタイプを私に見せて下さいましたが、自宅に置いておくタイプの大きめのものもあります。


インテンスリペアを手に塗らせて頂きましたが、塗る時はまあまあ固形感はあるのですが、ワセリンほどベトつかずサラっとした感じです。

以上です。

サラヤのプライムバリアローションは本当にスグレモノですが、少し高額です。

乾燥肌にお困りの方は、以上をご参考になさって頂ければと思います。

監修 柔道整復師 鍼灸師 藤本マコト





池田市菅原町にあります、藤本鍼灸整骨院の院長・藤本マコトです。

今日は血管についてお話し致します。

早速ですが、なにか心拍数を上げるような運動には取り組まれていますか?

たまには心拍数を上げて、血管の中の掃除をされることをオススメします。

わたし、今の仕事をする前には心臓カテーテルの会社に勤めておりました。

当時は毎日のように病院のカテーテル室に出入りして立会いなるものをさせて頂いておりました。(今は立会いの出来ない病院がほとんどだそうです。)

そこで毎日、目にしていたのは、心臓血管の、それはそれは見事な詰まりでした。

心臓には、心臓そのもののための血管がありまして、これを冠状動脈と言いますが、これが完全に詰まってしまうと心筋梗塞という状態になります。

また、冠状動脈が狭くなっている状態を狭心症と言いまして、心臓というか胸のところがキューっと締め付けられるような痛みに襲われます。

血管が狭くなっているのを狭窄(きょうさく)していると言いますが、99%狭窄している狭心症なんかを目の当たりにすると「こんなの、いつ詰まってもおかしくない」と、恐怖をいだいたものです。

ちなみに、100%狭窄で心筋梗塞となりますので、その時点で死と直面ということになります。

よって、99%までの狭窄の内に、血管の中を広げる手術をしなければなりません。

が、その前に自分で出来ることは何かないでしょうか?

それは心拍数を上げるような運動を定期的にこまめに行うことなんです。

血管ってホースみたいなもんですが、そのホースの中が汚れて詰まってきているのが狭窄の状態です。

ですので、ホースの中にピューっと勢いよく血液を流してあげれば、汚れも取れてきます。

言わば「血管のお掃除」ですね!

血管を健康に保つことは、身体や精神を健康に保つための必須条件ですので、毎日でも心拍数を上げる運動に取り組まれることをオススメします。

では、どうやって心拍数を上げていきましょうか?

私のオススメはこれです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3093.HEIC

はい、ケトルベルです。

これを振るんです。
30回振ると、ゼエハアなって倒れこみます(笑)

出来れば30回3セットやるといいですが、出来る範囲で始められると良いですよ。

これはボディーメーカーという会社が発信しているケトルベルを振る運動であるケトルベルスイングについての解説動画です。とても分かりやすいので、ご参考になさってみてはいかがでしょうか?


このケトルベルスイングを毎日やるだけで、あなたの血管はだんだんと蘇ってくること間違いなしです。

女性は8キロ、男性は12キロから始めるとGOODですよ♪


心拍数の上がる運動って、どんなのが思い浮かびますか?

走ったり?
泳いだり?

しかし実際、走ったりするのって、正直めんどくさくないですか?

泳ぐとなると、もっとめんどうです。プールに行かないといけませんからね。

あるいは、筋トレも心拍数が上がりますが、これも正直めんどくさくないですか?

しかしケトルベルスイングだけなら、何となく出来そうな気がしません?
(^^)

私でもケトルベルスイングは毎日やってますよー♪
だから、誰にでも出来ます、きっと。
家で出来るのでお手軽です。

今は30回3セット出来るようになりましたが、やり出した頃は10回2セットとかからスタートしました。

最初から気合いを入れすぎると、どこか関節や筋肉を傷めてしまったり、あるいは風邪をひいたりお腹を壊したりして、続けられない状態に落とされてしまいますので注意しましょう。

徐々に身体を慣らしていくのが、とっても大切です。

ケトルベルは心拍数が上がる運動なので、かなりしんどいトレーニングにはなりますが、非常に短時間で済みますので毎日やるにはとってもオススメです。

心拍数を上げる運動で、血管を元気にして、カラダとココロを元気に保ちましょう‼︎

監修 柔道整復師 鍼灸師 藤本マコト




ご予約やお問い合わせは LINE からでも可能です。お気軽にご連絡ください。

↑このページのトップへ