_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7616.JPG

誰かが言ってた

「人の死というものは、その人との新しい思い出が作れなくなることである」

という言葉が頭の中をぐるぐると巡っている。
推しアイドルの卒業はヲタクの世界では死と同等なのかもしれない。

2017年7月27日。
僕の推しメンであるアキシブprojectのあぶちゃんこと、石川夏海さんがグループから卒業しました。

僕の世界からあぶちゃんが消えました。
あぶちゃんとの新しい思い出はこの先、何も作れない。ヲタクとアイドルいう限られた関係の世界の中の話ですが、あぶちゃんは別の場所へと旅立っていきました。


今から僕の記憶の中の彼女について話そうと思います。

僕はあぶちゃんと2017年の1月初旬に出会いました。

あぶちゃんはとにかく『いい』娘でした。

カワ"いい"娘でした。
とっても笑った顔が素敵な娘でした。
いつもステージから自分のヲタクを見つけては笑顔を振りまいていました。

スタイルが"いい"娘でした。
顔が小さくて、足が長くて遠目でもパッとわかるくらいモデルのようなスタイルの娘でした。

記憶力の"いい"娘でした。
すぐに自分のヲタクの顔と名前を覚えるのはもちろん、Twitterでつぶやいた内容をしっかりと覚えていました。

素直な"いい"娘でした。
とにかく真っ直ぐでした。アイドルである事にいつも全力で頑張っているのが言葉や表情から読み取れました。そして僕たちヲタクにたくさんの感謝をくれました

どうでも"いい"ような会話をたくさんしました。
わーすたのこと、まねきケチャのこと、客席で見つけた時のこと、好きなご飯のこと、バンドのこと…

あぶちゃんはとても早口というかババババっ!と言った感じで喋ります。とてもそれが個性的で特典会の限られた時間に全てを詰め込むかのように話してくれました。それのせいか時にワープしたかの様に話が飛ぶ時もありました。
でも全部ひっくるめてすごい楽しくて、それが僕が大好きなあぶちゃんでした。

お台場で行われた対バンの後の特典会の時でした。
その日のあぶちゃんはいつもよりも深刻そうな顔をして「ありがとね…来てくれてホントにありがと」とお礼を繰り返しの手を強く握りながらお別れした日がありました。いつものマシンガントークはどこへやら。
しかしながらあぶちゃんに会えた喜びで何か引っかかるものは感じたものの、概ね満足していました

その数日後、アキシブ運営から「大切なお知らせ」が定期公演で発表されるとツイートがありました。
少し嫌な予感がしました。
運営からの「大切なお知らせ」は大抵、脱退や卒業の時に使われる決まり文句です。

そして6/7に荒川優那、石川夏海、船木沙織3人がアキシブprojectからの卒業が発表されました。

この発表の衝撃はホントに大きかったです。
僕は正直、あぶちゃんが卒業するなんて思ってもいませんでした。いずれ卒業するにしろ、もう少し未来の話だろうとタカをくくっていました。
だってあぶちゃんはアキシブで1番の人気者でいつも特典会は長蛇の列でしたし、あぶちゃんがこのグループを引っ張っていく核の1人だろうと僕は決め付けていたのです。

あの日感じた違和感、もうあの時には「卒業する」決意をあぶちゃんは固めていたんだなって…その時初めて分かりました。
そしてとてもとてもやり切れない感情が時々支配するようになりました。

あぶちゃんの卒業は7/27。
サヨナラまでの時計が動き出しました。

そこからはなるべくあぶちゃんに会えるように
大阪最後の対バン、名古屋最後の定期公演、名古屋最後の対バン、アイドル横丁…

皮肉なもので会えなくなる事が決まると、そして時間が迫れば迫るほどあぶちゃんの事がどんどん好きになりました。そして好きになればなるほど、近づいてくる終わりに不安になります…

そして最後の大型野外イベント、関ヶ原歌姫合戦。

あぶちゃんはその2週間前にあったアイドル横丁の時に喉を痛めてしまい、歌うことにドクターストップがかかるほどの重症な状態でした。
実際、卒業公演は関ヶ原の4日後ですし、大事を取って休む可能性も高かったです。

しかし、あぶちゃんは立っていました。
「みんなの顔が見たい」という理由で身体に鞭を打ちマイクを握り、2日目の関ヶ原に。

overtureが流れ、定位置にあぶちゃんが立ったのを見た時に包まれたとてつもない安心感。
僕の大好きなアキシブでした。

2日目ラストの徳川ステージ。

大型ステージと夕暮れ、高まり曲のセトリでアキシブ史上最強の楽しさで幕を閉じようとした時でした。
あぶちゃんがステージから去る時に一歩一歩を踏みしめながら涙を流し、深々とお辞儀しました。
石川夏海がアイドルとして生きてきた全てが詰まっていたような一礼。

そしてその重みのある姿勢に改めて現実を突きつけられたような気がします。

「あぶちゃんとの終わりがもう近い…」

今まで楽しさで誤魔化してた感情が一気に波となり、涙が止まらなくなりました。
全てが最初で最後。
あぶちゃんとのサヨナラまでの時計がすぐそこまで迫っていました。

7/27。赤坂BLITZ。
荒川、石川、船木卒業公演。

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7573.JPG

事前物販のあぶちゃん。
この日限定で販売されるTシャツにあぶちゃんのサインをして貰った。

あぶ「ありがと。仕事休んでくれたの?」

僕「今日ぐらいはね!」

あぶ「今日泣くの?」

僕「絶対に泣くと思う。まさかの関ヶ原がボロ泣きだったし」

あぶ「うん、ツイッター書いてたね。今日、絶対に見つけるからね!」

僕「うん。前の方にいると思うから」

あぶ「オッケー!絶対楽しもね!」

大体こんな会話だったと思う。ハイタッチで別れた。
どうしても最後とは思えない、いつもの感じ。

18時30分開演。

ドクターストップがかかったハズのあぶちゃんの声はほぼほぼ元通り。

この日は15曲ノンストップという迫力あるセトリを披露。アキシブ結成時からのメンバーの築き上げた集大成を見てるようだった。会場の盛り上がりと比例し熱くなる会場。
しかし一曲一曲を噛みしめるように歌い上げるあぶちゃんの表情が、もうそこまで迫っている終わりの時を嫌でも感じさせました。

15曲目の「Restart」
再出発を意味するこの曲で結成初期メンバーが泣いて歌えなくなるのを見て、その涙に色んな想いが詰まっている気がして、それがキッカケになりました…

涙が滝のように流れてきました…

そして最後のMC。

「青空を見上げたら、ヲタクのコール打ってる姿が思い浮かぶ…」

会場から笑いが起きあぶちゃんらしい挨拶。

その後のアンコール含めてのサプライズ演出を含めたバラード曲は完全にあぶちゃんも顔覆いながら泣いてまして、それに連動するように僕も。

どうしようもないくらいに泣きました…
ホントのホントのホントにサヨナラなんだなって。

出会った時のフェスの事、加賀温泉まで行った対バンのこと、ヲタク引き連れて行った名古屋定期、名前も思い出せない雑居ビルみたいなホールでの対バン、kimidoriの途中で切れた通話の事…

たくさんの思い出が走馬灯になり流れてきました。

そして思いました。
一つ一つがあぶちゃんから貰った楽しい時間だったなと。

感謝する度に涙が溢れます…
自分ではお返しできてないものが多すぎる気がするけど、でもあぶちゃんはそんな風には思わないんだろうな。

そして最後の再び「NEW WORLD」を経て終演。
石川夏海が居た最後のアキシブを見届けました…

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7588.JPG

僕の中であぶちゃんは最初から最後まで完璧なアイドル、石川夏海でした。


最後の特典会

あぶ「プレゼントありがと!絶対に後で写真撮るからね」

僕「ちょっとでも喜んでくれたなら嬉しいよ」

あぶ「あのさ今日、すごい泣いてたよね…」

僕「ダメだって、泣かせないでよ〜」

あぶ「あんなに泣いてくれるとか思ってなくてさ、私のことそんなに好きだったんだって思っちゃって」

僕「決まってるでしょ、あぶのこと大好きよ?」

あぶ「愛されてるな〜」

僕「あぶちゃん、今までホントありがとね。ホントに…」

あぶ「ううん。こちらこそありがとう。」

僕「バイバイあぶちゃん!マジで幸せになってな!」

あぶ「ううん、私のヲタクがみんな幸せじゃなきゃ私が幸せになれないって!じゃあね」

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7585.JPG

当たり前なんだけど最後まで全部が全部あぶちゃんだった…
ヲタクの幸せを願ってるなんて、ずっと貰いっぱなしだったな〜…

そしてやっぱり"いい"ヤツだった!

辞める前まではもっと早く出会いたかったって思ってたけど、あのタイミングで出会ったからこそ、この結末を迎えられたのだとしたら、これで良かったのかな…って今はそう思います。

あぶちゃん、ホントにたくさんの思い出と楽しい時間をありがとうございます。

そしてずっと好きでいさせてくれるあぶちゃん。
これからもよろしくね。

これで僕とあぶちゃんのお話はおしまい。


あぶちゃん抜けたらアキシブ行くのかな…って思ってたけど、実際あぶちゃんが好きにさせてくれたアキシブへの気持ちが全然衰えてなくて、むしろこれからも足を運びたいって思ってる。新曲もいい感じだし


アキシブはホントに夏に強いんですよ〜
ここ見てくれる人も興味持ったら是非。


あぶちゃん、たくさんの思い出をありがとう…

fPiH2Yu4TL.jpg

最後にあぶちゃんが勧めてくれた曲を貼る。
あぶちゃんと繫がってるのは青空とこの音楽。
そんな気がするから。

じゃあね、あぶちゃん。

長文読んでくれてありがとうございました。

we85h2lQ6M.jpg
アイドルと行くバスツアー。

正直、あまり良い印象は無くて例えば
「飯田香織七夕バスツアー」
アレは都市伝説みたいなもので噂だけが一人歩きしているのもあり信ぴょう性は少ないのですが、1人につき、肉1枚にソーセージとバナナ1/3とかそういう節約レシピが出てくるのか?

とか

名前は伏せますけど、「毎日が文化祭」がテーマのアイドルグループのバスツアーなんて、20分かけて急な坂道を歩かされ、これがメンバーが使うロケ地です」と短編映画で使う場所だけ見せられてメンバーは出て来ず…

とか

そういう悪い意味での情報だけを取り込んで来たせいで、未体験でトラウマを抱えている状態でした。

バスツアー発表当初は乗り気では無かったのですが、先ほどの「毎日が文化祭」のアイドルグループに参加経験のあるツワモノ達が参加するのを受けて、「悲惨だったらそれはそれでネタになるか」、「推しグループのツアーで未体験なのももったいないな」と周りに流される様な形で参加を決めました。

6/24、ツアー会社から届いた封筒の中身が指し示す、新宿のとある場所に集合させられる私たち。
現地にはたくさんバスとよく顔をみるヲタクがたくさん集合しています。

僕が乗り込むのは1号車のバスで乗務員からバスの席とBBQの席、レクリエーションの席の番号が書かれた名札ストラップが配られます。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6793.JPG
乗客も揃い発車を待っていると、窓の外に横断歩道をわたり自撮りのショットを撮るわーすたの5人の姿が…!!!

ソレを見た僕「わーすただ…!」

ってコトは乗り込んでくるのか!?このバスに!?

その予感は的中し、まずは5人が乗り込んで来て本日の始まりの挨拶が終わり、その後ははーちんが乗り込んできてくれました。

僕はこの時点でバスツアーに対するトラウマみたいなものが消えかかっていました。
何しろ私服のメンバーと旅行できるというその状況に心が天晴れ!だったからです。

今回は山梨県までの道のりなのですが、高速に乗るや否や渋滞。しかしながらその渋滞もメンバーと喋れる時間が増えるアドバンテージに早変わり。

はーちんはまず今回の旅のしおりを配布。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6794.JPG
手作り感溢れる可愛らしいしおり。
表紙ははーちん作。右上のキャベツみたいなのはたまご焼きだそうですw(なにわろとんねん)
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6947.JPG
中身も可愛らしい注意書き。こっちは三品ちゃん作。ね、カワイイでしょ?

はーちんとの車内トークはゆるりとしたもので、ISUZUのトラックを見つけてテンションが上がったり、ISUZUの歌で泣いたって話を聞いて笑ったりそんな感じでした。あと関西出身者なのでズリが関東だと通じないとかそんな話も。

はーちんはホントに変わってる娘。

そうこうしてるうちにサービスエリアに着いて、メンバーチェンジ!

2人目は三品ちゃん
いや、なにめっちゃ可愛い…

三品ちゃんから今回のバスツアーの為だけのタオルを手渡し。今回はお土産でよくある「〇〇に行ってきました」的なモノを想像して作成したらしい。
「それいけ!わーしっぷ」のところはみりてこ作。
UjNe5Jv6__.jpg
三品ちゃんとの車内トークもゆるい感じ。
チョコミントが嫌いとか沖縄とか富士急ハイランドでライブやりたいとかそんな話。

基本的にメンバーが前いるんだけど、席が割と近いおかげで話を結構拾ってもらえた。これが凄い嬉しかった。もうこの地点でバスツアーの金額以上の分のお金は回収した気がする。

それに三品ちゃんが、話の合間に客席側向いて「ね!」とか相槌を打ってきたり、「へへへへへ…」とかはにかみだしたり…それがもうほーーーんとに可愛すぎて、ずっと「おわぁァァぁ〜!」と訳分からんヲタクの鳴き声を出してましたよ。
いやマジで可愛すぎるだろ、あの娘!

三品ちゃんの時間もあっという間に終わり、サービスエリアで次に乗り込んできたのは梨々華ちゃん

この娘もホントに美人な出で立ちだし、言う事天然過ぎてめちゃ可愛い。
あ、あと声がすごい好き。元声豚だからこういうの気になる。

梨々華ちゃんとの時間は主にわーすたの曲でどっちが好きかの二択クイズとかで過ごしました。
わーすたのライブのセトリの参考にしてくれるみたいです。ヲタクならではの甲乙付けがたい!と頭を捻るような選択肢ばかりだし、結果も半々の事が多くてわーすたの曲の強さが裏付けされたようなそんな気がします。

そしてあれよあれよという間に、さくらんぼ狩りの場所に到着。

さくらんぼ狩り自体初めてで園内のハウスに入ると数種類のさくらんぼの樹がワサワサと生えていました。

園内の中心ではさくらんぼ狩りするメンバーの様子をカメラマンが撮っていました。それを樹木越しから眺めていたら、農園のおじさんから諸注意と説明が始まり、そしていざ実食。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6819.JPG
メンバーとお喋りするチャンスと思いきや、当たり前だけど周りに沢山ヲタクがいて近づけなかったので「高級品種もある」と農園のおじさんの言葉を信じそれを探しあてることに熱を上げる僕。

と言ったものの20個くらいで食べ飽きてギブアップ。暇なのでブラブラしてたら奈々聖に遭遇し、ちょろちょろっと話しかけてあとは入り口辺りで山梨県の雄大な山を見ながらはんなり。
「ホント雨降らなくて良かったな〜」とか。

時間が近づいて再びバスへ。
そしてここで乗り込むメンバーもチェンジ。

4人目はみりてこ
BBQ会場までの短い時間と帰りのバスの1巡目担当。1つのヘタに果実が2つ付いた珍しいさくらんぼを美味しそうに食べてました。アイドルがモグモグしているところを見れるのってとっても良い。

BBQは屋外のバルコニーの様なところで。
肉は伝説のバスツアーの様な事はなく、充分な量
(これで3人前)
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6798.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6799.JPG
気温も暑い中で焼くBBQは煙も相まってとても暑かった(普通の感想)
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6950.JPG

食べる前に皆で乾杯。プラスそれぞれの卓に5人が乾杯してくれるサービス付き。
三品ちゃんが自分の卓に乾杯に来てくれた時に
「さくらんぼの時どこいたの〜?探してたのに〜」と言われて申し訳なさとニチャニチャが止まらなかった。スマン!許して推しメン!

しかもラッキーな事にメンバー達が真後ろの卓。食事中何度も三品ちゃんと目が合ってほんとにヤバかった…「何食べてるの?」って聞いたら「カボチャ!」って。なにソレってカワイイよね。
自分も急いで余ってるカボチャを焼いて食べた。

そんな楽しい時間の食事もアッという間に終わり、レクリエーションの為に隣のホールへ。

レクリエーションはまずはチェキから。担当メンバーが呼ばれてチェキを撮っている間に残りのメンバーで登壇して喋るというタイプ。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6801.JPG
バスツアーのチェキは珍しくワイドショットサイズの大きいサイズ。太っ腹。チェキ撮る時に三品ちゃんから「ありがとう。ホントに私でいいの?」みたいな事言われて、三品ちゃん水くさいこと言うなと思ったら参加者の半数以上が6人ショットという状況でした。なるほど…
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6802.JPG
え?ホンマに可愛くない?

その次はメンバーでゲーム大会。僕らヲタクはトトカルチョで優勝者を紙に書いて当てるやつ。
フラフープと1人当てアンケートとドリブルゲーム、風船爆弾付きの古今東西だったかな、確か。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6955.JPG
奈々聖が風船破裂してビックリして泣いてたのは申し訳ないけど、とても可愛かった…「わわわわわわわ!」ってパニックになって、その後にボンッ!と爆発。旅のしおりには「驚かせない」なんて書いてあったのにね。ね!
あ、僕はトトカルチョ、全然当たりませんでした…

そしてバスツアー限定のスペシャルライブ。
さくらんぼの柄の衣装で登場
初めの方は機材トラブルで音が流れなくて、ヲタクでいぬねこを合唱して歌うというちょっぴりエモい状況に。途中から音が復活し、ライブ最後はうるチョコで〆ると思いきやまさかのにこにこハンブンコで思わずにんまり。わーすたとヲタクの愛を感じたスペシャルライブでした。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6957.JPG
ライブ後はハイタッチでお見送りされてからバスへ。ここからは帰路の道のりです。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6958.JPG
帰りのバス、1人目は先ほどの時と同じくみりてこ。レクリエーションの感想戦と古今東西ゲームで出てきた47都道府県を当てるクイズの続きなどで盛り上がりました。

わーすたってホントに素直な娘たちばかりなんですけど、みりてこは特段その素直さがずば抜けているんですよ。心のままに生きているのが言葉や行動から凄く伝わってくる娘でそろそろメンバー交代の時間が近づくって時に、寂しさからバスの中の乗客の顔を一人一人見ながら「みりはみんなの事、ほんとに大好きやよ〜」なんて言ってくるし、ヲタクのリーサルウェポンだよ…こんなんオチないワケないでしょ…

サービスエリアに到着し、メンバーチェンジ。
帰りの2人目は…奈々聖ちゃん
僕は奈々聖ちゃんの事を今までなっちゅんと呼んでたのですが、本人は「奈々聖」と呼ばれたいとカミングアウトしたので、これからは奈々聖と呼びます。

そんな奈々聖との車内は10km越えの渋滞に巻き込まれてもあってかかなり長めの滞在になったと思います。奈々聖クイズやわーすたに関する裏情報などを教えて貰ってかなり実のある時間に。

例えば「完全なるアイドル」が初めて渡された時「はらわたキャッチボール」というタイトルだったとか、「らんらん時代」がわーすたの中で一番短い曲だから対バンのセトリに入った時は持ち時間少ない時とか。

何というか奈々聖のアイドルヲタクらしさの一面が光る感じでした。それにバスの補助イスを使って席移動もしれくれて、隣に来た時は結構舞い上がってしまった…奈々聖の肌ほんと白いんだなとか。

そして最後の交代タイム。
メンバーが1巡したので、最後はメンバーがジャンケンして勝った順からバスに乗り込んでくる仕様に。
僕は1号車なので最初に勝ち抜いた人が乗ってくるワケです。そして見事イチ抜けしたのは…

三品ちゃんでした!!!!!

三品ちゃん乗り込んできた時、雄叫びみたいなの上げてたと思う。ホントにラストが三品ちゃんで終わるのが夢だったから…叶いました!
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6949.JPG
最後は全員サイン付きのポストカードをプレゼント。

ラストの三品ちゃんは緊張もほぐれていたのか、結構饒舌に喋ってくれてしかも奈々聖と一緒で席移動付き

斜め後ろに座ってくれました。
ホントにマジマジと顔を見つめてしまった…本気でカワイイ。多分世界一カワイイと思う。

色んな話しました。Twitterの事とかかき氷の事、ヲタクの関係のこと、パリのこと…たまに身を乗り出してくれて話しかけてくれて…はぁぁぁ〜っ、カワイイ…ホントにカワイイ…ね!カワイイ…
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6826.JPG
三品ちゃんが乗ってた時も渋滞に引っかかり、アドバンテージでした。世界一楽しい渋滞。こんな風に思ったの生きてきて初めてでした。

そして…訪れるお別れの時間。
バスは新宿西口の集合場所へ…

サヨナラバスよ、どうか来ないでくれないか…やっぱり君が好きなんだ…

最後は最初の挨拶と同じく5人がバスの中に来て、閉めの挨拶。

そして解散。

本当に初めてのバスツアーがわーすたで良かった。
ホントにホントに楽しかった…こんな勢いでどんどん大切な思い出増やしていいのかよ…どうなってんだ、わーすた…
あと運も絡んでますけど個人的には台湾よりもアドだったかもしれません。メンバーとの距離感が縮まったのは台湾ですけど、メンバーにさらに親近感を覚えたのがこのバスツアーだったのかも。

ツアーの途中でヲタクと話しましたけど、わーすたはホントにステージの上ではスゴい輝いてるのにツアーとかで一緒にいるとホントに可愛い(可愛すぎる)普通の女の子なんですよね。そのギャップがホントに心に突き刺さるんですよね…

アンケートに「是非第2回もやってくれ!」と強く要望したので、また開催されることを祈っております。

という事で今回のレポートはここで終わります。
長文失礼しました。

今日は後日談みたいなの

空港の写真ないや…😅

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4370.JPG

桃園空港第一ターミナルから台北の中心街へ移動。
今年の3月にMRTというのが(鉄道)が開通したらしくコレのおかげで一本で行けるように。

台湾のMRTは切符じゃなくてボードゲームで使うようなコインが通行証。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4371.JPG

台北の駅。新しい駅っぽくて近代的な吹き抜けてる構造。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4373.JPG

駅を出た瞬間。街並みからアジア感が出てきてテンション上がり撮ったヤツ

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4375.JPG

タクシーでホテルまで移動。日本に比べて随分と安い。この日のは360円程度。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4376.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4377.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4378.JPG

ホテル周りをブラリとした時のヤツ。場所は西門。
とにかく街は汚くて臭い。日本の綺麗さが際立つ結果に。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4379.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4380.JPG

映画館が多い。きんモザまでやってるのは驚き

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4381.JPG

1日目の晩は夜市で。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4382.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4383.JPG

雰囲気あるでしょ。臭豆腐の香りが立ち込める。形容しがたいけど、動物園のニオイ。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4385.JPG

食べてみたかった牡蠣のオムレツ。
上のソースが甘ったるい上に、時々ニンニクの塊にぶち当たるせいでチグハグな味。
マズイよこれ!200円くらい。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4386.JPG

鳥を焼いたの。鳥を焼いただけ。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4387.JPG

焼きビーフン。味付けはチープ。90円程度

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4388.JPG

コレは山芋ミルク。物珍しさに頼んでみたけどトロロにミルクぶち込んだ味。ちょっと粉っぽい。

まぁあとひとつ並んでるスイーツあって買ったけど、里芋をすり潰して揚げた芋感満載のやつだった。

夜市は全体的に美味しくない。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4399.JPG

次の日の朝飯。豆乳と揚げパン。
豆乳がされど豆乳で、とても美味しかったし毎日飲めそう。これで200円もしなかった。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4398.JPG

ただし、メチャ並びます。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4414.JPG

その日の晩。
小籠包の超有名店。わーすたメンバーに会ったのでテンション高め。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4417.JPG

コレは本当に美味しかった。
台湾の小籠包、スープがとても美味しいです。付け合せの針生姜がまた美味しい。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4419.JPG

食後のデザートはマンゴーのかき氷。
一応2〜3人前あるので分けて食べた。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4444.JPG

次の日。名観光スポット台北101。
展望台は2000円以上かかるので握手回せることが判明し断念。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4448.JPG

4、500メートルあるらしい。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4450.JPG

この日の昼。鶏の土鍋スープだけどコレがとてもとても美味しかった。調味料とか一切使ってないらしい。本気で台湾の中で一番美味かったかも!?

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4451.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4449.JPG

チャーハンとパクチーの炒めもの。
チャーハンもメチャクチャ美味しかった。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4452.JPG

最後はスイカのサービス付き。
また行きたい

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4455.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4458.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4459.JPG

最後の晩メシ。
特典会にお金使いすぎてサイゼリア。日本とメニューがかなり違う。
あとピザはペラッペラ。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4471.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4470.JPG

次の日の空港での昼飯
北京ダックとミルクティーのタピオカ飲めたから食べたいもの飲みたいものはある程度叶えれたかな。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4474.JPG

台湾出る前の時、残金は71元。
約300円でした…


↑このページのトップへ