今年最後の夏フェスは、イナズマロックフェスでした。

個人的に、このフェスには本当にどうしようもないくらいの思い入れがありました。

俺らが初めてイナズマロックフェスに出たのは2013年風神ステージ。
まだ西川さんとも、しっかり目を見て喋れなくて。『ありがとうございました。』しか言えませんでした。

そして、それからまた2016年の雷神ステージに俺らのことを呼び戻してくれました。この時はまだ呼んでくれた理由もわからなくて、西川さんと会話はするも緊張で深い話はできずでした。でも西川さんはすごい優しく俺らに接してくれました。
その年台風の影響で途中中止になってしまいました。
俺はその時、西川さんがみんなに向けて中止の謝罪をする姿と言葉を聞いて。この人本当に素敵な人だなって男として惚れました。

そしてその翌年2017年のイナズマロックフェスにまた呼んでいただいて。
2016年の西川さんの姿、そして言葉を聞いていたから故に絶対にその日を成功させたいって思いがありました。『お願いやから天気もってくれ。』と何度も願いました。
でも、願い叶わず。。
2017年も、またもや台風で中止。。
そしてその日の夜。東京に戻る予定だったのですが、俺は急遽滋賀でホテルをとってその夜西川さんと深くまで話しました。
本当にファンに申し訳ないと悔やむ西川さんの姿は今まで見たことないくらい辛そうな表情で、今でも忘れられません。でもそれと同時に来年はなんとしても成功させたいという西川さんの決意の姿に本当に心をうたれました。

『一緒に絶対来年成功させましょうね。』ってガッチリ手を組んで、その夜を終えました。その夜の西川さんの表情一つ一つが俺の頭の中にずっとこびりついていました。

そして、むかえた今年2018年のイナズマロックフェス。正直西川さんの想いに驚きました。まさかの大トリ。。。

一瞬びっくりしました。
けど、あの夜のこと想い出して。
西川さんの想いをひたすらに受け止めたくなりました。

絶対に成功させたいと誓った大事な2018年のイナズマロックフェスのトリを俺らに任せてくれる西川さんの心の広さに俺は絶対応えなきゃいけなかったし、イナズマを何としても成功させたかった。

だから、俺の中では、とんでもなく膨大な感情がこの日にはあって。前日も想いが溢れすぎて全然眠れませんでした。

むかえた当日。
一緒にステージに立つ仲間の姿に鼓舞されたし、バトンを受け継いでいく過程が本当に美しかった。そしてabsの久々のライブを見て。
西川さんの想いもそこで受け止めて。

自分たちのステージにむかいました。
プレッシャーと、最後までバトンを繋いでくれた仲間の想いとを全てリアルな状態でステージに持って上がることにしました。

セットリストは今までのオーラルとイナズマの歴史。そして、みんなへの感謝の想いとこれから先の決意をテーマに組みました。

ステージで話した言葉はその時感じた感情をそのまま話したのでここには書けませんが、自分が想いを伝えた時そこにあったのは暖かいみんなの声援や優しさでした。その暖かさに、ずっと自分の胸に溜め込んでたものが一気に溢れ出てしまいました。
その時に、あぁイナズマって大きい家族みたいだなって感じました。本当に素敵なフェスです。感謝しかありません。

そして、最後には西川さんと歌う『ReI』

これは奇跡なんだと思います。

西川さんと、これをイナズマで歌うことって本当に意味のあることだと話し合って、この曲をチョイスさせてもらいました。

自分がこのタイミングでこの曲をこの世に生み出せてたこと。そしてイナズマロックフェスでこの曲を西川さんと歌えること。そして、それをみんなに聴いてもらえること。

すべてが奇跡なんだと。
感じました。

イナズマロックフェスが俺らの最後の夏フェスでした。素晴らしい夏フェスの締めくくりをさせてくれてありがとう。

また大きくなって、ドッカーンと大きい花火を打ち上げにきますから。

その時はまた、よろしくお願いします。

山中拓也