月別アーカイブ / 2008年10月

LAにきて初めてCOSTCOへいってきたよぉ!!

このスーパーは会員制なの☆

お友達が会員カードもってるから便乗していってきやした!!

わーーーぷ!!


カートのでかさにとまどうおーたん。。



ハロウィンをとおりこしてすでに冬のビックイベントクリスマスのツリーがうっていました



コスコはねとにかく大量にかう人におすすめのお店だよ☆

ピーナッツバターもこんなに大きいの!!




チーズとかシーフードも超やすい!!


このフレッシュコーナーは冷蔵庫になっていて、超さむかった。。。。


お目当てのぶどうGET!!

種なしぶどうが2kgぐらいで$6・・

安っ!!





レジが鬼ごみでつかれたじょ・・



今度はSAM'Sクラブにいっていみたーい!!

実家があまりにも平和なので、写真をのせます(笑)



おとーさんだいすきなにゃんちと、最近仲間入りしたにわとりのぴよ。





にゃんちあまえっこ中・・





ぴよの相手するなら、行っちゃうよぉ・・



「にゃんちえさたべるかい?」

「たべるぅ!!」



「ぴよがたべるならもぅしらない!!」




完全にすねたにゃんちでした


みんなの家には動物いる?


にゃんちはおーせが小学生の時からずーーと一緒なんだよ

おはよぉ


みんなげんきぃ?

おーせは今週1週間なんだかずーーーと体調がおかしかったよ!!


なんかさぁ、1週間ぐらいまえに友達が超うんちがでるサプリっていうのをくれたの


それ1粒のんだらね・・


あのね、とにかくうんちでるんだけど、3日目ぐらいからね、本当にひどい下痢でね・・

大変だったの。


何がいいたいかというとね、日本人にはアメリカのサプリきついかも。。。

だから、むやみに飲んじゃいけないよ


痛み止めも日本より相当きくの。

おーせ胃が痛くなるからアメリカの飲めないの。。


ぶーたのことたくさん励ましてくれてありがとぉ。

うれしかった


ぶーたって幼稚園に捨てられてたの。

自分勝手な飼い主に夜中すてられたの。

ひとりぼっちで朝がくるのを待ってたの。


ぶーたの名前をつけたのは園児なの。

その日から

「あのうさぎ」

じゃなくて

「ぶーた」

って呼ばれるようになったの。


名前があるって素敵なことだよね。

だって愛情がないところに名前はないでしょ?


名前を呼ばれるたび愛情を感じてたかな?

ぶーた。

ぶぅううたぁぁ。


なでられるたび、人のぬくもりを感じてたよね。


ぶーた、みんなに愛されてたよ


ぶーたもみんなのこと大好きだったと思う。

だからね、最後幸せだったよね。


素敵なお名前がもらえたんだもん。



今日はそんなことをぽけーーっと考えた一日だった。

自分勝手な飼い主なんって決め付けたけど、幼稚園ならなんとかしてくれるかもって置いていったのかもしれないし・・(どっちにしろ無責任だけど・・)


昨日ねちょっと時間があったから、外へでたのよ。


そしたら、イベントがやってて、日本人の人が布うってたの。

おーせこうみえても家にこもって裁縫とかするのよ


超ラブリーだったからかっちゃった☆

しかもかなりいい生地なの♪



昨日はおーせ聖書カバーをつくる予定だったの。

聖書って堅苦しいじゃん。

そういうのやなの。

っていってもカバーなんて売ってないしさぁ・・


そういうときO型は

「ないならつくってしまえ根性!!」

が沸いてくるのよ





材料は聖書をかったときにそろえたの。

ピンク!!



途中経過・・

でもこのチャック結局つかわなかった・・


かわいいでしょ?

思わず持ちたくなるでしょ?

わーいわーい




☆おやすみぃ☆

ぶーたが死んじゃった。



いつもぴょーんぴょーんって跳ねてたのに。。


幼稚園にいったらからっぽのゲージがあって

先生が「ぶーた昨日いきなり死んじゃったの。」

って涙目でいってた。


最後にその先生がみたときは元気にとびまわってたのに、2時間後ぶーたは動かなくなってたって。


いつも泣き虫のお友達がいると

「じゃぁぶーた見に行ってみよっかぁ♪」

って手をひいていくのに。


「おーせんせぇ。ぶーたいない」

そう言われて

「今日はぶーたちょっと遠くにお散歩へいってるみたい・・」

って答えた。


ぶーたは3匹のうさぎのなかでも一番みんなに自分をさわらさてくれる超癒し系のお友達だったの。


神さま、おーせから大切なものをとらないで。

悲しいよ。


今日はお休みの日


幼稚園もお休み


気がついたらブログ全然アップできてなかった・・


自分の日記(ブログじゃなくて手書きの日記帳の方)

も3日分ぐらいまとめてかいたよ・・


天気もいーので、お友達といっしょにベニスビーチへ・・


この前いったアボットキニー・・



http://ameblo.jp/oose/entry-10139977578.html


発砲事件がありまして・・


だから寄り道をすることもせず・・

ベニスビーチへまっしぐら



今が旬のオバマさんがでっかく描かれていたよ!!




ベニスの夕日はまじきれい!!


これはまだ沈み始めるまえ・・



あっというまに沈んでいくよ




夕日がしずむのを見るだけでこんなに幸せを感じられるなんて素敵な国だわ





ゆうひの反対側にはお月様がでっかくあがっていたよ!!



たのしかったぁ!!


おーせの目は時々貧しくなってになってしまう


イライラしてるとき。傲慢なとき。

疲れているとき。

心に余裕がない時・・


それはだめだって分かっているのに・・


相手のことを決め付けちゃう。


心が貧しいと相手をみる目も貧しくなっちゃうんだぁ・・


きっとこんなんだ。

こうに決まってる。

いつもと同じ。


それに加えて、相手のいやな部分しか見えなくなっちゃう

いつもは気にならないこともあぁまたかよ!!

って思ったり、

どーでもいいことなのにイラついてみたり・・


そういうときおーせは、はまぐりに徹する


心が貧しいときに発した言葉は相手を傷つけて信頼関係をなくし、自分が孤独になるだけだから・・


そんで神様にお願いしてみる。


おーたんのきらきらの目を返してくだされ・・

ついでにありのままの相手を受け入れる寛大な心をくだされ・・


そんなことをしていると、他人にできる最大限の優しさは何か・・がわかってくるの


相手に変化を求めるんじゃなくて、その人のために自分はどう変われるか。

どう受け入れることができるか。。


まぁ・・答えがでるまでだいたい・・

納豆4pぐらい食べて・・

くぅの散歩に行って・・

すいか食べて・・

3回ぐらい泣くんだけど・・


今日ちょっと落ち込むことがあって、そしたら昔のことを思い出しちゃって・・


また落ち込む(泣)


おーせが幼稚園でお手伝いを始めたばっかりの頃・・


いっつもわがままをいう3歳の女の子がいたの。


「はぁいお片づけ始めてくださぁい!!」


「やだ。」


「砂場のお片づけが終わったらお部屋入りますよぉ!!」


「やだ。」


がーーん。


「これもって!!」


手には着ていた上着


「自分で持ってねぇ。おーせ先生ここにいるから、自分でもっておいでぇ」


「おーせんせぇきらい!!」


そういって上着を投げ捨てる・・


「おーせせんせいはあなたのことすきよなんでも自分でできるようになろうね♪」

上着を拾ってもってくるまでひたすら待つおーせ。。



いつもこれの繰り返し・・


だから翌日も同じことが起きるって勝手に思ってた。


これが思い上がり


その日も案の定最後の最後までお片づけをしなかったの。

「おーせ先生先に行ってるね。下駄箱のところで待ってるからおいで」

「もっーーて!!ねーねー!!もってぇ!!」


手にはいつもの上着。。


「もぅ!!自分でお片づけしたくないならお外に持ってこないの!!」


おーせはそう言って背中を向けてほかのお友達が待ってる下駄箱にいったの。

っていっても5mぐらいなんだけど(笑)


そしたらえーーんえーーーんって泣き出しちゃってさぁ・・


「もってっていってるじゃん!!」

「自分で持っておいで!!おーせ先生ほかのお友達のお手伝いしてるの!!」


地団太をふんで、最後座り込んだ女の子。。


「もぅ・・じゃぁ明日からは、上着お留守番ね。おーせ先生明日はお手伝いしないからね!!」


そういって女の子のところへ向かうと・・


差し出したのは上着じゃなくて・・手だった。。


えっ・・・


とまどうおーせ・・


もってじゃなくてまってっていってたの・・?」

「うん。。」

「ごめんね、おーせ先生間違えちゃった。。もってっていってるのかと思ったんだ。。」

「あたしもぅ自分でやる。てーつなぐのぉ!!」


そういって小さな手をつないできた。


やらないって決め付けてた。

「ちゃんと自分でできるようになろうね」

って毎日いってるのに、どーせできないだろうって決め付けてた。


子どもの可能性を信じてなかった。


この日から、その女の子は上着を持っていかなくなってお片付けだって誰より早くできるようになった。


人は毎日変わるんだ。

貧しい目で相手をみちゃいけないんだよね・・


明日は新しい一日。

いつまでも落ち込んでないで、新しい目を持とうっと


あっ。くぅがお散歩おねだりしてる


今日もおーたんのぐち聞いてくれるの?くぅ。

くぅはいつも優しいね。








↑このページのトップへ