「おーちゃんて気が利くよね。」


・・・・違うの。



「おーちゃんていつもまわりを見ていられるよね。」



・・・・そうじゃないの。。



「おーちゃんていつも笑っているよね。」


・・・・・・・・あぅあぅあぅ・・



「おーちゃんて・・」


    「おーーーちゃぁぁあぁん・・・・」



違うの


違うのよぉぉぉ・・


昔OLだったときのBOSS・・

超気が利く人だった。。


だからおーせBOSSに聞いたの。


「どうしてそんなに気が利くんですか?」


BOSSは、言ったの。



「俺はね、人より多くの気のアンテナをはっててね、だからたぶん色々なことに気がついてしまうんだと思う。」



アンテナかぁ・・


おーせにはないわぁ・・


ってそのときは思ってた。


だって、気が利かないって言われたって、どこで、何を気がついてあげたらいいのかぜーーんぜーーんわからんちんだったし、

お茶入れるときに、湯飲みを温めてからだしなさい。

って言われても

「へぇ。。。そっか、そんな技があるんだね!!」

ぐらいにしか思わなくて・・


だって・・おーせ知らないんだもん。



そんなこと知らないんだもん。



知らないことできないもん。



してもらったことが無いから。


って落ち込んだ。


BOSSに

「お客さんへお手紙(広告)をだすから、封筒に3枚づつ折って入れてね」

って言われたときも、一枚一枚、一生懸命丁寧におってね、いれたの。


そしたら、

「おーせ・・もっと気を使いなさい。

これは広告でお客さんに見てもらうのが目的だろ?3枚ばらばらに入ってたらお客さんは3回も開かなきゃいけないだろ?

1枚目の広告がつまらなかったら、残りの2枚は開いてすらもらえないんだよ。

だから3枚まとめて折りなさい。そうしたら1回で全部開けるから。」


また落ち込んだ。


そこまで考えられないんだもん。


なんて役にたたない脳みそなんだろ・・

言われなきゃ気がつかないなんて・・



そんなわけで


おーせ=気が利かない女


というレッテルを自ら貼り付けたおーたん・・・


あれからもぅ5年。


幼稚園で子どもの変化を見られて幸せな日々をおくっている今日このごろ・・


あぁ、あの子くつはけるようになったんだぁ。。


あっ、おーせんせぇ から おーせせんせぇ になってる


そう。ありがとうがいえるようになったのね


あら、泣いているお友達にハグしにいくのぉ?


手を洗うとき袖をめくれるようになったんだね。


小さな変化に気がつけるとうれしぃ。


沢山ほめてあげると素直によろこぶし、

沢山ほめられた子はいつもにこにこしてるから。


でも気がついてあげられるのはおーせが子どものころ、

小さな事に気がついて沢山ほめてくれた親がいたからなんだ・・


あら、洗濯物たたんでくれたの?ありがとお。


あら。窓を開けてくれたのね。

玄関お掃除してくれたのね。


小さなこともぜーーんぶいつもちゃんと見てくれてた。

いつもちゃんが気づいてほめてくれてた・・・






だから分かっちゃった。




今日ぽけーっと色々なことを思い出して全ての点が突然つながった・・


気のアンテナってね、相手を思う心遣いなの。


難しく考えることじゃないの。


教科書にかいてあることじゃないの。


答えはひとつじゃないの。



だって、気づいてもらえる喜びをしっているから、相手にできるんでしょ?


だからね、

きっとね、BOSSすごく愛されてたの

すごく周りに大切にされてたの。


だから気がつけたの。

自分がとーーっても大切にされてたから、

他の人も同じぐらい大切だったの。

自分を取り巻く人全員がとーーってもダイスキで、大切だったの。


よかった。

愛されてる人の下で働けて・・


いまさら分かっちゃった。



よかった。

無償の愛をくれる親の元で育って・・


あとはただ、分けていくだけなんだもん。


独り占めしないよ


みーーんなにあげるから、おーせからもらった人は他の人におすそ分けしてね



あははははぁ


☆おやすみぃぃん☆