月別アーカイブ / 2017年05月

新潟県糸魚川市での学校ライブ2公演、

先ほど無事に終わりました。

1公演目は、糸魚川市立青海中学校、

糸魚川中学校一・二年生が観覧。

2公演目は、糸魚川市立能生中学校、

糸魚川東中学校、

そして糸魚川中学校三年生が観覧してくれました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1404.JPG

学校ライブは回数として数えているので、

本日の2公演で904回目の学校ライブとしてカウントさせていただきます。

1000回まであと96回。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1402.JPG

いやー、学校ライブ二公演だと、

とんでもないエネルギーを使いますね。

1時間30分のステージを二回。

でも楽しかったです。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1403.JPG

糸魚川は皆さんご存知の通り、

火事でとてつもない被災をした場所です。

焼け跡は今でも痛々しく、

家やお店もはまだ元には戻っていません。

あえて口にはしませんでしたが、

復興を願って心を込めて歌わせていただきました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1400.JPG

ライブ中、生徒のみんなの笑顔はもちろん、

先生方も楽しんでくれてる姿が、

なんかとても嬉しかったです。

「必ずまた学校に呼びます」

そんな熱い言葉をいただき、

糸魚川をあとにしました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1397.JPG

生徒のみなさん、先生方、

そして教育委員会の皆さま、

本当にありがとうございました。

また会いましょう。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1395.JPG

ニューアルバム「歌が残るように」、
 
発売記念コンサート第二弾を
 
静岡県浜松で開催します。

毎年夏の恒例になっている浜松ライブですが、
 
今年はアルバム発売記念としてやらせていただこうと思い企画しました。

先日の横浜コンサートと同様、
 
この浜松コンサートも「入場料無料」で行います。
 
目的は何度もお伝えしている通り、
 
まだ僕の歌を知らない人たちに来てCDを買ってもらい、
 
一人でも多くの新しいファンを増やしていくため。
 
そして、学校ライブで僕の歌に触れた生徒たちに、
 
たくさんコンサートに来てもらうためです。

多くの学校ライブを実施してきた浜松。
 
この街にも、
 
学生時代に僕の歌を聴いたことがある若者が沢山います。
 
この無料コンサートで、
 
再びあの日を思い出して、足を運んでくれることを心から願っています。

今回は、
 
昼公演と夜公演の2公演をやります。
 
「昼だったら行ける」 
「夜だったら行ける」
 
毎回この声を耳にしますが、
 
この両方の人に来てもらうためです。
 
もちろん、2公演観覧もOKです。
 
でも、そんな方は、
 
できればCDを買って帰ってくださると助かります(笑)

各公演、開場時間の1時間前から整理券を配布します。
 
浜松の皆さん、
 
静岡県の皆さん、
 
ぜひこの機会に、ご家族ご友人沢山誘って、
 
大野靖之の歌を聴きにきてください。

キャパは400名です。
 
昼公演、夜公演、絶対に満席にしたいと思ってます。
 
県外からのお客様も大歓迎です。
 
夏休み、一緒に楽しい思い出を作りましょう!



大野靖之コンサート
〜歌が残るように in浜松〜
ニューアルバム「歌が残るように」発売記念コンサート

日時:2017年8月20日(日)
   <昼公演>
   12時30分 開場
   13時00分 開演
   14時30分 終演
   <夜公演>
   17時30分 開場
   18時00分 開演
   19時30分 終演

   各公演後にCD販売、サイン会予定

会場:浜北なゆたホール
   静岡県浜松市浜北区貴布祢3000番地
   tel 053-586-6200
   アクセス JR浜松駅⇨遠州鉄道
        新浜松駅〜浜北駅徒歩1分

料金:入場料無料

整理券:当日、各公演の1時間前から整理券配布

JIAthVMtzf.jpg
 

ニューアルバム「歌が残るように」、
 
みんな聴いてくれてるかな?
 
ぜひ時間がある時でかまわないので、
 
感想聞かせてくださいね。

ところで今回のCDジャケットの写真ですが、
 
すべて東京都の狛江市立狛江第一中学校で撮影しています。
 
体育館のピアノがステージの上ではなく、
 
元からフロアに降りている東京都の学校というのが撮影の条件だったのですが、
 
意外にも見つからなくて…(東京以外だとありました)。
 
困ってしまい、

そこでいつもお世話になっている、
 
狛江一中の校長先生に相談したんです。
 
そしたら、「大野さんのためなら」と、
 
わざわざ当日業者さんを手配して、
 
ピアノをステージから降ろしてくださることになったんです。
 
何がすごいって、相談の電話をして、
 
ものの10分くらいで全部決めてくれました。
 
もう本当にありがたくてありがたくて、頭上がらないです。

ということで、狛江一中の全面協力のおかげで、
 
この素敵な写真たちを撮ることができました。

体育館だけでなく、教室や屋上での撮影も快く許可してくれました。
 
先日生徒さんたちにも公表したようなので、
 
僕も早速皆さんにお話させていただきました。
 
校長先生本当にありがとうございました。
 
心より感謝申し上げます。

 ジャケット写真5.7.jpg

↑このページのトップへ