あからさまなことも、個人的なことも、落ち込む出来事があって地獄みながら、なんとか30歳になりました。その後MUTEKIのリリース記念のイベントや配信だったり、2週間ほど毎日ライブをやって、自分の歌を歌うことで自分が癒されていく感覚がすごくあって、全力で歌わなきゃ、やらなきゃ殺られる日々の中、しがみつく様は惨めだったと思いますが、私にはこれしかないということをずっとやってきたことを恥とは思いません。魔法っていう言葉ごと殺すのと、その言葉を使うやつ全員殺すのと、私を殺すのなら、私を殺すのが1番楽だよな、でも数年前にそれができなかったから今生きているのだから、やろうとするだけ無駄なのだ、ならもう、死ぬ気で歌うしかないのだった。色々への弔が、それこそ一秒毎に死んでいく私、生まれては消えてゆく音、砕けて流れていく天国、その一瞬一瞬を誰より私が愛したかったし、愛されたかった。
無料で観覧できるイベントでこうも時間いっぱい死に物狂いで歌う馬鹿なメジャーアーティスト他にいるのだろうか。ていうかいつまで無料インストアやってるんだ。とたまに冷静に思いながら、でも会社の人に今回はやりたいって言って、毎回「今回は最後かもだけど、やりたい」と言って、まだやらせてもらえている。ありがたいことだ。聴きにきてくださる方の熱量もイカれている、誰もが誰の心のパーソナルスペースにも介入しない、私とのみ関係が成り立つすげえ空間なんだよ、私のライブは。まじで、炎上の拡散とともにそこは伝わりゆかないのが毎度もどかしいよ。なんの宣伝にもならねーよ。
それでもこうして全てのことに目を逸らさなかったから、妥協して曖昧にしてゆるして終わらせなかったからこそ、手に入れたものは本当に欲しがったものばかりだし、いらないものは何一つ残っていないことが潔く、あとは自分が新鮮な場所に立ってまた何かを生みだせばよいだけで、曲は本当にたくさん、こんなにかっていうぐらいつらつらとできるのです、だから、また届けられるように、姿勢や体調を正しくしていたいなと、私の正しさは猫背だったりヤンキー座りだったりするわけだけど、それでいいかなって、
思います。なんのお知らせもなく、わかりづらい近況報告でした。過食で持ち直したのですげーデブスです。写真は加工しています。すみません。
本当に本当は大森靖子は本当にすごいので、もっと堂々としていたほうが、自分で価値を下げないほうがいいのにってまじで自分でも思ってます。でも謙遜なくまじクズなので、
自分のことをクズのまま愛してとは思ってないんですが、ステージの私や、音楽のみ愛されたいんですが、ただただ
あなたのクズ具合とそのまんまでいきてるかんじが好きだから、私もそれでいたいなっておもうのです。今日もあなたが大好きなので愛されて過ごしてください。
都合よく私の音楽をそばに置いてください、いつだってぽーいしてください。おやすみなさい。