痛みと距離をおくほど他人の痛みがわからなくなっていく(からそういう曲がかけなくなっていく)という人との心の距離が酷いな、でもこんなに痛いんですって血を見せびらかしたりすることは私はたしかに失くして身体の中どろっどろに血を巡らせて生きているわけだから、仕方のないことばかりで、できるだけ寄り添うものを排除したほうが楽な時だってあるわけだから、私を好きなだけ勝手に裏切り者にすればいいと思う。ばいばい、いつまでも待ってるね。だって私は音楽なのだから。何一つのことも考えられないほど 音楽以外壊死している。まともに人と会話もできなくなってきた。もとからか。歌わなければ生きていけないっていうのだけ好きな人に伝わって認められてよかったな、そこさえあればやっぱり生き永らえることができるから、ずっと私のヒーローなんだと思った。
日本中から死にたいを受け取って一番死にたいって言えないのは私になったけど、きっとそれでも音楽だけはそれを美しく拡散してくれるから
散らないで 誰でもいいならここにいて