最近また女の人とどう話していいかわからない期がきていて、これは自分の醜形恐怖と、女の子が好きすぎる敬意とがまぐわりあった悲惨な感情なんですけど。
醜恐は、一般的な見た目のもの(美人だったら私の人生もっと…)的なものとは少しズレていて、美人だろうがブスだろうが人生は自分が自分を扱う才能次第とおもってるので、人生については恨んだりしてないんですけど、自分だけ異常だという、内面の醜形恐怖のほうがデカイ。心が醜いというよりは、存在が醜く消されて当然だから誰の視界にも映るべきではないという思考。顔もかわいくなるのじゃなくて、消えるのがずっと夢で、顔の評価を消すために顔を消したいって感じで、別に嬉しいとか悲しいとか全ての感情は声と言葉でやるし。て思ってて、だから消えるというのは概念的に、ブスともかわいいともいちいち思わない顔になるのが手っ取り早いので、そういう嫌悪されない顔に修正していたら、そのうちに好きな色や美学を顔にぶち込んでいくメイクとかファッションを好きになり、そしたら最近やっと自分の見た目が嫌いじゃなくなってきたし、時々気持ちの強いときなら好きを振り回せるぐらいになってきたけど、そしたら可愛くなったから嫌いと言われるようになった。どんまい!
でもそれを飛び越えて一緒に居られる人もいるんですけど。バンドメンバーとかZOCメンバーとか。でもその関係性になるまでけっこうな拗らせがあるんですやっぱり。
そして最悪なこというけど仕様のない感覚として、最悪男の人だと所詮セックスしたら終わる相手という認識で結婚前までは生きてきたから、その感覚でいられて楽なんですよ、別にどう思われてもいいし、クソでいられるんですよ、どうせ終わるから。男の人の前の方が。女の子の前だと絶対取り繕っちゃうんですよ変な感情とか女の子宛のほうがバレたらヤバイから。変な感情っていうか好きなだけなんですけど。好きって愛情ってまじでキモいし暴力だし最低じゃないですか。それを嘘なく、キモいまま暴力のままそれでも美しく曲に描くのが私の仕事なんですけど。
で、今は結婚したから言い方おかしいけど事実セックスせずに済むじゃないですか。いちいちそのヤレるヤレないみたいなのに入れられずに尚且つ、クソでいられるみたいな感覚だけは残ってて、それめちゃくちゃ楽やん…なんですよ。
自分の好きな音楽の話できる人も、てかやっとその音楽的な能力のことでバカにされることはそんなになくなったし、でそんな感じで過ごしてたらすごいなんか、整形して男はべらしてるみたいな言われ方しはじめて、まあ人にどう言われてもどうでもいいんですけど、え…みたいな、しかもまあまあな身内に言われてけっこうショックでまあそう見えるんだろうなあどうでもいいけど、夏だし。
夏がけっこうかなり好きというか、あんまり季節はどれが好きとかあることが本当は嫌なんですけど、だって通り過ぎるだけのくせに、私の手に負えないくせに、世界に私が干渉できない証明みたいで苦しいし、なのに世界の方は私を動かすのは、世界と私の関係性が平等でないなってとても思っていて、世界と対等で居たいんですよ、負けず嫌いだから。だから本当は季節も天気も私を通り過ぎるだけであれよって強く思っているんですけど、でも夏はいい曲がかけるんですよ。それが、夏は自分にとってさっき言った、男の人楽みたいな感覚、どうなってもいいみたいな、クソでいてオッケー、だって夏だし卍みたいな、そういうとこあるんですよ。
男とか女とかどうでもいいじゃんピースみたいなのじゃなくてさ、生まれただけで特別ピースみたいなんじゃなくてさ、
女だから好きになったり苦手になったり、男だから好きになったり苦手になったりちゃんとするし、
好きな人贔屓するし、その特別の方が特別なのよどうしても。
私には私という感情、わたし、あたし、うち、俺、僕という感情、全てがあって。曲ごとにそれらを使い分けるとき、全ての曲は誰かであるけど、全ての曲は必ず私なんですよ、提供曲だろうが、誰をモチーフにしようが私が描いている以上、私の中からしか言葉はうまらないのだからそれは私の感情の端っこなんですよ。その全てを愛し愛されたい、という平和の方を私は望んでいるので、あんまりね、男とか女とかどうでもいいって言って抱きしめてよっていう歌詞かいちゃったんですけど、死神って曲で。それはそういうとこじゃなくて大森靖子という感情を愛されたいなっていう気持ちだったんですけど。でも、どうでもいいじゃなくてその先、わたし、あたし、うち、俺、僕、せいこにゃん、その他の感情全てを自分が愛したいし愛するためには言葉や歌として形骸化したいし、せっかくだから誰かにも愛されたいし、そしたら誰をも愛せる気がするし。
というこのへんの最近のもやもやをやっと文章が描けるぐらいに立ち直ってきてて本当にツアーがはじまったおかげで、47都道府県ツアーがあるって言うとみんな大変でしょって、すごい気遣ってくださるんですけど、だから大変なんだと思うんですよ。でも私はライブやってる私が一番好き。蒼井さん理論で言うと…ライブやってる時の私が一番好きなの。誰かがいて、歌を歌っているときの自分が一番好きまじで。一番かわいいと思う。セックスしないのにそれよりもっと愛しあえたら、終わらないまぐわりを重ねられて最高なの、変かもだけどセックスは私にとって関係性の終わりだからライブはセックスなんて思わないの。ステージはもっと特別もっと崇高もっと絶対。一番ダサくていい場所だから一番美しくなれるんだよ裏切らないよ。
何言ってるかわかんなくなってきたけど、ほんとはわかってるけど、わかんなくなったって言わせろ、なんでもない。おやすみ好きだよ今日も

また1文字もかけないつもり?いちいち考察するのが悪いのよ。
なんでもない当たり前の好きが一番尊くて、へんな気持ちにならなくて煌めいて大切で失わなくてよくて安心できてそういう相手って本当に恋じゃなくてよかったハッピー、陽だまりの中アスファルトにたっけぇバッグ二人で雑においておしりつけてのんびり立ち飲み屋の休憩の店員がタバコを吸っているのを眺める。
半分仕事だと心もいたたまれない感じにならずに済む、息子を保育園に預けてまですることだろうか?と仕事でないことをしていると罪悪感で押しつぶされそうになるから、プライベートていう時間なんてないのを、仕事だしなって最低限の自分への言い訳で すこしでも暖かい時間があるのだもの、ごめんねじゃなくてありがとうって言って賄賂みたいに小さい手に愛を渡すけど、きっと誰かには叩かれる事象だろう、そんなこと言わなきゃバレない、そして言わなきゃバレなきゃいいのが簡単にできる器用な人間ではない残念とても残念。
色カタチ違いの桜を同じ大きさで同じ場所に同じ店で一生大切なのはあまりにも当然だよ
誰も信用できないときにいつも、何も疑わずに側にいられる唯一の友達

ツアーを重ねる度にいろんなことができるようになるよね、っていうのを、頂いたお花をファンの方に持って帰ってもらうようにしていて、今日のライブの心の花園の拡散みたいでとても好きなんだけど、なるべく永く花を咲かせようとドライフラワーの作り方をおぼえてるひとがかなりいて、いくつかのライブのものをあつめて花束にする人までいて、ああ好きだな、こういう生きるの積み重ね方はとても好きなやつだ。 
チェキ会の時にお花を1本ずつ大切そうに持ってる人がたくさんいて、しかもその人にぴったり!みたいなお花を選んでいて、そもそも私のライブに来てる時点で君のセンス最高すぎだろ…?てずっと思ってたのー。
報いは決して 忘れたとおもっていたのに残っていた永遠の痣、皮一枚で透けて見える抉れた記憶、いきなり輝き出したりなんてことがあるかもしれないのだし、光ばかりみていて、私は底から光ばかりみる側でいつだって、なのにいつのまにか光に照らされている私は光ってみえていたりするのだろうかなんて、今日照明に照らされながら思ったね、おもったことを即興で歌詞を変えながら歌うのはとてつもなく楽しくて、今日の死神はつくった低さ高さ幼稚さ老婆さ神さ天使さではなく、小学生の頃から地声が嫌いでなるべく嘘の高い声で話すようにしていて、いつのまにかその高い声も本当の声になったのだけど、気をぬくと出ちゃう素のトーンのままで歌うの、とてつもなくたのしかったよ、今日の特別。リズムも崩さずに壊して、壊さずに崩して、
ああ私が音楽に一番愛されたいのだものなあ、でも最近さ、ちょっとだけ自信があるのよ、愛されてる自信がある女の子なのよ、悔しかったら私より音楽とイチャつけばー?って余裕綽々なぐらいは努力はしてるからちょっとだけね、そんな気持ちで音楽は魔法ではないって歌うのも新しいし、今の新しい気持ちに歌詞を捻じ曲げながら伝えていくのたのしくてたのしくて、ライブ楽しくて、ライブが楽しいくてどうにかしてくれるのわかってるから安心して溺れることができたどーしょーもない毎日だって愛しいし、一番私のライブに救われているのはいつも私だということが他のプロとは完全に違うところだなあ全然良い意味でもなんでもなく、、自慰なんかじゃなく自己治癒自己再生していくところの、道連れだったり、それでも、私の歌の誰にも伝わらなさ一生報われなさ届いて欲しくなさそんなところまでも、どんな曲でも、しっかりあなたを想って歌うのだからラブソングになるのが、あなたを好きという曲よりも、もっとしゃあない曲をラブソングにしてくれてるのを感じて、愛させてくれる空間でありがたい、
それをMCとかではなそうとしたら意味変わっちゃうかなってなってあんまうまく言えてないカモと思うんですけど、ブログだって、
だいたい公演ごとにもっと土地ならではの話とかすりゃいいとおもうんですけどそういうの、多分一生できないね、

お天気がどうで、こいつがこう言ったからこうだとか、なんかそういうところを描写することに最近あまり興味が湧かなくて、情景を描写するだけで伝わる気持ちもあれば、逆に情景のディテール説明的になっちゃって萎える気持ちもあるでしょ、でも歌は風景を切り取りたいなっていうのもあるし、気分だなそれも

これをかくことによってあなたの感想や思い入れが揺らいだら嫌だから私の思い入れなんて気持ちなんてどうだっていいものって思ってほしいなっていうのもあるんだけど、せっかく、せっかくに47回もワンマンができるのだから、ぶろぐをかいていこうかなあと想います。
オリオン座のアンコール合唱ありがとう。
セトリ変わるけど、絶対聴きたいな曲達は絶対聴けると思います。
セトリネタバレ禁止の、あのライブの感想話せない感じが、ネットとかでさ、話さないと無くなっちゃうことってやっぱ今の時代どうしてもあるから、5ヶ月もツアー終了まであって、5ヶ月間も話せないともう絶対何か忘れちゃうよね、ライブに対しては好き放題言えるの健全と思ったので、セトリはある程度毎公演新鮮な感じがでるように構成していきますが、
初日で これ聴きたかったやつ!ってみんながなったやつはだいたいやっていく曲かと思います。なぜなら感想を見ているから笑
もうけっこうタグとかみたよ、DM長いのくれた人もみたよありがとう。まだあったらコメントあけときます

からっぽにしといた器に汚いもん全部ぶち込まれようと思ってたら、家に帰ってひっくり返したら愛ばっかだったよ。音楽で対話できる人のことは信用してる、心が勝手にパーってそっちいっちゃう。好きだよ、今日も仕事や学校や引きこもりや子育てや生活がんばってね





↑このページのトップへ