真実はここ ただこれだけ↓

痛みと距離をおくほど他人の痛みがわからなくなっていく(からそういう曲がかけなくなっていく)という人との心の距離が酷いな、でもこんなに痛いんですって血を見せびらかしたりすることは私はたしかに失くして身体の中どろっどろに血を巡らせて生きているわけだから、仕方のないことばかりで、できるだけ寄り添うものを排除したほうが楽な時だってあるわけだから、私を好きなだけ勝手に裏切り者にすればいいと思う。ばいばい、いつまでも待ってるね。だって私は音楽なのだから。何一つのことも考えられないほど 音楽以外壊死している。まともに人と会話もできなくなってきた。もとからか。歌わなければ生きていけないっていうのだけ好きな人に伝わって認められてよかったな、そこさえあればやっぱり生き永らえることができるから、ずっと私のヒーローなんだと思った。
日本中から死にたいを受け取って一番死にたいって言えないのは私になったけど、きっとそれでも音楽だけはそれを美しく拡散してくれるから
散らないで 誰でもいいならここにいて

一瞬も死にたくないやつなんてうそやーんそれ生きてる?!って感じ単純に。特に羨ましくもない。尊敬もしない。単に自分と違うそれだけ。だからなぜ死にたいやつが虐げられてるやつという構図にぶち込まれがちなのかまーーーーーったく理解できない。下とか思ったことない。どの界隈も、どのカーストも、お互いを見下しあって自分の居場所守ってるっていう印象。だから何。生きてる意味なんて予めあるんじゃなくて創るもんなんだからわかんなくてあたりまえだよなーわたしはもっと大森靖子になりたいなっておもうよいつも
ただそれだけを真面目に向き合ってるだけなのに大人が無理矢理病んでるとかメンヘラの聴く音楽とかホント語彙力と経験値の無さに絶望する 高いアイスが好きで誤解されやすくて馬鹿な奴の理解を少し諦めているっていう歌詞がいちばんただただわたしみ
情報解禁ごっちゃごちゃにしてしまったからちゃんとしたブログかきたいんですけど、まあそうもいかん感じで
殺意がある、とってもある、いつだってある、その殺意を殺すから自殺になる、誰を嫌いになっても、誰が暴力を振るっても、いつも私だけしんでいく、私は私が生きていることしか結局知らないのかもしれない、それはとても危険だからあなたに会いたい

↑このページのトップへ