_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3657.JPG

2018年5月6日(日)@ さいたまスーパーアリーナ
新たな音楽フェスティヴァル「ビバラポップ!」開催決定!
私大森靖子、ピエール中野(凛として時雨)のふたりがプレゼンターとして、アイドルシーンを軸にした新たなフェスを開催いたします。


【HP】


【第1弾出演アーティスト発表】
■プレゼンター
大森靖子 / ピエール中野(凛として時雨)

■第1弾出演アーティスト
大森靖子 / こぶしファクトリー / Negicco / BiSH / ラストアイドルファミリー2ndシングル表題曲ユニット

■MC
グランジ・遠山 / 吉田豪
_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3660.JPG

以下開催に向けての私のコメントです。






超歌手、大森靖子です。

「どうして女の子がロックをしてはいけないの?」という歌詞を描いたことがあります。そう歌われても、多くの人にはあまりピンとこないかもしれません。

音楽ランキングのロックというジャンルに女性ミュージシャンはたくさんいるし、ロックフェスにだってたくさん出演しています。

だけど、そのもれなく誰もがロックを体現しているとは、私には思えません。



憧れを引きずり落としたり、自分の身体で憧れを体現することで心が削れていく様すらステージで魅せること、クズである自分との打ち解け合いや、それすら自己表現に変えてコンプレックスを個性として輝かせることーーそれが私の思うロックです。


それって「アイドルです」と言えばアイドルになれる時代だからこそ、ほぼ全てのアイドルがやらなければ個性を主張できないし前へ進めないため、既に覚悟を持って果たしているものだと思います。


私は2014年夏、どのアイドルよりも早く、某大型ロックフェスと某大型アイドルフェス両方同年に出演しました。

そこで感じた肌感覚として、ロックフェスで出会った女性アーティストの方が随分いい子ちゃんが多いし、大人にプロデュースされることや自分の像を周囲に作られることに対して器用にやり過ごせているように見受けました。あくまでも個人の感想ですが、そう思えたんです。

もしロックがロックというカテゴリーの模倣になっているのなら、そのロックは私の興味のあるロックとは違います。勝手にどうぞって感じです。



私は小さい頃から歌うことが大好きで、90年代J-pop女性アーティストの曲をカラオケで歌うためにひたすら聴いて覚えていました。それが私の音楽ルーツです。

端的にいうと、90年代初頭はまだ、『「かわいい」自体が「かっこいい」よりも「かっこいい」』ということが、世間から認められていなかった時代です。

その中で「かわいい」を「かっこいい」音楽として魅せることができたTKプロデュース全盛期がおとずれます。サウンドやスタイリングを絶妙に弄ってかっこよく魅せつつも、女性ヴォーカルの素材のはちゃめちゃなかわいさを実はそのまま詰め込んで、女性ミュージシャンを羽ばたかせた天才が、小室哲哉さんです。

90年代中頃。アーティストとして活動しつつも若さと天真爛漫さでアイドル的人気を爆発させたSPEEDの活躍。

90年代末。今からちょうど20年前、モーニング娘。が誕生し、ロックミュージシャンつんく♂さんプロデュースによるユニットが続々ヒット曲を連発。ちょっとダサいを意識している歌詞や振り付け、つんく♂さん自身が抱く「かわいい」と「ロック」をそのまま女の子に伝えていくというプロデューススタイル。

「かわいい」こそが「かっこいい」ものなんだということを音楽シーンに根付かせたプロデューサーは、小室哲哉さん、つんく♂さん、の御二方だと思っています。

私の愛した90年代は、その闘いとともにあったと感じています(この流れを意に汲まない昨今の90年代リバイバルなんて大反対です!)。



2011年頃から私たちクソどもの掃き溜めのような楽屋、吐く場所であったステージのある汚ねえライブハウスにも、たくさんのアイドルが立つようになりました。

ロックをバンドとして実現するのではなくアイドルのプロデューサーやクリエイターとして表現していく男性が現れ、「こんなかっこいい音楽をアイドルもやっているんだ!」と人気を得るグループがたくさん生まれました。

2015年頃からは、大型ロックフェスにもたくさんのアイドルが出演するようになりました。なんならイベントをブッキングするにあたって、「アイドル寄りのイベントの出演は控えさせていただいております」というアイドルグループの方針も今や多々あります。グループ像を確立したい事情は汲みつつも、「感性90年代でとまってるのかなー、おっさんたち」と思います。



表層上ロックであることはそんなに偉いですか? もう「かわいい」がこんなに「かっこよく輝きまくっている時代」なのに。



今回、私がVIVA LA ROCKというロックフェスの存在の上で開催される「ビバラポップ!」のプレゼンターをさせていただく運びとなりましたため、今一度「ロックフェス」という枠の中でも90年代を殺さなければならないと思っています。それを果たしてくれる素敵な音楽家、アーティスト、グループ、アイドル、肩書きはそれぞれの信念に添っていれば全てかっこいいと思います、かっこいい人たちに丁寧にお声がけをし、その趣旨に賛同した素晴らしい方々がビバラポップ!に集まってくれることになりました。

「かわいい」が「かっこいい」より「かっこいい」ということ、「自分だけのかわいいの実現」がいかに「ロック」であるかという、私の思うロックの精神性を、そのへんのロックフェスよりロックな形で魅せられるフェスにしたいなと思っております。



美しい人生を。

大森靖子


昨日は世界一の、わたしの特別なバンド、銀杏BOYZとのツーマンライブでした。
生き抜いて、ライブにきてくださって、来れなくてライブのことを思ってくださった方も、本当にありがとうございました。
私も、私自身に、生き抜いてくれてありがとうを。
そして何より、私を存在させ続けてくれた峯田さんありがとうございます。


重いと思われるの嫌だなーと思ってあまりいってないですけど、まあ伝わってると思うんですけど、峯田さんいないと、のりこえられなかった日々だらけで、生きてたかほんとにわからないです。


こんな対バンをうけてもらってまで素直に「夢叶いました、幸せです」とは言えないクソファンなのに、愛情しかないライブの1日をくださって、ああこの人はほんとに愛のヒーローなんだよずっと私の、私の好きになった人がこの人でよかったな、すごいな、かっこいいなって好きが溢れました。
とにかく一個も忘れたくないのでとりあえず忘れたくないことをブログに残してみようかと思います。なので今日のはあんまいい文章とかではないかもです。長いし。




わたしがこんなに峯田さんを好きな理由は、わたしが道重さんを好きな理由と全く同じで、「美しい人間だから」ただそれだけです。
綺麗だな、こんな風に生きたいな、道重さんは道重さんだし、峯田さんは峯田さんだけど、こんなふうに私も私を生きたいな、と何度も何度も思ったのでした。女だからとか、ブスだからとか、もっと理不尽な理由とかで、諦めそうになること全部、一個も諦めずに戦ってここまでこれて、本当に良かった。

気が狂いそうな夜を越える力をくれるのはいつも音楽やアイドルや漫画やインターネットで、だけどそれを越える力と、私が私として這い上がる力は、同じではなかったです。
私はもともと天才だったし(と思い込んでいる)、もうどうしようもないぐらいいなたかったけど(これは事実)、そんなのなんとも思わないぐらい愛されたし、常に愛される倍以上愛した自信あるし、心なんてバッキバキに壊されたけど、一枚の綺麗な鏡じゃないからこそ、いろんな人がそのカケラを拾って自分をうつして「あれ…自分が生きてるって、綺麗じゃん」って思えるようなそんな歌が歌えたらいいなと思って、ひたすらそうやって毎日を積み重ねていたら、そこに峯田さんが立っていてくれました。
私の夢は歌っている私だったから、その夢の中で峯田さんに逢えました。まさに夢で逢えたらいいなだよ…。
でも、いいなーっておもってただけで、峯田さんに逢うのが夢だったわけではなくて、それがよかったのかな、とか思って、わかんないけど。
だから、あなたの夢があなた自身でありますようにと願っているし、勝手に幸せになってくださいと言いました。突き放してなんかないです。言葉のもっとその先にあなたとならいける気がしたから託したら、笑われたけど、でもそれでいいんです。

いつだって、わたしがこわれてもあなたが壊れても、私はあなたを思って歌ってゆくから、それにあなたの感性でなにかをおもって、あなたの感性で幸せになってください。あなたの感性はあなたのものです。それを死ぬほど愛してます。



昨日、会場入りして、楽屋でケイスケカンダさんからプレゼントしていただいた一点物の薄ピンク色の銀杏Tを美マネに自慢していたら、「よろしくお願いしまーす」と挨拶してくれた峯田さんが上下ジャージを着ていたこと、どうやらそのままライブをしそうだということ、ですでに泣きそうでした。


私は2005年に銀杏BOYZに出会って、2007年に上京してから、行けるライブは全て行きました。
かっこつかないと思ってたから、はじめて言うけど、「東京でなんかしたい」よりも「銀杏のライブ見たいから」のほうが上京した理由として大きかったです。
チケットとれなくて入れないライブも当たり前に会場推し(これはヲタ用語でしょうか?)して音漏れを聴いていました。
なのでもちろん、
2007年に大阪で行われたザ・クロマニヨンズ×銀杏BOYZ×凛として時雨の3マンも、
2008年に昨日と同じ会場ZEPP TOKYOで行われたYUKI×銀杏BOYZのツーマンも見にいっています。
その日のアンコールで聴いた「駆け抜けて性春」、
幻なんかじゃないYUKIちゃんは、
「わたしはまぼろしなの あなたの夢の中にいるの 触れれば消えてしまうの それでもわたしを抱きしめて欲しいの」のたった二行だけの歌詞パートを完全に飛ばしていました、かわいい!
みんなこれみにきたのに…でもかわいい!
みんなニコニコしてるしなんか幸せだ!ってなった最高のライブでした。


今日はまず、会場も同じだし、思い入れも強いライブなので、いろんな伏線から回収しにいきたいなと思い、あとファンの気持ちとして、この曲やってほしいなorやらないでほしいな、やるのかな…という気持ちでもぞもぞ最後までみるのが集中を少し削いでもったいないのを知ってるので、
一曲目で「駆け抜けて性春」を、私のバンドで一緒に歌ってくださいと峯田さんにお願いすると、引き受けてくれました。

私のバンドのメンバーのギター2人、きのこ帝国のあーちゃんと、畠山ケンジも、銀杏を聴いてけしかけられて音楽をはじめたクチです。
そういうひとはそりゃもう沢山いるんですが、音楽を続けてここまで結果を出してきて、同じステージで演奏したいと言う気持ちは私と同じくらいだったと思います。なのでどうしてもこのバンドでという気持ちがありました。
ドラムのピエール中野は、2007年の上記の3マンライブの時に、「僕にとってのロックスターはヒロトさんだけ」というまるで銀杏とクロマニヨンズの2マンライブのようなMCに悔しい気持ちになったようです。フェス以外での対バンはそれ以来のはずです。でもピは村井さんのドラムが好きで、村井さんのタイム感を分析し、本に書いているようなので読んでみたいです。村井さんがいたときの私の銀杏のセッティング時の口癖は「村井さんのバスドラの中に入りたい…」でした。
そんなこともあったり、もちろん大前提の銀杏へのリスペクトもありで、バキバキに気合が入った状態でリハーサルしたところを、峯田さんに「うわードラム上手いねー!こんな歌いやすいのはじめて!村井くんと全然違うよぉー!」と褒められてニコニコになっていました。






え、ていうかまだライブはじまってない…いつまで続くのこのブログ怖い…ちょっとがんばってペースあげます…書くべきとこだけを…





ライブが始まる前、バンド編成の時は、いつもモーニング娘。がコンサート前にやる「がんばっていきまっしょい!」の円陣を組んでいるんですが、(道重さんのヲタ活の一環)そこに峯田さんが「俺そういうの一回もやったことない」と言ってやらないそぶりをみせたあと、「ピエールくん!」と言って手を出して参加してくださりました(かっこいい)
ステージに出る前はジャンプしてガシッガシッと地球と自分の関係性を確認しているかのように地面を踏みしめて(個人の見解です)から登場していました。



1曲目で私が客席からあがって駆け抜けてを歌い終えて、峯田さんが宙に吐き捨てたガムが弧を描きそれが私の頭に着地し、私は頭にガムがついた状態で2曲目の非国民的ヒーローを峯田さんと歌っていたようです。こんなことあんの…
ライブ後美マネに「頭!頭!」と指摘されたので、ハゲたのかと思いました。

峯田さんは非国民的ヒーローを歌う時、ジャージの前を開いて、来いと煽ってくれたけどどこまでいっていいのか謎なのですごい至近距離で距離感を保ちながら歌ってたんですけど正直ここまでもこれからもずっとふわふわしていてこの日、どうやってもふわふわしてしまっていて、もうその時点で身を任せすぎていたと思うんですが、完全に峯田さんペースにひきずられて歌ってしまい、喉を枯らしました。2014年に新宿LOFTで銀杏のコピバンやった時以来です…。もう一生懸命うたうぞ!ぐらいの思考しかもてない状態でのライブで、あんな感覚はじめてで、どんなライブになったのかわかってないです…いつもは空間掌握型ライブって言われてるのに…でもみんなの顔がキラキラでエネルギーが本当にすごかったこと、人が出すそういうエネルギーって人と人との距離感を近くするんだな、だからいつもよりZEPPが狭く感じたことは覚えています。
 

銀杏のライブの一曲目で、私の道重さゆみさんへのラブソング「ミッドナイト清純異性交遊」をカバーしてくれました。
「アンダーグラウンドから君の指まで遠くはないのさ」を「2005年から2018年まで遠くはないのさ」と替え歌して歌ってくれて、
いやめッッッチャ遠かったけど…でも目の前だった気もするし、どこでもドアとかタイムマシンとかじゃなく、私の毎日には奇跡なんか一個もない地続きだったから、それがこんなに奇跡的な瞬間に繋がっているというのに感動して、キラキラした気持ちが身体の中におさまりきらなかったです。

今日の日を特別にするためにと16年ぶりに歌ってくれた「星に願いを」。初めて聴けた…。
「歩んできた道に後悔はない 向かうべき道に希望がみえる」を「歩んできた道は後悔だらけ でも向かうべき道に希望がみえる」と、
「I see the light」は「愛してる」と変えて歌っていました。
私はクソ炎上マンだし勘違いされやすいし、嫌なものは嫌だし言っちゃうし、やりたいことは全部やっちゃうし、一周回ってそんなの後悔してもどうしようもなさすぎる失敗しかしないので、どうしようもなさすぎて。死しかない…みたいなとこまで毎回落ち込むんですけど、それでもなんとか生きるほうのステージに立てるのは光をみるからで、その光は愛だし、あなただし、愛してるからだし、愛したいからだし、そんなことを思いながら、


あれ、これ一曲ずつ全部感想言う流れになってますねやばい。でも感受性死なないまま大人になれたのか、なってないのかわかんないけど、ここまでこれてる証拠だってことで…
頑張って割愛するけど、その後もずっと、わーーーーーーって感動しながら踊ってましたけど、それをファンの方が、「靖子ちゃん今日は嬉しいよねえ、よかったねえ」なんて言ってくれたけど、
実は銀杏のライブは去年も、公言してないけどわりと客として遠征込みで何度も見ていて、フェスとかでもモッシュゾーンっていうんですか?でボコボコにされまくってるんですけど、そこで普通に観客としてみていて、なので、いつもあの感じで踊ってるんです…特別はしゃいでいる感じではなく…銀杏を見る私はいつもああなんです…。
今日は普通になんか、2マンっていうの引っ剥がしてお客さんとしてみたってどうみたって良いライブすぎて、キラキラしてて、ドロドロしてて、素敵でしたかっこよすぎでした綺麗なもの浴びました生きれるって思いました、生きれるをつくろうって思いました。
1番好きな曲のSEXTEENも歌ってくださって、「街にはドボドボとみかんが降ってきたし 僕らは踏み潰して蹴りながらキスをしたし」てとこが、私だけの特別な歌詞な感じがして一番好きなんですけど、そこで震えながら号泣しました。好き………え、だってSEXTEEN歌う時ちょおおおおおおかっこよくなかったですか?あんなうつくしいひといるの?すごくない?語彙無くすーって言いたくなる、私のプロフィール新少女世代言葉の魔術師だったのに!




最後にアンコールで「夢で逢えたら」を一緒に歌いました。クッソ良い曲!!!!!!!!
この歌の「君」は全然私じゃないのに、夢みたいな今日に逢えたの意味わかんねー!いや意味わかるけど!すごいね私!まじすごいね!一瞬が永遠に感じたね!

何回ダイブしたかわかんないし、最後ダイブしたら絶対彼女の童貞とかヤリマンとかで絶叫してくれた人いて、かわいい…好き…と思って、その勢いでお客さん10人くらいにキスしまくってたんですけど、そしたらいつの間にか曲が終わってしまっていて、
私が帰ってくるのを峯田さんがステージから手を伸ばしてずっと待っていてくれて、

その時の顔が本当に忘れられなくて。昨日いちばん。
誰かそれみてるひといたら絵描いて欲しいんですけど。(青柳とかみてなかった?ねえ…)

あんな全部肯定してくれるような笑顔で私をステージに戻してくれて。

そのまま抱きしめてくれて。それをステージ袖から美マネが撮った写真はどうみても… 

相撲かプロレスとってるようにしかみえないですけど。私の肉感のせいですね
これです


_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3482.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3481.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3480.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3479.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3478.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3477.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_133APPLE_IMG_3476.JPG




これからまたどんな思いしても、今だって全然、つらいこといっぱいいっぱいあるけど、あの表情思い出せるから、何回だってまたステージに立てる。
大好き大好き大好き大好き大好き
私のヒーローがあなたでよかったです。



また逢えるといいな



最後に、


峯田さんのファンに一番に伝えたいみねたさんかわいいポイントがあって、イベントグッズでシールがあって、その中に私と峯田さんふたりの写真がシールになってるところがあるんですけど、ぴあさんから「これでいいですか?」ってチェックが送られてきた状態がこうだったのが、

svtzNWBPZo.jpg

峯田さんから写真に枠つけてくださいっていう修正があって


F43qwo6fdl.jpg

こうなったのまじ可愛くないですか。。。

おわり

大森靖子襲名、予想以上に沢山の方が大森靖子になってくださりありがとうございます!
全て私が手作業で封筒に名刺を詰めおくっているので、襲名特典少々遅くなりすみません。
不備のある方も、まあ私だしな!しょうがないなーと思って切手貼っておくっているので、余程のことがない限り届くと思います。

最近ネットで文章をかくのがあまりたのしくないので、別の場所に書き溜めています。
どこかで文で通うことができれば。

やれること全部やったと思っていたのに、あーこれ抜けてた!というところがでてくるので、
もっともっとやり尽くして生きていきたいです。

↑このページのトップへ