ラジオでね峯田さんの地元の山形のライブハウスで私と峯田さんがライブしたこと話してくれて、靖子ちゃん靖子さん大森さんって早口で言ってたね、そこに昔の俺みたいなやつがいたって言ってくれてて、私も憧れのバンド全部見てた自分の地元の愛媛のライブハウスで、あーあのあたりで銀杏のツアーは見たなとか、他のライブもねいっぱい思い出して、あの頃の私みたいな人もいっぱいいてさ、そこで完全に47都道府県やる意味が自分で本当の意味でわかったんだとおもうの。
なんかあの日の自分、たくさんの人のあの日の自分が交差してすごいわけわからないよね、地元にしかない愛とか呪いとか全部すくいあげられたらなんて素敵と思うし、私に音楽をくれた人と一緒に歌ってるなんてすごすぎて。
ほんともうボロボロなの申し訳ないんだけど、今日の身体でできる精一杯と歌唱法をすぐに編み出してをやってたら、毎日限界超えてここまできたね。
なんとか、でしかやれなくて、完璧な自分で完璧にこなせた日なんてなくて、でもなんとかをなんとかしようとするエネルギーって、ふつーにこなすより、でかいからさ、そっちの方がわけわかんなくて好きになるなぁ。。おかしくってごめん
きっと永遠に分かり合えないまま好きだし
この世界にメンチ切るなら君とだと思う
勝手にね

この身が滅びていい覚悟と、どうでもいい虚無と、愛と、血と肉と骨以外には質感ない日々は、これ以上の加速装置を持っただろうか。
若き日の限界の言葉に、どっちもどっちと吐き捨てられる程度の努力であっただろうか。証明する術は、いや証明なんかしなくてもいいんだけど、誰か1人に何かが伝わっているその積み重ねだけが世界を変える。
アーティストが心を動かすパフォーマンスをすることはただの基本だよ。
そのために何かを犠牲にするか、コントロールするかは、個人の自由だよ。
支配を超えたい。

本物が生きづらい世の中。
非人道的な感情こそが人情であったりもする。
本意気で、自分の信じる善意以外を排他することこそが平和につながると信じている人たち、国
こんな場所でできること、なにを禁止されても蠢く感情を、
絶対に均一になんかさせない。
反旗を翻せ。私が47都市全ての場所で、
蒔いた種は必ず、必ず、
あなたがあなたの才能がなんなのかをわかった時、それを仕事にした時、魔裸で全てを晒しても愛だと断言できるような仕事ができるようになった時、花が咲くだろう
ひとつずつやっていくしかないのだから
そうやってこのツアーを回れていること、嘘偽りなく命懸けで、だからこその遣り甲斐を感じています。
出会って心を通わせてくれた方、心からありがとう。私のカケラを、あなたに託しました。
あと残り一桁。
心して演っていきますのでよろしくお願いいたします。


_var_mobile_Media_DCIM_149APPLE_IMG_9160.JPG

↑このページのトップへ