_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6506.JPG
年末のことになるのですが、、、
とても感動的な出来事がありました。

私は、5年前くらいから冷えとりをしています。
冷えとりって、、、とにかく靴下が破れるんですよね。
破れたら毒出しなのでヤッター!なのですが、私は不器用なのでお直しができず、
いつも新調していました。

1枚目、3枚目のシルクは気持ちよく買い直していたのですが、問題はカバーソックス。

お気に入りのものに限って破れるんですよね〜。

特に気に入ってるカバーソックス
コズミックワンダーのやつが、こんなザマに、、、

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6538.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6539.JPG

これは、さすがにズボラな私でも履けません。ギャグの域を超えています。

もう、この子ともサヨナラかな、、、

そう思っていたら救世主が現れました!

その名も和子さん!

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6556.JPG

松山トリコでの活動など、
Ti create智子さんと一緒に素敵な作品を世に送り出している作家さんです。

軽い気持ちで、「靴下の穴とか塗ってもらえませんかぁ〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)?」と尋ねると、
「いいよー^^」と言ってもらったので、
ポーンとお渡ししちゃいました。

そして、数日後、戻ってきたのがこの子です↓

AoSGC7_59o.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6507.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6504.JPG

指先の穴がチョウチョに!!!

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6506.JPG

もう、クオリティーの高さに震えました。

かずこさん、たくさん私のことを考えて、お直ししてくださったのがヒシヒシと伝わりました。

この色合い、モチーフ!
全てドンピシャ好みですもん。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6540.JPG

驚きなのですが、編み針はなんと100均のおかず用ピックなんですって!

穴の部分を毛糸で縫い合わせればよいのだけれど、足の裏だから体重がかかるとまたすぐにぱっくりいくかもしれない。。。

そう考えて、靴下と同じメリヤス編みで塞ぐことを考えてくださいました。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6542.JPG

ゴワゴワしないようにと、
ブランケットを編んだ残りの極細毛糸で。

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6543.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6544.JPG

つま先の穴は、毛糸で編んだモチーフで。

、、、と、こんな感じで仕上げてくれました。


本当に感動しました。

私は縫い物ができないのもあるけれど、
こうやって依頼主に寄り添って、
デザインも考えて、用途も考えて、
心を込めて仕上げてくれたことに、感動。

ますますこの靴下が愛おしくなりました。

和子さん、ありがとう✨