月別アーカイブ / 2020年10月

斉藤です。

昨日、久々にミニストップに行ったけど、なんかよかったな。
たくさんコンビニチェーンありますが、それぞれにそれぞれのよさがある。青春時代はバイトもしてたし、コンビニへの思い入れが深い。おやつとかジュースがたくさんあるから最高だよね。

でもコンビニの揚げ物は昔に比べて食べなくなったなぁ。
人間、歳をとると傲慢になるもので揚げたてじゃないならいらないやと思うようになってしまったね。目先の揚げ物食べたい!という欲より、質にこだわるようになってしまった。
作ってから時間の経ったからあげクンとか、ちょっとした石だもんな。超かてえの!!!!!!
昔から何度も言っているが、からあげクンはからあげっぽいナゲットだと思って食べると良いよ。ものごとの本質が見えてくるね。ものの見方が根本から変わってくると思うよ。

ちなみに俺は選ばれし者なので、自宅からセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップが全部程よい距離にあります。近くもなく、遠くもない距離に。
逆にいうと、ポプラとスリーエフからは選ばれなかったということ。これは悲しいことだけどね。
デイリーヤマザキからも見放された。セーブオン、ココストア、サンエブリーとも縁がなかった。
小学生の頃と初一人暮らしの頃は近所にサンクスがあった。もうサークルKとサンクスは無くなってしまったね。
サンクスがフライヤーを導入する前のレンジアップするタイプのフライドチキンがたまに食べたくなります。おおよそコンビニエンスに売るようなものではないだろうと言いたくなるほどニンニクが効いていた記憶がある。

セイコーマートっていいよな。コンビニなのにディスカウントの心があるよね。
元道民だからひいき目に見ているわけではない。実際、俺がまだ子供の頃はまだあまりパワーのあるチェーンじゃなかった。大人になって改めて北海道に行った時、素晴らしいなと思ったんだよ。
そもそも俺が北海道にいた頃はコンビニがそんなになかった。
今のヤングたちに言ってもピンとこないかもしれないが、俺が子供の頃は500mlのペットボトルもそんなに普及してなかったし、これは本当に驚愕なんだけどインターネットがなかったんだよ。サテラビューしかなかったんだ。携帯電話持ってる人だってそんなにいなかった。マイケルジョーダンが現役で、トラップとかオートチューンもなかったんだぞ。
セブンイレブンやファミリーマートなんて神話か何かだと思っていたよ。ローソンのCMは放送していたが店舗は生活圏内になかった。テレビ東京もうつらなかった。水曜どうでしょうも俺が愛知に越してきたか越してきてないかの頃に始まった番組だ。だから詳しいことは知らない。

話が逸れてしまったが、セイコーマートは良いコンビニチェーンだ。素晴らしいよ。
話をまとめると、俺はコンビニが大好きだってことだね。

以上、斉藤でした。

P.S.5月くらいからの自分のブログを見返したところ、同じようなことばかり書いていて恐ろしくなった。本当に書くことがないんだろうな。でも書いてるから偉いよね。そういうところがすごい好きだな。

斉藤です。

もうすぐハロウィンですね。
ハロウィン!っていうハロウィンの過ごし方をしたのは何年か前ベッド・インのイベントに呼んでもらった時くらいですね。渋谷でな。
そのイベントの帰り道、夜中なのに街が仮装した人間たちでハイパー大混雑してて、う〜わなんだこれは…と思いながら駅に向かったことを覚えています。本当にケガしてんのかな?みたいなメイクしてる人もいたし。とても恐怖でした。
人混みが苦手だという人がたくさんいるからみんなそうなのかなと思っていたけど、人混みが大好き!という人もけっこういるんだよな。友達といるのが好きな人、騒ぐのが好きで、賑やかな場所が好きな人。世の中にはいろんな人がいます。俺もいろんな人の一部です。

軽トラもひっくり返されてたもんな。衝撃だったよ。暴徒によって軽トラがひっくり返された旨を伝えるニュースに衝撃を受けた。そんなもん報道してどうするんだよ!って。
でも、大好きなニュースだった。軽トラがひっくり返される。くだらないことをジトーって見てるのが好きなんだと思う。たぶんひっくり返した人たちもくだらねーなーと思いながらひっくり返してただろうし。ひっくり返された軽トラの持ち主はたまったもんじゃないけどね。俺が持ち主なら泣いちゃうね。ふた晩は泣いちゃうね。3日目にくよくよしてても仕方ない!って思うはず。で、王将行って餃子定食だな。当然ダブルな。

今年はソーシャルディスタンスがあるので、ちゃんと軽トラ同士の間隔を空けてひっくり返して欲しいものです。頼むよ、暴徒。

以上、斉藤でした。

P.S.昨日はいい天気だった。

斉藤です。

昨日はゾーンに入ってしまい、とても寝ました。変な夢もたくさん見ました。ふと空を見たところ月がすごいでかくなって、そのまま燃え上がってインターネットの広告になったところをよく覚えています。
世界が終わるっぽい感じの雰囲気が漂う中プリウスの後部座席を倒した荷物を乗せるところで寝転がってたり、小麦粉が出てきたり。
裸足で商業施設のトイレに入ったりな。

夢を見なかったことってほとんどないんじゃなかろうか。フルカラーで主観タイプ俯瞰タイプいろいろと見ます。毎日。
今まで生きてきた日数を計算すると、一万二千回くらいは夢を見てきているんだな。めちゃくちゃ疲れるよな。楽しい夢ってあんまり見たことなくて、いつもハチャメチャな世界であたふたしてる気がします。
夢の中でこれは夢だと気づいたことが確か一回だけあって、

「あ!!!!!!これ夢だわ!!!!!!」

と思った瞬間目が覚めました。そして当然のごとく内容は全く覚えていない。

なぜ夢は思い出そうとしてもなかなか思い出せないのか、以前友人と話した時に脳に負担がかかるからストップがかかるのではないか?という結論に達した。
おそらく夢って今まで経験してきたことや見たものの記憶をランダムに繋ぎ合わせてるやつでしょ?それをほじくり返すということは脳に溜まってる膨大なデータを触ることになる。パソコンも素人が奥の方にあるよくわかんないデータ触っちゃうの良くないからな。それで脳のセキュリティがダメよ〜ダメダメ的な話なんだろう。
チクショーー!!!!!!右肘左肘交互にワイルドに倍返しよ、要は。今でしょ。

ギャグを思い出していたら突然飽きたのでブログを終わります。こわい夢とかじゃないけど、夢はこわい。意味が不明。
以上、斉藤でした。

P.S.最近ジャージで出かけることが増えて思った、やっぱり襟のある服ってしっかりして見えるな。ゴルフウェア、オフィスカジュアルってそういうことなんだな

↑このページのトップへ