斉藤です。

11月になりましたね。ひょっとしたら11月にはならないっていう可能性もあるんじゃないかなと少し思ってたんですけど。ならなかったらどうしようかなって。どうやって生きていこうかなって。
そしたらなりましたね。
へぇ〜って感じです。

季節が、移ろっています。
あれだけノスタルジーをかき乱し、毎年のことながら鮮烈に感じていたキンモクセイの香りも、鼻腔にこびりつき、嗅ぎ慣れて、揮発して、散る花弁を踏みつけてなおどうこう思うことすらなくなってしまった。小さなオレンジ色の花は、すっかり散ってしまいました。

俺はというと、ラーメンを食べ過ぎて太りました。天高く、俺肥ゆる秋。
今頃は世界のどこかで木枯らしが製造され、あと半月ほどでこちらにも届くのでしょう。それは寂しさをも意味しますね。寒いと寂しい。なぜなら寒いから。

街行くOLのコートが厚手になっていく過程を、若者のスウェットシャツにマウンテンパーカが羽織られていく様子を、太りながら見つめていこう。さて、俺は何を着ようかな。ズボンが若干きつい。
季節は、移ろっています。

今月はONIGAWARAのGIG、竹内電気の同窓会、そして編曲で携わった作品のリリースなど楽しそうなことがめじろおしです。他にもチョイチョイあるんだぜ。体調だけはマジで気をつけんと。風邪をひく余裕がない。

以上、斉藤でした。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7713.JPG
ハロウィンの仮装です。ちなみに10/31は家から出ませんでした。

P.S.インターネットのニュースを見る限り、ひっくり返された軽トラはいなかったようです。何よりです。