完全放置のblogで
スミマセン💧💧💧






突然ですが5/31~6/7
WP(ウェスト・パプア)の
未開のエリアに
調査釣行にいきます。



今回は汽水域ではなく内陸部の
完全淡水の湖へアタックします。

一般的にウェスト・パプアというと
カイマナより海路で数時間の移動後、
川の河口域にベースを構え、
汽水域~中流域を釣るスタイルですが、
今回はジャカルタより国内線にて
内陸部へ直接入り(国内線乗継多数)
そこから陸路で巨大な湖を目指します。



まだ釣人は誰も入った事のない
エリア(らしい…)で、
数カ月間の村人との交渉の末、
ようやく今回の釣行が決まりました。



今回は各国からの参加者10名による
混成チームでのアタックになり、
現在1名欠員があります。

”行く気のある方のみ”

ご連絡をお待ちしております。

今回は、野営、自炊、現地艇
での釣りとなりますので、
それを踏まえた上で、
ご連絡くださいませ。


RJkysszGAz.05.11.jpg


zPxNXc16mp.05.17.jpg


ffHWs64M6Y.55.40.jpg


NlbreeVbHP.54.49.jpg


XtcEYLdcBk.54.45.jpg



※画像は2013年に付近の湖まで
調査に行った際の画像です。

イメージは同じような感じなので
ご参考までに^^;


お問い合わせはコチラまで
↓↓↓↓↓↓↓↓
onebiteonefish.expedition@gmail.com




 





遅くなりましたが
イトウ用タックルの続き



今回は竿とリールの話し。



長文なので興味ない人は
スルーしてください💧




S__6840364.jpg


S__6840365.jpg





下流、中流域の大場所では、
2015年からテストを続けてる
HUGEスピニングの
HS1N-76Rを多様。



上流域などの小場所や
バックスペースがない場所では
HUGEスピニングの66と
HUGE60のベイト竿を使用。



今回は既にリリースしている
66、60ではなく来季リリース予定
になっているHUGE76スピニングの
お話。まぁ道北イトウ釣りの場合、
どうしても7.5~9ftくらいの長めの
スピニング竿がメインになることが
多いので(一般的所見)



私の場合、遠征釣行が多いので
どうしても荷物にINできる
パック竿タイプになってしまうが 
イトウ釣りだけに特化するなら
2ピースのほうが理想かな。


パックロッドに不安のある方も
多いと思うが荷物+竿ケースの
煩わしさから開放されるのと、
国営航空機が飛んでない地域などに
行く事も考えパック竿仕様を選択。


deps / HUGECUSTOM


S__6840362.jpg


S__6840363.jpg



↑の写真は80UPのイトウを
掛けた際の76の曲がり具合



個人的に胴から曲がる竿より
ファーストテーパーよりで
フッキング重視の竿のほうが
好きなので76は
レギュラー・ファースト
イメージの曲がり方をするように
セッティングしてあります。



プレデター・フイッシング(怪魚釣り)は
ベイト竿も含め胴から曲がる竿が
正解みたいな風潮になってるが
個人の好みの問題で、私は長いこと
世界中の色々な魚を釣ってきて
口まわりが硬かったり、
こちらから積極的に掛けにいく
釣り方を好む人には
レギュラー・ファーストの竿のほうが
あってると思う(個人的所見)



HUGEスピニングは66、76共に
レギュラー・ファーストテーパーに
仕上げてあるので掛けやすく
かつ、しっかり曲がり魚を浮かせて
くれるHUGE特有のブランクスに
仕上がっていると思うので
今後、イトウなどの遠征の鱒系の
釣りを考えてる方はリリースしたら
ぜひ、一度、触ってみて欲しい1本です。









スピニングのリールは今年から
下記のカルディアを導入


S__6840368.jpg




DAIWAのCALDIA”LT"4000-CXH



LT仕様なので軽い、そして
カルディア値段帯も◎(定価¥26.500)

剛性と軽さでマグネシウムを超える
高密度カーボン素材のザイオンを使用
マイナス気温の中での釣りには
個人的にハイエンド・モデルより
合ってる気がする(個人的所見)


ラインキャパもナイロン16lbを
100m以上巻けるので◎
自重も225gとサイズ的にも◎


ちなみにナイロン糸を多様する前は
PE1.5号を主軸に使用していたので

"CERTATE2510PE-H"



S__6840374.jpg



LTのカルディアのほうが軽いw

まぁ、ベイト竿での釣りが主軸な
私にはカルディアで充分^^
あえて言うならドラグ音が
軽いのが気持ち的に⤵⤵⤵


来季からは変えスプールで対応
する予定です^^;



次はウェーダー、ウェアの話(予定💧)











昨日の続き



糸のお話



基本、冷水性を好むイトウ
なので秋の陣は川が凍結する
ギリギリのタイミングを
いつも狙って釣行する。



その際に問題になるのが”糸”



PEなのか?ナイロンなのか?



私は基本的には気温が1度切る
ようならナイロン。2度以上ある
ならPEと気温で使い分けてる。



もちろん、気温以外でも状況で
使い分けするので昨年からは
常にPEとナイロンの2刀流。


S__6668451.jpg

PEはG-soulX8の1.5号

まぁ説明不要の素晴らしい
PEラインではないかと^^;







S__6660121.jpg

ナイロンは新しく出た
一撃SOLEIL16lbを使用。

こちらYGKから新しく出た
ナイロンで16lbの500m巻で
ナント¥1600!!

そして巻きクセつきにくく
柔らかく使いやすいです^^

私は”もしも”の時に後悔したく
ないので毎日巻きかえますが
数日の釣行なら問題ないと思います





PE、ナイロン、共にリーダーは
ナイロンの25lbを使用。
20lbでも問題ないかもですが
念の為25lbを使っています。




これらはスピニング仕様の
ライン・システムなので
ベイトでやられる方は
もう少し強いラインやリーダーを
使用する事をオススメします。




次は竿のお話(予定💧)


 

↑このページのトップへ