souleater01.jpg

2008年4月7日にソウルイーターが放送されました。

はい。声優としてお仕事をさせて頂いてから丸っと10年になりました\( ˙꒳˙ \三/ ˙꒳˙)/

ひゃー!!!!!

長かったのか、あっという間なのかは分かりませんが今日もこうしてお仕事をさせて頂いているのは応援して下さっている皆様のお陰です。

本当に。

昔は本当に情報が少なくて、しかも遅くて。
それなのに情報を見つけて少ないヒントの中、会いに来て下さっていて。本当にありがとうございました。


なんでしょうね。うーん。

ソウルイーターの時は本当に何も分からず正真正銘のアッパラパーでした。

最近10代の役者さんにお会いしてびっくりしました。

なんて出来た子達なんだろう!!!!と。

ちゃんとアドリブ入れられてるー!ボールドに合ってるー!すごーい!!!


当時のキャスト陣、スタッフ陣はよく匙を投げなかったなぁ。。。


パートナーの内山くんはTVシリーズは初めてだけど、それまでもアニメで主演とかしていたので歳下なのにどっしりしてたなぁー。

それに比べて、、、。

笑えない笑い話は山ほどあります。あははは!


色々比較される事も多かったけれど、でもソウルイーターの現場は本当に仲が良くて
今も集まったりしているくらいฅ(*°ω°*ฅ)*

1年間根気強く不出来なわたしに付き合ってくれて。
ありがとうございましたじゃ全然足りない。言葉にも出来ないです。

私はデビューがソウルイーターじゃなかったら、声優としての面白さや やり甲斐に出会えず嫌になって投げ出していたと思います。

舞台や映像の演技と何が違うんだろう?
なんでこんなに言われなきゃならないんだろう?
どうして出来ないんだろう?

とマイナスな事ばかりで落ち込んでいても

大久保先生 五十嵐監督 若林音響監督 南社長を筆頭にみーんなが
『そんな言葉を気にして馬鹿だなぁー』
『ちぃはちぃの良さがあるんだから、このまま頑張りなさい』
『そんな事気にするよりやらなきゃいけない事があるでしょ』
と笑い飛ばしてくれたので、私は目の前のお芝居に取り組むことが出来ました。

まぁ、めっちゃ怒られていましたけど。笑

テストが終わった後のディレクションの時間はだいたい『小見川ー!』と言いながら若林音響監督がブースに入ってきてとりあえず丸めた台本で私の頭をポコンとする。という流が出来るくらい。

周りも『先生がくるよ!』なんてはやしたてて。

本当にすみませんでした!


迷惑しかかけていませんでしたが、私はソウルイーターのマカちゃんを演じられて本当に良かったです。

間違いなくかけがえのない宝物と財産です。


ソウルイーターの収録中に『夏のあらし!』が決まって、その事を報告したら皆が喜んでくれて。

家族みたいな現場でした。

落ち込んだり迷ったりした時は、ソウルイーターの現場を思い出して自分を奮い立たせています。


昨日、文豪ストレイドッグスのトークイベントに登壇させて頂いて

文豪ストレイドッグスはソウルイーターでお世話になった方々がたくさんいらっしゃるので

成長した姿を見せたいなぁ!今はちゃんと喋れるぞ!と頑張ったのですが同時に

28歳にもなってセーラー服を来てはしゃいでるわたしをどう思っているんだろう?

なんて一瞬冷静になったり。笑

こうしてまた大好きな大好きな方々と一緒にお仕事をさせて頂いてるなんて、幸せ者だなぁと噛み締めています。


応援して下さっている方、お仕事で関わらせて頂いている方。

私は本当に周りの人間に恵まれています。


まだ10年?もう10年?10年たってもまだまだ未熟。

これからも迷惑をかけ続けて行くのでしょう。

ですが変わらず、慢心せず心を込めて、一つ一つのお仕事に向き合って行きたいと思います。


なのでこれからも

のんびり付き合って下さいね。



いつもありがとう。これからもよろしく。心から愛をこめて。