どうも、またしても俺の番です

前回はシンプルな構成ってことで
ファミコンの音源のお話ししましたね。
あのあと思い出したことがあるんだけど
ファミコンには周辺機器でディスクシステムっていうのがあってね
もうたぶん同世代か年上の人しか知らんと思うけど、
フロッピーディスクみたいなのにゲームが書き込まれてて
クリアしたりもうやらないわーってなったら
ゲームをお店で500円で書き換えてもらえるシステムがあったのですよ

まあ、俺は兄貴のもってたやつしか遊んだことないし書き換えしたことないんだけどさ(ノ∀`)


ディスクシステムを起動した時のBGMが好きだったなー


んで、そのディスクシステムって作られた年代?時期によって
音源が少し違くて、同じゲームでも違って聞こえるというものがあるんですよ
昔それの比較動画があったんだけど、ちと探しても見つからなかったので
まあ、そういうお話があるんだよ、というくらいでレトロゲー豆知識くらいで
聞いておいてくださいな



まあ、製造された時期で色々音が変わってくるのは
我々が使ってる楽器全般も同じなんですよ。
同じシリーズといえど同じ素材で作られてるといえど
個体差があったりするんでね
ギター、ベース、ドラムなんかは木を使ってるから
全く同じ木なんて存在しないからね、そりゃそうですよ

前まではビンテージの楽器とかにはあまり惹かれなかったんだけど
ここ1年半くらいちょっと興味が少しずつ大きくなってて
今年の2月とかだったかな?大阪に何日か滞在する日があった時に
とあるドラム専門の楽器屋さんでスネアの名機と言われるものの
70年代のものに出会ってね、試奏させてもらったのだが。。。
十万ちょいの値段になってたのを買ってもって帰るくらいの魅力があったんだよ
そのときに踏みとどまったけど、いまだにいつかは欲しいと思ってる一品

おそらくあの時試奏したスネアは
今頃はどこかのドラマーの元に
行っていい音を鳴らしてるんだと思うけど


今まで車もバイクも楽器も、価格が大きいものは
もちろん予算内でっていうのもあるけど、その時に縁を感じれるかどうかで
決断してきたところもあるんだよね

経験ある人もそこそこいると思うんだよね
ちょっと予算オーバーだけど、頑張って購入した!
っていう人ももちろんいると思う

けどそれを糧にさらに何かを頑張るっていうきっかけにもなると思うんだよね
物を買うってのに限ったお話ではないんだけど
この機を逃してはならぬ!ということが個人的にあったので
そんなお話をしてみました


縁ときっかけって大事だと思うから
これをみてくれてるみなさまも
なんか決めなきゃってときはそういうところも考えてみてはいかがでしょうか?
というお話でした




んでは、また