月別アーカイブ / 2020年10月

先日お馬さんに乗らせて頂いて体幹の大事さを改めて知りましたが
何人かキャンペーンに応募していただき
乗馬体験してくださった方々もいらっしゃるようで?

楽しんでもらえたようでなによりです(*´Д`*)

体験して思ったのが
姿勢を保ちながら
お馬さんへの指示を出しつつ
走りやすいように乗ってあげる

そこから発想して、練習にも生かしたりしてます

乗馬の時の担当の方から
「楽器や音楽に通ずるところ、きっとありますよねー」
ってお話をされて、なるほどな?
と思って、同時に何個もやりつつ
それをひとつの行動としてアウトプットするって所が
特にドラムに通ずるなーと

なので最近はメトロノームと仲良しになりつつ
両手両足、別々の動きをしつつノリが出るように練習していたりします。
1人でアンサンブルするって感覚ですね、俺なりな言い方をすると

そんな事を考えながら夜な夜なスタジオに1人で籠って
「こういう組み合わせをやればいいのか!」
とか
「このセッティングにすればやりやすい!」
とかの発見をしながらやっておりますミトさんの最近のお気に入りは

ラテンのリズム

でございます

ラテンと言っても一言では言いきれないくらい沢山リズムパターンがあります
そちらに精通した人のドラムとか見てると楽譜では起こせない部分も結構あってね…

紙の譜面に囚われすぎぃ!
って唱える人も世界にはいるらしく…
わかる気もするんだけどね
人それぞれの考えがあるので
自分に必要なものを入れてくのが良いかと思ってる次第です


筋トレとかもそうだけど
やってみて無駄なことはない!(ほとんど)
やってダメだったりすることもあるからね

っての最近の俺のドラムのテーマです。
その日の練習出来なくても
次の練習した時には違う感覚が養われてたりってのを
よく感じるんですよ

レッグカールをしたあと
バスドラの踏み心地や音が変わるのも最近気づいたし!
これに関しては大先輩も共感してくださったりしてるので
ドラマーはお試しあれ!

ハムストリングスの運動、大事!
あと、足首とか関節のストレッチな!

あ、レッグカールがわからん方はお調べください(ノ∀`)
ダルマの歌詞にも出てきますぜ?


ドラマーっぽいことを真面目に書いてますが、たまにのこういうのもいいでしょう?

気まぐれでインスタで質問コーナーしてると
たまにドラムの質問も来たりするのでお答えできるのはしますので!


さて
本日のお昼ご飯は
昨日の白菜と豚肉のお鍋の残りで
雑炊をいただいたミトがお送りしました〜

数年ぶりに(たぶん)5日ごとに書いてたブログ
自分の中での時間軸がズレて更新し忘れた(ノ∀`)サーセン

最近日にちが経つのが早い!
あっという間な気がする…
前も間違えて下書きに保存しちゃったり
うっかりミスがちょいちょいあるなー自分

書き始めててそもそもバグったという単語って
死語なのかな?ってふと思った🤔
元々コンピュータなどのプログラムに生じたエラー?を
虫と見立ててそういう言い方になったそうで
子供の頃からファミコンとかでなんか変な動作になると
その言葉を使ってた気がするので
馴染みすぎてて気にしてなかったんだけど…

なんだか気になって調べたら
知恵袋へ質問する人も居るくらいなので
やはり知らない世代も増えてきてるんだろう
という自分の勝手な解釈です。
方言とか専門用語くらいの感じなのかな?馴染みの無さが。

たしかにパソコンで作業が多いし
ライブ中も使っててアクシデントも起きたこともありましたよ
けど、そんときは自分の中に「バグる」って単語が
直ぐに出てこなくて
「(アプリが)落ちた」
とか
「エラーを吐いた」
という言葉が先に出てきたりするなー、とも思う
理解不能なエラーの時にバグると言うのが俺の感覚だと気づいたんよねー

そんな感じの言葉ってみんなあるかな?
改めて考えてみるとあると思うので
これかも?っていうのがあったら教えてくだせぇ


そんなこんなで
なんか言葉って難しいなぁ
とふとした事から考えることになりましたとさ
そんな木曜の午後でございました( ー̀дー́ ) 


んじゃ、また!








追記でお知らせ

いい仕上がりでっせ!
お楽しみぃ〜!

↑このページのトップへ