こんばんは、奥森皐月です


2019年春のプリキュア映画「映画プリキュアミラクルユニバース」
を観てきました。


S1.png


今回も小人かどうか疑われ、ミラクルライトをすんなり頂けず
中学生以下しかもらえない)

「14歳です!」と告ってもらいました。

ああ、ライト受け取りもあと2回...


今回のストーリーは、やや子供向けな(って子供向けなんだけど)
わかりやすいストーリー。


高校生プリキュアチームが大人すぎて萌えた。

さりげない野乃はなのエールにも泣けた。

新規(スタプリ)の青さとキラプリ、ハグプリの先輩感は
春映画の特徴として健在。これが好き。


ちょっと残念なのは、春映画はオールスターを辞めてここ数年
ドリームスター(新3シリーズ限定)チームになって、
散漫さがなくなり魅力も増したのに、
今回はモブ的扱いで全シリーズをチラ見せ。


前作の「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」が、かなり完璧な無印を筆頭としたリスペクトだっただけに、
すごく残念な気持ちになった。


ゲスト声優陣は花丸!

我らがウーチャカ(田中裕二さん)は最高ね。

そしてゴー☆ジャスさんがイケボで良かった。


S2.png


肝心なミラクルライトはいつも以上に応援を積極的にさせる仕組みで、
後方列から観劇していた皐月からは
たくさんのちびっ子たちのライトの景色が綺麗で可愛く、
劇場の醍醐味は十分味わえました。


まぁ、負けずに鬼程振ってたけどね。

ここは、パワーの中学生が優ってないとね。

にわかとは違うのだよ!にわかとは!


何はともあれプリキュアは最高。

元気をもらえました。


S3.png


偶然服が似ていた。青木菜々香ちゃんと。

無事に志望していた高校に合格できたみたいです。

華のJKを楽しんでもらいたい。