こんばんは。レベル27の奥田です。

前回の記事では自分たちのことを書きました(読んでくれた人ありがとうございます)が、今回は7/22(土)レベル27も出演させてもらう16ビートアザラシフェスの主催者であるEmu sickSというバンドについて(Wikipedia風ではなく)書きたいと思います。


それではレッツゴー!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Emu sickS

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2341.JPG

◆Member

 【L→R】16ビートはやお(Dr) 大善(Ba) 中嶋(Vo&Gt) 山口(Gt)

 

◆About

 朴訥とした若者が奏でるダンス・ミュージックは日常をえぐるほどエモーショナルだった…!

 2008年某日、大阪・堺にて結成。 『浪速のBloc Party』の異名を持つとおり、そのサウンドはポスト・パンク・リヴァイバルを彷彿とさせる。しかしながら、そのサウンドに乗せられる歌は、日常の生活にどこか疲れた若者の等身大が切り取られている。

 そんな彼らのライブは平日の鬱積を晴らすかのごとくエモーショナルが炸裂し、共感を呼び、ここ最近間違いなく注目を集めている(と信じている)。

 

◆Other

 『16ビートアザラシコンピ』と銘打った16バンド参加無料コンピを2015年より毎年主催して配布している。参加バンドの物販は勿論、ライブハウス、各地のレコードショップに設置してもらうなど、全国各地に展開し、どの箇所でも反響を呼んでいる。「単純にライブが良いと思ったバンドが広まって欲しい!(ついでにEmu sickSのことも知ってほしいな…!)」との願いが込められているため、受け取ったことのあるそこの貴方、良いと思ったバンドのライブに是非足を運んでみてくださいね!! 


(公式ホームページより引用)






ふむふむ、と最後まで読み終えたところでまずツッコミたいのが、◆Member【L→R】16ビートはやおのところ。



僕を含め、Emu sickSが好きな人はもう麻痺してしまっていると思うのですが、16ビートはやおという名前、冷静に考えて変じゃないですか?





16ビートとは


  • 16ビート(シックスティーンビート、じゅうろくびーと)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で16分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持つ。ジャズとロックが融合して、1960年代後半に生まれたとされる。フュージョンのスタイル。ベースとなる音の数が多いので、ドラムスの演奏では難易度は高い。(Wikipediaより引用)。



なるほど。
要するにツクツクタン、ツクツクタン的なリズムでドラムを叩くということですね。

文字ではわかりづらいので、実際に映像で見てみましょう。































はっやい。




再生後7秒辺りから16ビートが始まっていますが、16ビートはやおという名前が相応しすぎる速さです。18秒以降はもう速すぎて止まってるように見えます。


格式高い音楽家やドラム講師の方に「そんなに速くしちゃいけないよ!」的なことを言われてしまいそうなぐらい速いですが、そんな理屈を超えてかっこいいです。

何より僕ははやおくんのドラムが好きです。めちゃくちゃかっこいいもの。


ちなみに彼はライブでアンコールがかかったときに出てくるのもはやいです。

見習いたい。




さて、16ビートはやおという名前の由来もわかったところで、次はEmu sickSというバンドについて書きたいと思います。



結成が2008年ということは、来年で結成して10年になるということですよ。

10年間同じメンバーで活動し続けるということは本当にすごいです。なんせレベル27は結成して半年足らずでドラマーが脱退しています。





さあ、ここでそのキャリアに裏付けられた彼らの楽曲を聴いてみましょう。





Screw Driver(2014年)


ボトルシップ(2015年)

ファイアーバード(2016年)

トランジスタ(2017年)






















かっけえ…





16ビートはもちろんのこと、イントロのギターリフがめちゃくちゃかっこいいです。

Emu sickSは始まった瞬間にテンションが上がる曲だらけなのですか、どの曲もイントロがかっこいいからだと思っています。
更にそこにグッとくるメロディラインの歌が乗っかって、歌えるギターリフ+歌いたくなるメロディという最強のコンボが完成です。1ターンでサレンダーです。



話は少し変わりますが、僕が所属しているレベル27というバンドは結成して1年ぐらいです。
ただ、僕個人としての音楽歴は7〜8年になります。

そんな中でのEmu sickSとの出会いは2012年のこのイベントでした。

xFXeydKXIm.jpg



僕はHOLGAというバンドで活動していて、この時点で解散することが決まっておりました。




ちなみにどんなバンドだったかというと




































くっらい







お世辞にも明るいとは言えません。


ですが、当時作った曲も詞も全てが僕にとっては宝物で、僕の全てでした。



しかし当時の僕は無駄に尖っていた上に臆病だったので、他人を寄せ付けない空気を放っていました。

バンドマンの友達も大阪にはオオタくんしかいません。マジ反省せえの極みです。


先日、16ビートはやおくんがこの日のことを振り返って「奥田くん雰囲気怖いしMCで死にたかったので家から出たくなかったけど今日がんばって来ました的なこと言うし、絶対仲良くなられへんと思った。」と言っていました。








すみませんでした。




そんな出会いだったにも関わらず、今は仲良くしてくれて(いると勝手に思っている)本当に嬉しいです。



そして彼らが主催する16ビートアザラシフェスが明日7/22(土)に開催されます。

我々レベル27の出演も決定しております!パチパチパチパチ!


_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2285.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2286.JPG

※レベル27はFANJ twiceで13:40からです。




さらにこの日から16ビートアザラシコンピという無料のコンピレーションCDが配布開始されます。


我々レベル27もコンビニエンスシンドロームという曲で参加させてもらっています。パチパチパチパチ!


T11Ylc6xO2.large.JPG




この日のチケットはこちらから↓

16ビートアザラシフェス – レベル27
level27.jp



この16ビートアザラシコンピ、収録させてもらうために早めに楽曲を提出しないといけなかったのですが、レコーディングが思ったよりも長引いてしまって、提出するのが大幅に遅れてしまいました。




















すみませんでした。









そんな反省も踏まえつつ

7/22(土)
16ビートアザラシフェス
FANJ twice 13:40〜


レベル27をどうぞよろしくお願いします。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




余談ですが、ボーカルの中嶋くん。

みんなからなかじんという愛称で親しまれています。

でも、中嶋と書いてなかしまと読みます。


ほんのりとSEKAIがOWARIそうな彼。

ありがたいことに彼も僕と仲良くしてくれている(と勝手に思っている)ので、僕は彼を誘って同じボイトレ教室に通っていました。



でも何も言わずに勝手に辞めました。































すみませんでした。
















奥田大地