僕がわざわざ言わなくても「もう知ってるよ!」という人ばかりだとは思うけど、大阪にモケーレムベンベ というバンドがいる。

いないとは思うけど、万が一「知らない!」なんていう人がいたら説明するより聴いてもらった方が早いので、彼らの中で一番新しい(であろう)この曲を聴いてほしい。












生きるの、下手そうでしょう?




何故か水槽に顔をつけながら限界ですと繰り返すボーカル(井澤くん・メガネ)に、大柄でヤンキーみたいな金髪の男(原田くん・ベース)に、ウォーリーの服を着た菩薩(えなりくん・ドラム)の三人組。



三人のビジュアルの差が絶妙にアンバランスではあるが、思えば僕は出会ってからずっと彼らの音楽の虜になっている。



出会ったのは確か8年前の夏。



当時の僕は京都のVOXhallというライブハウスでよくライブをさせてもらっていた。



そのVOXhallが「普段よく出演しているバンドマンを集めて屋上でバーベキューをしながら一人二曲ずつ弾き語りをする」という趣旨のイベントを開催したことがあった。



そのイベント中にVOXhallのスタッフの人が「今日どうしてもみんなに歌を聴いてほしい人がいる」と連れてきた冴えない男(←お前が言うな)がモケーレムベンベのボーカルギター、井澤くんだった。



「彼の歌めっちゃいいから!みんな聴いてな!な!」と散々ハードルを上げられた後に歌うことになってしまった井澤くんは、少し緊張しながらも二曲弾き語った。




…大喝采だった。



冴えない彼の歌を、その場にいた全員が大絶賛した。



センセーショナルすぎる出会いだった。



それからちょくちょくライブを見に行ったり、共演させてもらったりするようになる。


会う度に井澤くんは僕の背中を押すような言葉をくれたり、原田くんは何かしらに怒っている話を聞かせてくれたり、えなりくんは僕の両脇を掴んで僕を上に持ち上げたりした。



えなりくんのこの謎の行為は会う度に続いた。



どういう意味があるのかはわからないがスキンシップの一環だと思う。とはいえ痛い。脇が。



そんな中、いつぞや見た彼らのライブで、井澤くんがまばらなフロアに向かって「俺らの音楽は〇〇っぽいとかじゃなくて、例えばバンプっぽいとかそういうのならバンプっぽいものが好きな人たちに届くかもしれないけど、俺らの音楽はそうじゃないから、すぐに届かないかもしれないけど、俺らはこの音楽を演奏し続けます。」と言っていたことがあった。




死ぬほど胸に響いた。




モケーレムベンベにしか作れない歌が、いつか必ずモケーレムベンベの歌を必要としている人たちに届くと思った。



そしてそれから何年も経った今、彼らの歌はちゃんと彼らの歌を必要としている人の元にどんどん届いている。



満員のフロアを見て何度も泣きそうになった。




そんなモケーレムベンベが僕らのことをツアーファイナルに呼んでくれた。




2018/12/7(金)
大阪南堀江knave
モケーレムベンベ presents 「ベアフットエイジーズ10」
出演:
モケーレムベンベ
メメタァ
レベル27

open 18:30 / start 19:00
adv2,500 / door3,000(別途1D600)

※各バンド40分ステージです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3316.JPG




今までも何度か呼んでくれてはいて、出演させてもらったりスケジュールの都合で出演できなかったりと色々あったけど、彼らが今年の6月にリリースした「↓ため↑+K」というCDのリリースツアーファイナルであり、記念すべき10回目の「ベアフットエイジーズ」という自主企画に呼んでくれたことが本当に嬉しい。




オファーメールに



"毎回妥協なく自分たちが本当にかっこいいと思うミュージシャン達に出演をお願いし、
大切に制作してきた自主企画『ベアフットエイジーズ』

節目の10回目であり、リリースツアーファイナルでもあるこのタイミングで、ぜひまたレベル27に出演してほしいです。"




と書いてあった。






正直、めちゃくちゃ嬉しい。





どの日もそうだけど、この日は普段より一層背筋が伸びる。





ちゃんとレベル27の、レベル27にしかできないステージにする。





感謝と敬意を込めて。






是非来てね。




↓チケットは↓





そういえば去年企画に呼んでもらったときに、MCで「えなりくんが僕の両脇を掴んで持ち上げてくるんですよね…。」的なMCをして以来、僕はえなりくんに持ち上げられていない。



彼らにとって節目となるこの日、満を持して僕は持ち上げられるのか…。



乞うご期待!(何が)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



▼その他ライブ情報


2018/12/26(水)
大阪福島2ndLINE
「大忘年会」
※出演者多数(画像参照)

open 12:30 / start 13:00
adv1,400 / door1,900(別途1D600)

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4055.JPG

↓チケットは↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2018/12/30(日)
大阪南堀江knave
ASR RECORDS presents「STAR FESTIVAL 2018 冬」
出演:
スキッツォイドマン
モケーレムベンベ
それでも尚、未来に媚びる
The BEG
ロボトミートロボ
穢土川番狂わす
さんかくとバツ
理科室コーヒー実験ブレンド
レベル27

open 13:30 / start 14:30
adv2,500 / door3,000(別途1D600)

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3877.JPG

↓チケットは↓


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2019/1/5(土)
大阪福島2nd LINE
教育番組×若いバンドマンを応援したいおじさんbot主催「教育的大運動会」

出演:
教育番組
あの娘はウォンバット
さらばルバート、空を飛ぶ
chelovek.
密会と耳鳴り
卯ノ花クダシ
CoCoCinema
レベル27

open 15:00 / start 15:30
adv3,000 / door3,500(別途1D600)

※レベル27は18:30〜の出演です。

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4123.JPG


↓チケットは↓



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019/2/23(土)or2/24(日)
「DIPLOMA CIRCUIT 2019」

大阪・中津で開催されるサーキットイベントです。


※入場無料!

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3965.JPG