日本経済新聞 連載『満身創意』の第27回が更新されました。



また、以下のリンクからアーカイブもご覧いただけます。


(31) ホッピング腕立て伏せ

通常の腕立て伏せよりも強くプッシュし、身体を浮かす。身体が浮いた際に拍手を行う。




(32) 腕立て伏せ(仰向け)

台や椅子などを使い、うつ伏せの状態で膝を軽く曲げて構える。肘を極力深く曲げ、その際には腰をつけないようにし、構えた姿勢を保持する。



(33) 腿上げまたぎ

台や椅子などを使う。片脚を腿上げの姿勢で上げ、脚の姿勢を崩さずに台をまたぐ。支持脚は伸ばした状態(膝を曲げない)を保つ。腕も走る際のフォームを作る。


(29)腕立て腿上げ(正面に引き付け)

腕立て伏せの姿勢で、片脚だけ腿上げ動作を行い、膝が胸につくように引き付ける。腿上げ動作の時に、腰が上に上がらないように注意し、腕立ての姿勢が変わらないようにする。


(30)腕立て腿上げ(横に引き付け)

腕立て伏せの姿勢で、片脚だけ腿上げ動作を横方向に行い、膝が脇につくように引き付ける。腿上げ動作の時に、腰が上がって腕立ての姿勢が変わらないようにする。

 【杉本龍勇監修】

↑このページのトップへ