先月から12曲ほど書いた。書いた数などどうでもいいのだけど、自分がなにかをやった、という実感を少しでも持ちたくて、こうして書いている。

曲作りをして、練習をして、自主的にトレーニング的な事をして、絵を描いて、こんな風な毎日を続けて、そりゃあもう、社会性なんてものがなくなっていくのは当然といえば当然と言える。でも中途半端に対応策を持っていて、挙動不審なのがバレないように、「ゆっくり落ち着いてはっきり話す」という演技ばかり。いつも少し経ってから自分に辟易。

北海道札幌市の冬が来ている。毎年鬱陶しいだけの冬。嫌になる。降り始めの雪は綺麗だと思っても、一週間も経てばこんな地域に住んでいる事に後悔する。でも自分のような性格は、どうせどこに住んだって同じように後悔する。

それにしても、「ツイッターやブログに出来るだけ本当に思った事を書こう」と思えば思うほど、書き終わる頃には最初に自分が書こうと思ったこととは全然変わってしまっていて、書き終わってからの自分を落ち着けて騙すことばかり上手になっていると気づく。

一定の方向に自分を持っていくことは時には必要だと思うのだけど、尖り方を間違えるのはなんだか格好悪い気もして、かといって丸くなるにはもう遅すぎる気もしてる。正直気にくわないバンドもシンガーソングライターも山ほどいるし、出来るだけ人と関わりたくないけれど、そうも言ってられない。上がったことがないのに落ち目の気分ってなんなんだよ、って思う。

そういえば今更だけど、今年結婚した。だからといって歌や曲がどうなるのか、ってことは別にない。これを見てるあなたが結婚に対してどんな印象を持っているかはわからないけど、別になにも変わりません。あなたにとって一つの事が良好になったからと言って、それで人生全部どうにかなる、なんてことはないでしょ?ただなんか言わないのも気持ち悪くなってきたから。まぁなんだ、もしもそれによって楽曲に感情移入できなくなった、とか言う人がいたら、それはこちらから願い下げ。想像力が極端にない人は嫌いなので。
よく「温かく見守ってください」って結ぶ人いるけど、見守らなくていいです。ひたすらにほっといてほしい。


いつも架空の人間に怒ったり恨んだりしているので、なにもしていないのに自分自身に静かにしてほしいと思うことがよくある。


いいね!ボタンもYoutubeの評価も、全部なくならないかな。いちいち一喜一憂したくない。いくらいいね!されたって、忘れられたら意味ないし。というか、歌を聴いてもらったり、会場に足を運んでもらったり、なにかを買ってもらわなくては続けられないもんな。すぐ傷つく自分を脱ぎ捨てたいけど無理。