向上心のないバンドマン 抱かれて私は家に帰る
何かに照らされて光るあの月はなんで 怒られない?
平常心しかないから 浮かれた他人が疎ましくて
だけど多数決をとれば 私が異分子でそれから悪

毎週末の九時半に 大抵全部が終わる
最低限のハードルも飛べない私の非行
最終回のエンドロールで死んだ少女がかぶる
眠るように逝けるならそれもいいかと笑う


「愛してる」の重ねがけが 私の心を独りにした
「どうか元気でまたいつかね」なんてね どうせ会わないけど

毎週末の九時半に 大抵全部が終わる
最低限のハードルも飛べない私の非行
最終回のエンドロールで死んだ少女がかぶる
眠るように逝けるならそれもいいかと笑う


虚構の街は 明かりを消し 群青の孤独の時間を止め
失くした罪の欠片まで 飲み込み 私を許さないのだ