初めてもらったプレゼントは 「正しい資格の取り方」 
未来永劫 安泰はないが せめて安全な道に行け
受け取って数ページ読んで すぐに捨てる勇気はなく 結局数年後 引っ越すまで 本棚の一番左にあった

共感のできる歌が減った 死にたい 消えたい も飽き飽きだけど
他人が歌った哀しみは きちんと他人に届くのな
僕が歌った不安や罪は 誰の元にも届かずに
古びて腐って土にも還らず 無価値な希死念慮としてゴミ箱へ

こんな歌も聴き飽きてるんでしょう

ワンマンで200人越えたあたりから 謂れのない悪口を言われるようになって その街でLIVEもやらなくなって 傷を舐め合う仲間もいないから 曲を書いて絵を描いて手遅れの社会性
「今度また会いましょう」なんてもうやるせねぇ
生きてても死んでても どっちでもいいけど
後味の悪さだけは残すなよって 思っているんでしょう

選挙カーだらけのSNS お前ら皆事故ってくれないか
見ているだけで辛いからって 僕が消えた方が早いか 
生きてる資格はどこにもない 価値の大きさの化かし合い
お父さん お母さん 呼んだ事ないけど  僕は失敗作でした

最後にもらったプレゼントは 「正しい老後の生き方」
もらってすぐに捨てていた ずっと前から死んでるみたいなもんだから