宣言から1週間経ってももやもやするのですが。

いきものがかりはよく知らないので、ファンの方が見ていたら申し訳ないですけど……


▼これ。ラストは「放牧!」で締められる
m1wgwhzy3L.jpg


なんか

上手いこと言ってる風ですけど


いやいやいやいや


あなたたち、


「生き物係」じゃないですか。


北大とかならいざ知らず

一般的な生き物係、


牛飼わないじゃないですか。



どちらかと言うと「放流」だけど
それも上手くない

飼ってる生き物放すのは
倫理的にNGだし

飼ってる生き物がファンだとするなら、
ファン棄てるの?!って感じだし、 


てか、何よりこの点なんですけど


そもそも


あなたたち、


「生き物係」じゃないですか。


何いきなり生き物側になってるの?


これは由々しき事態ですよ


ある日クラスの生き物係が

「俺たちはそれぞれ自由になりたいんだ!!放牧!!!!」とか言って

牛の真似してクラス飛び出したらどう思います?

狂気の沙汰ですよ。


「生き物係」という人間の理性と役割を放棄し、僕たちは動物になるんです!!という暗喩だとしたら
それはそれでロックだが、
そんな社会派バンドでは無いはずだ。



生き物+それぞれが自由になる→「放牧」じゃん!!!!って発想なんだろうけど、

なんとなく過ぎるし、
「放牧」っていうワードには
致命的に違和感を感じる。


私は小説でもなんでも
世界観が壊れる瞬間ってもう駄目で。
あ、詰めが甘いな、というか
リアリティの無さを感じてしまう瞬間。

小説だったら「この作者、絶対このシーン自分の体験じゃなくて想像で書いてるな」というのが
明らかに分かってしまうページとか。

そういうのが1つでもあると、
期待を裏切られた気持ちになって
以降その作者の作品を追うのを辞めてしまう。


それは実際にありうる設定かどうかじゃなくて、
その物語の世界観に則った時に
リアルに見えるかどうかであって。


例えば『シン・ゴジラ』は、設定はファンタジーだけど
こういう設定だったら、きっとこうなるよね……というシミュレーションを徹底してるので、ものすごくリアルなんだけど。

例えば『聲の形』は、設定はそれっぽいんだけど
貧乏な家の主人公が自分の過去を償う為に3年間かけて貯めた100万円?を
母親が「そんなものは受け取らない」って言って燃やすシーンがあって、
「いやそれ絶対燃やさないでしょ」って思ったらもう駄目だった。


荒木飛呂彦先生も『荒木飛呂彦の漫画術』の中で、
漫画の基本四大構造に「世界観」を挙げていて。

荒木先生の初期作品の失敗で、現実はディーゼル車が走る鉄道を、感電させるというストーリー上無理矢理電線にしたところ
読者から誤りを指摘され、その人はそのページ以降世界に入っていけなくなってしまった……と書いていて、
その気持ちめっちゃ分かる……!!と思いながら読んでた。


「いきものがかり」という世界観にのっとると、「放牧」という言葉は全くリアルでなくて。

休止前の最後の最後で、
世界観を壊すようなプロモーションしてしまうのは、
元々ファンではないのだけどすごくもやもやしてしまう。


だけど「いきものがかり」はあれだけ人気を得ている訳だし
世間で「放牧」という言葉への違和感も特に聞かなかったから、
これはこれでいいのかもしれない。

多少の矛盾は承知の上で
敢えてそうしてるのかもしれないし、
違和感よりも「可愛い!」って思う人の方が多数派なのであれば
大衆商業としてはそっちに合わせにいくべきだろう。

正しい言葉を〜なんてのは、
単なる私の好みであって
絶対的に正解ではないとは思ってる。
時代や文脈により言葉なんていくらでも変わるものでもあって。
(そもそも私もブログは日本語の法則を相当無視してる)


でもそれでもやっぱり私は、
私の好みとして
「放牧!」はおかしい!!!!と言いたいというか

同じ時間を使うなら
「世界観」に浸れる作品に、
時間を使いたいなあって思います。


年末年始で東京帰って、改めて「私の父親って色々とアレだよなあ……」と思ったので備忘録でも。

父は元新聞記者で今は定年退職してますけど。何というか発言とか、諸々見ててハラハラするんですよね。

例えばですけど、うちの両親は私が小さい頃に別れてるんですが、
父と父の今の奥さんと食事してて

父「いやーー君のお母さんの実家はお金持ってたよねえ!そうと知ってれば別れなかったんだけどなあ!」などと
「その全方位を敵に回す発言必要??!!」と、奥さんと一緒に全力で突っ込んだり


母曰く、携帯も無い時代に急に帰って来なかった時があり
あと一歩で警察呼ぼうか……という時にふらっ、と戻って来て「いやーーなんか山登りたくなってさ、」とか、そんな感じだったらしい。


母はむしろ常識にガチガチに縛られてるタイプの方なので、どう考えても明らかに父と合わないんだけど、結婚まで突っ走ったのは若い2人の恋の為せる業だったのか何だったのか。
これまた今の奥さんが横に座ってる時に、私に向かって「いやーー昔はな、僕は本当に君のお母さんが好きだったんだけどな!」とか言い始めて
「その発言必要??!!」などと奥さんと一緒に全力で突っ込んだりとか


まあそんなこんなで、お正月に姉と姪と父の家に遊びに行った訳ですが


▼父から姪へのプレゼントは積み木。あら可愛い。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6120.JPG


▼父から私へのプレゼントはミーアキャットのカレンダー。え、なんで……??
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6092.JPG


父「ミーアキャットはなあ、こうして世界を見下ろしてる感じがいいんだよ!」


〜トークタイム〜

父「お前は理論物理でもやってみたらどうだ?」
私「え、なんで??」←文系卒営業職
父「なんとなくだ」
私「……うん」


ちなみに前回会った時は「手タレになれ」と言われた。やだよ。


▼そして奥さんの作るおせちが素晴らしい。見た目だけじゃ無く、ダシが繊細に効いてて、本当に料亭みたいな味だった。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6088.JPG


てか何を言っても許してくれるこの奥さんが居るからこそ今の父は成立してる訳で、
心の底から感謝した方がいいと思う。マジで。


〜トークタイム〜

父「お前は恋人は居ないのか?」
私「居ないよ」
父「何だ上手いことやってねえじゃねえか、結婚はしねえのか」
私「あんまり結婚願望は無いけど……でも彼氏は欲しいかなあ」
父「それは結婚したくないけれど子種は欲しいってことか?」
私「……」


ちなみに前回会った時は「お前ぶっちゃけて聞くけれども、生理不順は無いのか?」という謎のぶっちゃけ方をされた。


そして10年前に父と一緒にネパールを旅してた時、山奥の村で見つけたシンギングボウル。(チベット僧が瞑想で使う法具)

「絶対に要らないから、高いから、重いから!!!!」って何度も止めたのに、結局父は2万円で購入、
山道歩きながら「重い……」と案の定ずーーっと後悔してたあの時のアイツが

まだ捨てられずに残ってた。


▼こちらが一般的なシンギングボール。大体手のひらサイズ。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6245.JPG

▼父が山奥で買って来たシンギングボール。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6158.JPG


デカ過ぎるだろ。


▼10年の時を経て、シンギングボールは今、晴れて姪のオモチャになった
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6157.JPG


あと「こうすると頭良くなるから!」と、
頭の上でシンギングボールぐわんぐわん鳴らされた。


今でも自信持って言える。


不要だと。


▼いらんやろ
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6158.JPG


まーーてな感じで100喋れば90くらい危うい会話しか出来ない父ですけど、たまーーに10くらい興味深い話はしてくれ


例えば新聞記者時代の話で、
天安門の政府行事に招待されて50万人の群衆を見下ろす側の席に座っていことがあるらしいのだけれど。

その席に居てどんどん訪ねてくる大量の群衆を見ていると
段々と勘違いして気持ち良くなってくるらしく、それはその時隣に座ってた有名な画家も同じだったらしい。


「特に君の住んでる京都なんてのは、権力を巡ってずっと命懸けの争いをして来た土地であって。」

「権力には人を狂わせる力があり、
アーティストだろうと、君だろうと、
それに取り憑かれる可能性はあるのだ」

と。


私は群衆を見下ろしたことは無いけれど、きっと私も気持ち良くなってしまうんだろうなあ、と。

別に現代は命懸けで権力を争う様な時代でも無いけれど。今でも肩書きなんてのはそうだし。人によっては社格とか、年収とかで気にする人も居るかもしれない。

権力→自分の力の誇示→自分の証明・承認欲求とするなら
小さな話、例えばブログならいいね!とかシェアを集めて数えてしまうのも似たようなもんであって。
1つの指標として追うべきではあるんだけど、それで気持ち良くなってしまう危うさはやっぱり感じる。


そんな時は、父親のこの話を思い出して立ち止まる。

今自分は、やりたいことの為とか人の為とかじゃなくて
ただ単に、権力に取り憑かれて居ないだろうか、と。


という感じでまあ、父親は若干ギリギリな人ではあって、離れていく人は離れていくのだけれど
それでもその10の部分に惹かれて「まあこいつはこいつだからな、」って思ってくれる人が、人間関係で残ってる印象だ。奥さんもそうだし。

万人に好かれようとしなくたって、こういう生き方もアリだよなあ……とは思う。


ついでに父親の家の本棚にあった深海生物の本も貰って帰りました。


▼サナダミズヒキガニのページに付箋が。気になったらしい。
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6243.JPG


「底引き網船で採集されますが、脚が折れやすく、完全な個体はまれにしか採れません。」

水深80〜300mらへんに住んでるらしい。

---------------------------------------------

おかださいこ

【別ブログ】

◾︎ドラクエから人生を紐解くブログ

 ドラクエ好きに悪い人はいない

◾︎日常のぐだぐだや旅日記

 文化祭でうろうろするタイプ 

【更新情報は下記から】

◾︎Twitter Facebook

---------------------------------------------

Instagramでお洒落料理アップしてる女子ってマジでお洒落ですよね。
センスとしか言い様がないけど、なんであんな品数を、あんなに美味しそうに、お洒落に、作れるんだろうか。

私もあんなの作れる様になったらインスタにアップしてみようーー♡と憧れつつ、自分しか食べないんじゃ練習するモチベーション湧かない。そこまで上手くなるの待ってたら永遠にアップ出来ない。


「逆に先にアップしてしまった方が上手くなるんじゃないだろうか」ということで、#お洒落インスタ料理女子への道  というハッシュタグを勝手に作成、勝手に自身の成長を追う自主ドキュメンタリーを開始してみた。


▼記念すべき第1回
ikt0tBHXYa.jpg

元々そこまで料理は下手では無い。
しかし差して上手くも無い。
そういえば中二までハンドベル部と料理部を兼部してたけど、料理部の方はほぼ漫画描いてただけで終わった。

たまーーに誰かに料理作ったりすると「菜子が作るならもっととんでもないものが出てくると思ってたのに……意外と普通でショック……」とすら言われた。一体みんな私に何を期待しているのか。


要は、中途半端なんですよね。
なんならもういっそ「え、菜子って料理上手いの……?!」みたいなキャラ目指した方がいいんじゃないか。


▼第2回。品数を増やしたもののやっぱり何か足りないお洒落感……
aLguEFPsWZ.jpg


薄々感じてはいたもののやっぱ器がイマイチだ、お洒落器の調達が必須だと、1人家から片道2時間かけて秋の丹波焼まつりへ。大量に和食器を購入。


▼最高の祭だった。超楽しかった。この日に戻りたい。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5159.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5183.JPG


道中作業するのにPC持って行って大量に器買ってさらに乗せられて日本酒まで買って肩外れそうになったし翌日筋肉痛に襲われた。

あと、友達に勧められ料理女子の最高峰・木村文乃(#ふみ飯)をフォローしたことで、「お洒落女子は木テーブル」というポイントに気付く。


▼最高の和食器を木テーブルに迎えて臨んだ第4回。ちょっと近付いて来た手応えがある……!
cz_ha914BF.jpg


この木テーブルは本来食卓ではないので、
毎回撮影してから移動させるという地味な作業が発生する。


▼「え、白菜丸ごと……?!」とややざわついた第7回
jNyCF6Kdv5.jpg


▼第9回。和食はほっとする……
0B4G1tpV2w.jpg


▼そして記念すべき第10回、自主クリスマス
lN6Y1ItDtO.jpg


書籍化を狙うには遥か遥か程遠いけど(※狙ってない)
第1回から比べるとそれなりにそれっぽくなって来たなーーと。

やっぱ、物事の上達には下手な段階から「人目に晒す」が必須だなあと改めて……
自分でももっとちゃんとしなきゃって思うし、他のお洒落料理も意識して観察する様になるので、ちょっとずつポイントも掴めてくる。


そして、何人かのお洒落料理女子をフォローしてて気付いたんですけど

共通点として、彼女ら、


漏れなく全員旦那が居るんですよね。


「1人でやってます」って人、誰も居ない。


ベンチマークにしてた木村文乃も第8回あたりで駆け抜ける電撃結婚報道、というか私木村文乃と同じ10月19日生まれのAB型なんだけど星占いは一緒の筈の文乃と私は一体どこで道が分かれたんだろうか

報道後、「(一緒に食べる時間も合わないし)ふみ飯は紛れもなくどちらか1人分なんです」って本人のコメントあったけど、「いや一緒に食べてないだけで食べる相手は居るし結局2人分じゃん!!!!」って全力で突っ込んだけれど


とにかく、1人というのはモチベーション的にも品数的にも(材料余るから多品種作りにくい)圧倒的にディスアドバンテージなのだけれど


自分の為に手間暇かけて料理を作るって

究極的に自己愛の行為だよなあ……と。


平日にダシから取って煮物作って、翌日仕事からヘトヘトに疲れて帰って来たら、昨日よりももっと優しくなった味の煮物が待っててくれた時、救われた気持ちになって

家で誰かが出迎えてくれた様な気がしたというか、変な話、結婚したくなった。私と。


落ち込んだり疲れたりすると、自分の頭を撫でてあげたり自分を抱き締めてあげたくなるけど、しかし自分は分裂出来ないので、自分の中に小さな自分を想像して「まあまあ……それなりによくやってるから……」ってその子を宥めるのだけど

自分に愛情込めて料理を作るというのは、それを具現化する行為に近い。


一方で、振り返って思うのは、思えば私って好きな異性にきちんと料理作ったことってないよなーー……と。一緒に鍋物くらいならあるけど。

手作りを押し付けることが必ずしも良いことだとは思わなくて、私が作るよりも京都なら外に食べに行った方が美味しいものたくさんあるし……とか、手際悪いところ見られたくないな……とか、緊張してもし失敗したらそれを無理に気を遣わせて食べて貰うのは申し訳ないな……とか、色々色々考え過ぎてしまう。


だけど、美味しくないかもしれないもの迷惑かもしれないもの、ある部分でそういう自分勝手なものを、無邪気にぶつけられないというのは、愛情を他人にぶつけられてないことの象徴でもある様な気がして。


どうしても料理が苦手な人も居るだろうし、料理を作ることだけが愛情ではない。だけど、愛情の1つの形だとは思っていて。

自分の為には料理が作れるのに、他人の為には躊躇するというのはまだまだ自己愛の方が強いというか。そういうところが私が1人で居る所以なんだろうなあ……という気もしてしまうのです。


兎にも角にも。
単純に何か物を作っているのは好きだし落ち着くし、
自分自身の心も体も大切にする為にも、
まだ、ここにない、ダンナの為にも(果たして居るのか)
これからも料理は修行積んで行こうと思うし


これから先、私の料理の品数が急に増え出したら「ああ、そういうことなのね」と暖かい目で見守って欲しいし
逆に一切増えなかったら「ああ、そういうことなのね」とそれはそれで暖かい目で見守って欲しい。


インスタ↓


---------------------------------------------

おかださいこ

【別ブログ】

◾︎ドラクエから人生を紐解くブログ

 ドラクエ好きに悪い人はいない

◾︎日常のぐだぐだや旅日記

 文化祭でうろうろするタイプ 

【更新情報は下記から】

◾︎Twitter Facebook

---------------------------------------------


↑このページのトップへ