怒りを感じるときは、
それを誰かほかの人に投げつけても
抑圧してもいけません

それは、
ポジティブな方向に変容させることのできる
すばらしい現象です
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6684.JPG
禅の学生が盤珪 ( ばんけい ) のところに来て言った。

「マスター、私には自分ではどうしようもない怒りがあります。どうしたらそれを鎮めることができるでしょうか?」 

「その怒りを私に見せてごらん」と盤珪は言った。「おもしろそうではないか」 

「いまはそれはありません」と学生は言った。
「ですから、お見せできません」 

「そうであれば」と盤珪は言った。
「それがあるときに私のところにもって来るがいい」

「ですが、たまたまそれがあるときにそれをもって来るわけにはゆかないのです」と学生は抗議した。

「予期せぬときにそれは湧いてきます。そして、それをあなたのところにもって来る前に、私はまちがいなくそれを失ってしまうでしょう」 

「そういうことであれば」と盤珪は言った。

「それはあなたの本性の一部ではありえない。もしそうであれば、あなたはいつであれ、それに私に見せることができたはずだ。生まれたとき、あなたはそれをもっていなかった——だから、それは外側からあなたのところに来たにちがいない。私は提案しよう、いつであれ、それがあなたのなかに入って来たときは、その怒りが耐えきれなくなって逃げ出すまで、自分を棒で打つがいい」 

今度あなたが怒りを感じたら、家のまわりを七回走り回り、その後で樹の下に坐って、その怒りがどこに行ったのかを見守るがいい。

あなたはそれを抑圧しなかった。あなたはそれを操らなかった。あなたはそれをほかの誰かに投げつけなかったのだ ……

怒りは精神的な嘔吐にすぎない……
それを誰かに投げつける必要はまるでない……

ジョギングを少しするか、枕を取ってその枕をあなたの手と歯がリラックスするまで叩くがいい。 

変容のなかでは、あなたはけっして操らない。
あなたはもっと醒めるだけだ。

怒りが起こっている——それはすばらしい現象だ。それはちょうど雲のなかの電気のようだ……

怒りが起こっているさなかでも、あなたが突然意識するようになったら、それは落ちる。それを試してごらん!

自分が熱くなっていて人を殺したいそのさなかに——突然醒める。

すると、あなたはなにかが変わったのを感じる。内側のギア、そのカチッという音をあなたは感じることができる。

なにかが変わったのだ。
あなたの内なる存在がリラックスした。

あなたの外側の層がリラックスするには時間がかかるだろう。だが、内側の層はすでにリラックスしている。協力が壊された……

もうあなたは同化していない。肉体が冷めるには少し時間がかかる。だが、中心深くでは、あらゆることがクールだ……

クールなとき、あなたは全世界を楽しむことができる。ホットなとき、あなたは失われている。同化している。あなたはそのなかでどうしようもなく混乱している。どうしてそれを楽しむことができるだろう? 

これは矛盾して聞こえるかもしれない。
だが私はあなたに言おう、
覚者だけがこの世界を楽しむ。 

AND THE FLOWERS SHOWERED, pp.50-72