あなたのハートが感謝でいっぱいになっているときは、閉じているように見えるどんな扉でも、 さらにもっと大きな祝福への開き口となりえます。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6853.JPG
 禅の究極を達成した女性たちはごくわずかしかいない。蓮月はそうした女性たちのひとりだ。 

 彼女は巡礼の旅をしていた。

 日が暮れるころある村に着いたので一夜の宿を求めた。だが村人たちは扉を手荒く締めた。彼らは町の伝統的な仏教徒だったにちがいない。彼らはこの禅の女性がそこに泊まるのを許さなかった。彼らは彼女を村から追い出した。 

 寒い夜で、年老いた女性には泊まるところがなく、空腹でもあった。

 彼女は野原に立っている一本の桜の樹を拠りどころにしなければならなかった。ほんとうに寒くてよく眠れなかった。それに危険でもあった。野性の獣やなにもかもが。 

 彼女は真夜中に目が覚めた——とても寒かった。

 そして春の夜空に、満開になった桜の花がおぼろ月に向かって笑っているのを見た…
 
 その美しさに圧倒されて、彼女は起きあがり、村の方角に向かってお辞儀をした。 

 宿かさぬ
 人のつらさを
 なさけにて
 おぼろ月夜の
 花の下ぶし

私が泊まるのを断るという彼らの親切さゆえに
私はこのおぼろ月の夜に花の下にいる自分に気がついた 

この桜の花
おぼろ月とのささやき合い
夜の完全な沈黙

 非常に感謝して、彼女は自分の宿泊を断った人たちに礼を言った。さもなければ、彼女は普通の屋根の下で寝ていてこの祝福を逃していたことだろう。

 彼女は怒ってはいない。彼女はそれを受け容れるだけでなく喜んで迎え入れる。彼女は感謝を感じる。 

生は途方もない。
そして毎瞬、それはあなたへの千とひとつの贈りものをもってやってくる。

だがあなたは、欲しがっている自分のマインドで非常に忙しく、心を奪われているために、自分の考えであまりにもいっぱいになっているためにその贈りものをすべて拒絶する。

神はやって来る
——あなたは拒絶しつづけている。
 
生がもたらすすべてを
感謝をもって受け容れる瞬間
人はひとりの覚者になる

あなたが離れていて
個人的なゴールをもっていると、
とてつもない緊張があるために
あなたの覚醒は非常に狭くなります。
あなたは閉じてしまいます。

ただ明け渡しましょう。
存在があなたを運んでゆくのを許しなさい。 
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6793.PNG
 私は、バスで旅行をしていたある年老いた女性のことを聞いたことがある。彼女は非常に不安で、震えながら、運転手にこの停留所はどこかと絶えず聞いていた。 

 彼女のわきに坐っていた見知らぬ人が言った。「楽にしていなさい、心配しなくていいですよ。車掌が停留所を次々にアナウンスしつづけますよ。それに、もしあなたがあまりにも心配なら私が車掌を呼んであげましょう。あなたは彼に自分が降りたいところを告げればいいのです。そうすれば彼はそれを心にとめることができるのですよ。あなたは楽にしていればいい!」 

 彼は車掌を呼んだ。そしてその女性は言った。「どうか覚えておいて。私は自分が降りるところを見過ごしたくないのよ。とても急いでそこに着かなければならないの」 

 車掌は言った。
「オーケー、心に留めておきましょう。あなたが求めなくても私はそこをアナウンスしますけど、あなたの降りるところになったら、とくにあなたにそのことを教えに来ましょう。心配することはありません。それで、あなたはどこで降りたいのですか?」 

 その女性は——汗をかき、震えながら、とても緊張して——言った。
「ああ、ありがとう。心にとめておいてね——私は終点で降りなければならないのよ」 

 あなたが緊張すると、あなたの意識はさらに狭くなる。あなたは閉じてしまう。そしてそのような緊張のなかで、 そのような不安のなかで、覚醒しているのはますますむずかしくなる。エゴとは緊張のことだ。不安を重荷を抱えている……しかも不必要に。 

 さあ、それがバスの終点ならなぜ心配しなければならない? どうやって見過ごすことができよう?

 休むやいなや、 くつろぐやいなや、存在はすでに動いていることを、これらのより高い頂きに向かって近づいていることをあなたは知る。 

 しかもあなたはその一部だ!あなたはかけ離れた野望をもつ必要はない。 

 これが明け渡すことだ。
 くつろいで、個人的なゴールをすべて落とし、成し遂げようとするマインド全体を、エゴの投影をすべて落とし——。

 これが光明を得ることの秘密のすべてだ。
 それは深い休息状態のなかで起こる。 

GUIDA SPIRITUAL, pp.302-303


_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6766.PNG
バラが咲いてるのを見て
この色のすべて
この柔らかさのすべて
この美しさのすべては
種のどこかに秘められていたのだと
考えたことがあるかね?

種だけではバラになるのに十分ではない

それには存在のサポート
ーー 土、水、太陽が必要だ

種は土の中に消え
バラの茂みが育ち始める

それには
空気が必要で
水が必要で
大地が必要で
太陽が必要で
月が必要だ

これらがすべて一緒になって
死んだ石のかけら同然だった種を変容させる

突然 
変容が…

そのバラの色
その美しさ
その芳香は
すでに存在にそれがない限り生じ得ない

すべて隠されていたのかもしれない
種で覆われていたのかもしれない

だが 起こることはすべて
すでにそこにあったということだ

潜在力として

Osho

↑このページのトップへ