早朝の高速バスに揺られ着いたのはここ。風穴。冷凍庫みたいに扉もないのに、この氷柱!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1093.JPG
地上から階段を15段ほど降りて、ウルトラライトダウンをはおる。その後は手袋が欲しいくらいな気温。

風穴から氷穴(両方とも↑氷の柱がある)まではもちろん樹海を散策。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1107.JPG
車で移動する人が多いのか、意外に人と会わない。
樹海特有という、根が地上に出ている樹々の間をてくてく。

足元には溶岩。
樹々はその溶岩を時に丸抱えするようにして、その下からも大地の滋養を得ようと根を伸ばす。

さすが、日本のパワースポット。
身も心も洗われる穏やかさ。

しかし…
ふと、苔に手を当ててびっくり。
コケなのにカサカサ。潤ってない。
ん?秋深くもなく、ましてや冬でもないのに、すごいカサカサ。

そう思って見回すと、こんな幹からキューティクルみたいに、樹皮がはがれている樹がたくさん!!↓
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1110.JPG

富士山が世界遺産に登録されて、来訪者が増えたからなのか(私もその一人だ(^^;;)、地下水脈に何か変化があったのか…。

中には、↑のような状態を通り越し、幹がさるすべりのように、つるりんとなって(樹皮が剥がれ落ちたみたいな感じ)いるのもかなり見かけ、心が傷む。

散策して着いた先の氷穴では、ジャングルクルーズの案内のお兄さんみたいな人が入場制限をテキパキこなしていたが、入った後も変わらずディズニーランド的な長蛇の列。↓
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1118.JPG
昔は、ここから氷を切り出し、早馬で運び、お殿様に献上していたのだそう。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1124.JPG
人間がひとり生きている時間はほんの一瞬。
何世代もの人間が目の前を通り過ぎていくのを、ただ見守ってきた樹海。

その樹海が潤ってないのは、こりゃ、いかん!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1130.JPG
そして、
バスを乗り継いで向かった、富士山周辺の浅間神社で私が一番好きな北口本宮浅間神社では、なんと例大祭に遭遇。なんてラッキー🌟

摂社末社すべてにお詣りし、ふと…
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1132.JPG
神社修復の寄付金を募っている看板を見つけたので、心ばかりを奉納。
浅間神社が護って下さってる富士山麓の大地が元気を取り戻すようにと祈願。

そしたら、そしたら、
巫女さんが御礼にと
『ミニ富士山サブレ 春!』を下さった💕
↑(注) サブレの名前に、" ! "が入ってるw

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1142.JPG

ご神木に見守られながら、北口本宮浅間神社を後に…。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1135.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1137.JPG
今日もご機嫌な一日だった。


つなぐひと 石原来美 rss





周りにちょっといないような、変わった人生を歩んでるらしく、また、ヘッドハンターもしていたことがあるので、キャリアカウンセリングで、人の相談に乗ることがある。(普段、ヨガだのアーユルヴェーダだの言ってるのとは違う側面も持ってますw)

GWやお盆、暮れなどは、世の中がおやすみモードなのをよそ目に、そんな相談がちらほら来ることも。

uPvwLXQTpG.JPG

相談ごとのタネは、必ず、過去か未来にある。

これこれこういう経緯で、いまこうなってしまった。どう対応しよう?
あの時あゝすれば良かった…。
いまは良いけど、将来が不安。


お金を積んでも、スマホを閉じても、
時計は戻らない。

でも
起きたことは変えられないけど、
いま自分ができる
最善のことは、誰でもできる。

そう思って、
今以前への想いをリセットすれば、
いま最善のことをしている自分に、
きっと満足するに違いない。


未来は、今の連続だから、
今に満足している自分でい続ければ、
未来は、結構まんざらでもない、
もしかすると、
かなりステキな感じになっているんじゃないかと思う。


不安や心配はおおかた、
まだ起きていないことに対して
もしかしたら…が、
高速リピートモードになってる結果の産物。
それは、まるで自己暗示のレベルになっちゃってるくらい、の場合も。


まだ起きていないことは、
自分がこれから引くかもしれない風邪、
みんなに平等に訪れる死の他にも
たくさん、たくさん、ある。

今まで通ってきた経験と、同じ、くらい沢山。


でも
未来は
読んで字の如く、未だ来てない、起きてないもの。

まだ起きてないことに
目を奪われ、
心を奪われ、

今に生きないのは、
ちょっともったいない。


そんなことをしていたら、
未来をつくる今が、
空っぽのまんまだから。

だって、
心が今にない、今を過ごしていて
自分がイケてる!と思う今が出来っこない。

未来は、今が、原材料。

今は、過去という材料でできている。





はかない桜と同じく、この、やがて濃い夏の緑へと移ろいゆく、初々しい新緑に逢うのが好きです。

zGrdFNo07h.jpg

ちょっと今日はこもり作業があったので、合間を見て、ちょこっと外出。
美術館の塀を越えて、春を告げる新緑。


北海道の、わっ!と来た春みたいな、
フランス・プロヴァンスを6月にドライブした時に巡り会うのと同じ、

このみどり色。


窓を開けて、車を飛ばした時に、
口を開けて、全部の空気を吸い込もうとして、
吸い込めなくて、
でも、その溢れるほど在るさまが、

嬉しくて、うれしくて、
なんか理由もなく切なくて…

って感じの、春なんですよね

私にとって。


で、街中を歩いていたら、
ツツジがポンポンみたいに
ご機嫌に青い空に向かって咲いるのを発見。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1007.JPG

すぐ横を
車がびゅんびゅん通っているのに
お構い無しで、ご機嫌で…、

こりゃ、人間も
真似っこして
もうちょっとだけ
無条件にご機嫌にならないとね🌟


なんて思った今日でした😃


↑このページのトップへ