月別アーカイブ / 2017年01月


(応援者追記あり)

本日、LINEブログ界の女神であり

三大美人LINEブロガーの一人として有名な

「空条れいれい製作委員会」さんが

南三陸ねぎブランド化プロジェクトの企画会議に

リアル応援に駆けつけてくださいました!


どこまで女神なんでしょうか!

本当にありがとうございます😂

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3512.JPG


実は私いろいろと悩んでおりました。


東日本大震災6年目を目前にして
風化しつつある東北復興。

先日訪れた際も

まだまだ復興も途上ということを実感。。。

↓(追記) 南三陸町の動画あります。



こんな今だからこそ

以前よりご縁をいただいていた

南三陸町の力になりたい!

デザインで支援をしていきたい!

そう考えました。




でも


TOKYOもんがでしゃばったところで。。。。

身勝手な応援になってしまわないだろうか。。。

逆に現地に負担を与えてしまうのではないだろうか。。。


などなど。。。


そもそも復興支援を

カタチにしたことがなかったので

具体的なアクションが見えてこない。。。

現地の想いとピントがずれてるかもしれない。。。



いろいろと葛藤がありました。




そんな中

LINEブログの中で

たくさんの具体的な情報を

れいれいさんをはじめとする

LINEブロガーの方からからいただきました。



れいれいさんは

東北支援を以前からカタチにされてきた方でした。

さらには女性の子育て支援など

様々な活動をされています。



思い切って

「リアル相談」してみよう

と思い、

先日勇気を出して

コンタクトをとらせていただきました。



即座に快いお返事をいただき

本日、渋谷の街に女神は舞い降りたわけです✨



リアル応援(リアルK応P)の中で

貴重なアドバイスをいただき

ただただ感謝に尽きませぬm(_ _)m




そして本日付でついに

「南三陸ねぎブランドプロジェクトチーム(仮)」

が勝手連で発足いたしました‼️



なんと!その

南三陸ねぎブランドプロジェクトサポーター(仮)の

第一号に

「空条れいれい製作委員会」さんに

就任いただきました〜👏🎉🙌😂



元気玉のような超絶ミラクルパワーを得て

わたし俄然やる気が出ました!

近々わたし東北に飛びます。



みなさまの応援を無にしないためにも

LINEブロガーさんのご厚意を

「南三陸町の力」「東北復興の力」に

つなげていくこともひとつの目標となりました。



ブロガーさんの力の絶大さを

超絶実感する日々です。

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m



今までの応援記事をご紹介

れいれいさん

中森さん

華ようかんさん

とっこさん

YukiRing.Gさん


他にもツイッターやコメント欄で多くの方から応援いただいております。

宮田ゆりかさん

ゆずきなこさん

渡邉裕美さん
詩と薔薇と水彩の画家*ゆり呼こと渡邉裕美(ひろみ)
優しい絵が好きです。天使や女神さまの絵を描きます。画家で詩人のゆり呼こと渡邉裕美(ひろみ)と申します。 長い闘病生活を経て、初公募入選から数えて2017年で画業20周年になります。 死に直面する重症筋無力症と言う難病を経験し、また心の闇も持った経験から、こんな私のような辛い思いをする人を救いたいと思うようになりました。 水彩抽象画の柔らかな絵画で、ヒーリングアートを目指したこともあります。 最近は、優しい微笑みのマリアさまや菩薩さまを描き心の安らぎを表現しております。 前世が天使画家と言われ 天使画のオーダー受注制作もうけたまわってます♡ mizuno.art@gmail.com
lineblog.me

(追記3)
さらに応援者の方のコメント欄等も含め
たくさんの方からあたたかな応援の言葉をいただいています。

私がそんなコメントを見ながら
勝手に元気になっているので、
勝手ながらご紹介しちゃいます!


セルビー多田隈さん
セルビー多田隈祐司🐻
ガジェットが大好き! 映像・写真を使って個人の魅力開拓やってます。 セルフィ動画『セルビー』で 自分の得意なことを発信しましょう! このBlogでは みんなが自分の得意なことを動画で発信できるように、機材の開拓からレビューなどを発信しています。 みんなが動画発信できるようになれば とても嬉しいことです! 動画発信できるようにお手伝いします。 そしてそれに関連するイベント企画もやってます! どうすれば個人がメディアになれるのか? あなたの個性が最高のメディアだ!
lineblog.me

とだのんさん
とだのん
1984年5月生まれの双子座AB型 さいたま市出身/世田谷区在住 LINEブログは日記の用途で書くことにし始めました。 シンプルで自分らしいライフスタイルを研究中。 〈2017年の目標〉 親孝行をする・もらうよりあたえる喜びを味わう ワクワクを大事にアクティブに動く・台湾に行く
lineblog.me

ゆっうんさん
ゆっうん
物欲高めパート主婦♡♂1歳しまじろう(猫)と夫と3人暮らし♡マタニティ生活♡ モニター、懸賞再開しました!当選増やすの目標♪/
lineblog.me

しげくんさん

モ(moωom)モさん
モ(moωom)モ
娘と二人三脚。 いつも一緒(●´ω`●) 私達と関わる全ての人に。。。 心から感謝をこめて。。。 THANK YOU╰(*´︶`*)╯♡ 空、月、星、海、夕陽、花、草木 自然が好きヾ(๑ㆁᗜㆁ๑)ノ" よさこい好き、スイーツ好き♡ 笑顔が好き(♥ŐωŐ♥) 娘、大好き♡愛してるーっ♡ 一期一会って言葉ステキ(◍•◡•◍)♡♬ 毎日がhappyに過ごせますように♡
lineblog.me

となりのトントロさん
となりのトントロ
~はじめまして~ ファッション*コスメ*美味しいもの*ワクワクすること*にゃんこ*わんこ ♡大好き♡ ・・・関東在住・・・ いいね👍なグルメ・お店 いいね👍なコスメ・美容関連 素敵✨なblog・ブロガー様 基本、写真つきで紹介してます! ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 『ありがとう』 ~大切な言葉~ ♡見てくれて本当にありがとうございます♡ *いいね連打はお断りいたしております *フォローは数回にわたり絡みがある方 (ブログを読ませていただいてからになりますのでご了承ください) *コメ返しは99%、自分からのコメは気まぐれ *ふらっと貴方のブログに現れる
lineblog.me

emiruさん
emiru
2人の騒がし女子のママであり。 パーリーピーポーであり。 totalcoordinate mone代表であり。 人生を元気に楽しむ方法 教えます❤
lineblog.me

❤︎じゅんな❤︎さん
ピュアな淑女🏃じゅんな
「ワテクシ」という一人称にハマり中。 博多出身、今は関東在住。 4わんズとひっそり暮らしつつ、 ピュアな気持ちを忘れずに、淑女目指して女磨き中✨ 何らかの形で人を癒せるセラピストになりたくて、 今はお勉強しとるとこ🙌 私のリフレッシュ法↓ 4わんズとゴロゴロ、音楽、読書、神社巡り ブログには日々のこと、わんズのこと、 みんなに紹介したい記事etc……を書いとる🎶 読んだら笑顔になって貰える様な💞 そんなブログを目指しとるよ٩( ᐛ )( ᐖ )۶ よく絡んでくれる方をフォローしてます^^* 詳細は目次から自己紹介見てくださーい о(ж>▽<)y ☆
lineblog.me

麻友 結衣 可憐 霞 梨里さん
lineblog.me

ゆみな(21)さん
ゆるみな。
普段は受付事務してます。 ダイエットのための ヘルシー料理研究科。 小説も書いてたり。 insta yuamaru2525 Twitter yurumina0411 レシピ本と小説を出版するのが夢です。 秋田と下北沢が私の故郷。 無印良品とアボカドと紅茶が好き。 4月8万pv!
lineblog.me


みなさんあたたかすぎます!!
LINEブログの絆の強さをめちゃくちゃ感じる日々です‼️

ご紹介しきれないほどの応援を
いつもありがとうございます😂


関連記事


(追記2)
HOT入りありがとうございます😊
fCaJWtVQke.jpg



人気ブロガー宮田ゆりかさんが

企画された
LINEブロガー趣味交流会ですが

のっかりまーす!



趣味というよりは

好きなものですが



「小鳥」



です。

aix7BAi1iG.jpg

この写真は、娘が飼っている

インコのSORA。



娘がインコを飼い始めたのは

私が娘を寝かせる前に

よくインコを飼っていた話をしていたからだと思います。


私の実家では

鳥小屋があり

小鳥が50羽くらい(大げさ?)

いた環境で育ちました🕊


ひなから育てると

とてもなつくので

ホントカワイイです(笑)


SORAちゃんももれなく

「ベタなれ」状態で

かわいくてしかたありません。

かわいすぎてついつい頭 のあたりを

噛んでしまいます(笑)



あと以前

グリーンイグアナを飼ってました。

名前は「花男」。

大好きな漫画の名前からとりました。

こんなやつ。

Qaae1BOSK4.jpg

写真は実物ではありませんが

サイズ感は近いですね。


学生時代は

イグアナ連れて

バイクで

九州一周

沖縄一周なんてことを

していたことも(笑)


つまり

私め

「動物」が大好きです!

尊敬する人物はムツゴロウ(嘘)

彼は人間を超えた

「超人」ではないかと信じています(これは本当w)

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3255.JPG

本日は久しぶりに「誰にでもわかるやさしいビジネス」の話題を。


さて質問です。

あなたが所属するサッカーチームの
試合がはじまります。

相手チームと比べても
メンバーひとりひとりの実力に大差はありません。


相手11名に対し

こちら

5名


これって。。。。






勝てるでしょうか?






う〜ん。。。。。







「無理(笑)」








むしろ棄権しますね(笑)





とても簡単に判断ができますよね。





これを


ビジネスで応用してみましょう。



例えば、営業マンの人数で比較してみましょう。



エリアやターゲットが
ガチでかぶっているライバル会社
営業マン11人に対し



こちら側が5人。。。



営業マンの能力に大差はありません。






これって、勝てるでしょうか?






サッカーだったら


「棄権」


という判断が

簡単にできるはずなのに




ビジネスだと


「撤退」


という選択肢は

簡単に選ばないですよね?




つまり



「なんとかなる」



気がします。




これって

何故でしょうね?




ビジネスはスポーツの試合じゃないので

審判もいないし、

勝ち負けという判定を

誰かが下すわけでもありません。



ルールもスポーツほど明確に決まってないし、

攻め方にも

多様な方法があるから

マンパワーで劣っていても

一概に勝てないとも

言い切れない。


だから


「勝てる方法はある!」


と考えるのではないでしょうか?



ビジネスはスポーツほど単純には

勝敗は分からないです。


競合は複数いるし

別に一位じゃなくてもいいわけです。





だからこそズルズルと

負け戦を展開していることに気づかず

疲弊していくことが起きえます。



それこそ、

会社が「倒産」かするか

サービスを「撤退」するまで

「負け」とは

思えないかも知れません。





では、「倒産」や「撤退」に追い込まれる前に

勝ち負けを判断する目安は

他にあるでしょうか?





これはあくまでも

ひとつの見方ではありますが



「クレーム」


「不良品」



が増える傾向にあったら

その勝負はすでについている

可能性があります。




少なくとも

かなりの劣勢に立たされているので

「負ける」可能性が高いと判断し

早急な対策が必要な状況です。



放っておけば

負のスパイラルに陥り

事業自体が

いずれ立ち行かなくなることが

十分に考えられます。




劣勢の戦いは必ず

「値引き競争」に陥ります。



値引きをすれば

経費削減をはからないと

儲けが減りますね。





これをサッカーに置き換えれば

相手の動きについていけず

みんなが「ゼイ、ゼイ」と肩で息をしはじめ

消耗が激しい状態です。




企業は利益を確保するため

経費削減をはかります。

広告費や営業経費、

仕入れ価格や外注費

ゆくゆくは人件費を削減します。



そうなると

一人当たりの業務の負荷がより大きくなり

給与は増えないのに

業務ばかりが多くなったりします。



ひいては


モチベーションの低下


サービスの低下が起こり


「クレーム」


「不良品」


につながるのです。




サッカーで言えば

疲れ切って

「ミス」を連発する状態なわけです。




つまり

クレームや不良品が増え続ける状態は

「末期症状」なのです。



末期症状が現れたら

「このままじゃ勝てない」

と判断すること。


勝つため方法を

もう一度

抜本的に発想し直すことが大切です。




そういう意味では

このままでは「勝てない」と知ることが



「勝つための第一歩」



と言えるのではと考えています。



弊社でもあるサービスが、

同様の状態に見舞われ、

「クレーム」や「不良品」が増加。


上記のような観点を勉強した直後に、

はじめて自社の状況に気づき、

腹をくくりました。



そして2年前より改善のための

チームブランディングをはじめ

結論的には

そのサービスを違った形で活かす

新しいサービスをはじめることにしました。



いよいよ、

そのサービスも今春を目指してOPENを予定しています。



私も一経営者として

行き詰まったサービスの先行きが見えず何年も

悩んでいた時期がありましたが

今ではとてもワクワクしています(笑)



準備が整ったら

また詳しくお知らせさせていただきます。




FUNをデザインし、
FANをつくっていく。
OICHOC Inc.


OICHOCってどんなところ?↓

↑このページのトップへ