月別アーカイブ / 2016年12月


これです!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2830.JPG
出典:http://www.1101.com/nami_umi/


気仙沼のお酒を、有名クリエイターたちがボランティアでリニューアルしたという日本酒「NAMIとUMI」。

かわいいですね(笑)

ほぼ日でも紹介されています。

スッキリとした味わいで女性でも飲みやすいお酒ですよ〜。



さて今年一年はあまりにも濃ゆ〜い(笑)

一年でした!




ゆりかさんをはじめとする

数々のLINEブロガーさんとの衝撃的な出会いは

その濃密な一年を締めくくるにふさわしい

最高の出来事でした!





まじガチでみんなに会いたいっ(笑)






さて、わたしの本職はデザインなので

今年を漢字一文字で



。。。。いや







漢字「人文字」で







表すことにしました!










ハイッ!!!!








_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2833.JPG





分かりますかね〜(笑)

これを読める方は芸術的な才能が高いと思われますよ。

読めない方は、目を細めたり
遠くから見てみたりしてみましょうねw


とにもかくにも


LINEブロガーの皆さん!


たくさんの「【笑】顔」をありがとうございますm(_ _)m


そして来年も


どうぞよろしくお願いいたします!





どうかよいお年を〜





弊社は28日で仕事納めしました。

みなさま一年間お疲れ様でしたm(_ _)m

いつもこの時期悩むんですよね。

年賀状がまだできていないな〜って(笑)



年賀状だけならまだしも

一番の悩みは「宛名入力」なんです。



一年間かけて大量に交換した名刺

そしてその大量の宛名入力作業を想像すると

気が遠くなります。



弊社は基本的に「宛名職人」を使っていますが

そのデータは手で入力する場合と

アプリを使う場合とあります。



今やビジネスマンの間では
一世を風靡した感のある名刺アプリといえば、

100万人が使う名刺アプリ「Eight」です。


スマホカメラで名刺の写真を

ガシガシ撮影すれば

いつの間にか無料でテキストデータ化してくれる

なんとも親切なサービス。


しかも、識字率の精度が圧倒的に高い‼︎

ここが最大のポイント!


なぜならば、テキスト入力が「人力」だからだそうです。


嘘だろっ!!!


この時代に「人力」って。。。。。


よって年末になると毎年こいつの出番です。


撮影してからデータ化されるまでに時間差がありますが、正確な入力を考えれば納得です。


プレミアムプラン(有料)だと優先的に入力してもらえて、急いでる時に便利です。

宛名職人などにデータ移行(csv出力)もできますので年賀状宛名入力にもオススメです。


私は名刺を20枚くらい一列に並べ、

体を横にスライドさせながら、

そのままガシガシ撮影し、

あっという間に200名分の名刺の宛名入力が完了しました。




でもそんなEightに強力なライバルが出現したのをご存知ですか?



その名をWantedly People」


Eightの「人力」に対し

Wantedly Peoplは「人工知能」です‼︎


ついにきました。
今流行りの「人工知能」の名刺アプリ。

しかも、
一度に10枚の名刺を読み込めるっていうんですから
読み込み作業が10倍高速化するわけです。

ムービーがありました


インターフェースも洗練されてる感じ。


実際の識字率はどうなんでしょうか?


そこが一番気になります。



もうひとつ気がかりなのは以下の記事。


トモヒコトモさんが、ブログで
個人情報が危険だよ〜と言われています。

こんな記事も
Wantedly Peopleの利用は危険なので全社で禁止することにしました - ヤドリギ
Wantedly Peopleの社内利用を禁止することにしました。プライバシー軽視で個人情報収集を目的にしているとしか思えないので、たとえ便利だったとしても使うのは危険と判断しての決断です。 古臭い企業だとかイノベーティブじゃないとか言われても、知らんです。ウチは海外事業所のスタッフはソーシャルメディア経由でスカウトしてうまくいっているし、仕事の連絡はだいたいメッセンジャー。エンジニアにも出来る限り新しい技術を試し、良さげなものを導入することを推奨しています。 でも、Wantedly Peopleは使いたくない。それだけです。Eightのように「名刺管理を楽にできないか?」という問いから生まれ…
miyazawataichi.hatenablog.com


使用される方は、是非ご一読を〜。


(追記あり。使用感レビューもあります)

Wantedlyより、規約を変更し謝罪があったとの記事もありました。
Wantedly Peopleについて、Wantedlyに行って聞いてきた | ロードバランスすだちくん
シンジです。利用規約がアレだった名刺管理サービスのWantedly Peopleですが、例のブログ公開直後に利用規約は書き換わり、マーケティング責任者からクッソ長いメッセージが届き、とりあえず飲みに行くことになり、あーだーこーだ言ったうえでWantedly本社に乗り込んできたのでそのお話です。 あの利用規約なんだったんすか? 逆瀬川さん「僕が作りました。全く悪意は無いです。悪用とかするつもり無いです。本当に申し訳ありません。。。」 シンジ「でもすぐ規約を直しましたよね」 逆瀬川さん「すげー怒られました。もう2度としません。もっとユーザーの気持ちを大事にしなければならないと心に誓いました。ほんとごめんなさい。」 と言うわけで利用規約問題は解決していたのであった。 Wantedly Peopleのテクノロジー 話しを聞けば聞くほど、この人ちょっと頭おかしいのかな(いい意味で)って思う人、相川さんが細かく説明してくれました。 複数の名刺を一斉同時検出する技術 Wantedly Peopleの最大の特徴は、スマホから名刺をスキャンさせるときに、複数の名刺を一瞬で同時にスキャンするところにあります。 まず名刺を並べます。 読み取りを開始すると、横線の分析から始まります。 次に縦線。 この時点で名刺の輪郭や、文字の位置を特定しています。 まさにそれが「名刺」であることを確定させます。 完全にデジタル化された名刺データが完成するというわけです。 C++で書いた 相川さん「最初はPythonで書いてたんですけど、なんか書いてるうちに、これC++でも良くねって思ってきて、C++にしました。おれそういやC++書けるじゃんって思い出した」 シンジ「でもiOSとかってSwiftですよね」 相川さん「そうなんですよ、だからなんかウチのエンジニアがうまいことやってくれるんですよ」 シンジ「そこ大変そうじゃないですか?」 相川さん「うん、でもなんかいい感じになってますねwww」 CってことはVisual Studioですか? 相川さん「あー。僕あれなんですよ。普段SublimeTextなんですよねwww」 シンジ「え、VSとかXCodeはどうしたんすか」
blog.animereview.jp


使用感としては、
私が使ったところ10枚いっぺんにスキャンした時は識字率は全然ダメでした。

実用性には程遠いです。

1〜3枚程度の同時読み込みはまずまずでしたが、全く違う情報が表示されることもあり、不安が残ります。

ちょっとでも不安が残ると、
名刺と情報があっているかどうかの

「検証作業」が必要となります。

この類のアプリは、これが最大のネックなんですね。


「人工知能」は与えられた情報が少ないと、赤子のようなものなのです。

使用人数が増え、人工知能が蓄えるデータ量が増えてきたときにはどう化けるか分かりませんが、

現状は、まだまだ発展途上のアプリと言えるでしょう。



個人的なオススメはやはり「Eight」ですね😄

理由は識字率が限りなく100%に近く、

「検証作業」をする必要がないため、

労力が格段に少なくなるからです。

それこそ作業効率は他のアプリに比べ、数倍早いです。


欠点がないわけではありませんが、

私は有料版の愛用者です。



いつもブログを読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

(以前書いた記事を追記し「再投稿」しています)


先日、投稿した以下の記事↓



この記事が「おすすめTOP」にランクインしてました^_^

(一瞬ですけどねw)

私の短いブログ人生ではじめての経験だったのでなんだかワクワクしました。

「いいね」いただいた皆様本当にありがとうございますm(_ _)m

それもこれも、ある「裏技」的なことをしてみた結果だったりします(笑)


「しん」さんの記事を参考に


一度投稿した記事を

もう一度投稿し直す



「再投稿」



という機能をつかってみたんです。

その結果、見ていただける人が増えたようです。



是非みなさん以下の記事、参考にしてください↓↓↓



ポイントは再投稿する記事を

「記事管理」の一覧から選ぶときに

「長押し」→「下書きにする」

を選び、あらためて投稿することですね。

iPhoneでもできましたよ〜。


というわけで御礼に、「しん」さんの記事リブログさせていただきました(笑)



・投稿時間が悪くPVがうまく上がらなかった記事

・「いいね」が以外に多いなぁという記事



などで試してみるのがいいかも。


(ここから追記)

昔の記事を「再投稿」してみたら

今度は「HOT」入りしました(笑)
DZVOkxEkD6.jpg

さらには別の記事が「オススメ」にも入り、

TOPページにダブルランクインしたので
記念のスクショを(笑)




_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2808.PNG
「再投稿」機能を有効活用し、

より多くの方に

あなたの記事を読んでいただきましょう。



なお、最適な投稿時間については
この人気ブロガーのお二人が研究済みです(笑)

LINEブログに適した投稿時間わかる? #LINEBLOG : 「空条れいれい」製作委員会
こんばんもす!もうすぐウェーブが来るよーLINEブログもそうだし、ブログには読まれやすい時間帯があります。時間帯によって、「精読されやすい投稿の長さ」「記事の内容」があるんですよ。まず、朝。出勤前と移動時間がまずひとつの波。だけど、どうしてもみんな忙しいから
lineblog.me
【調査】LINEブログって、いつ投稿するのがベスト? 調べたよ。 : 中森学 (名刺研究家) の「食べ物・名刺・上手な自己紹介」
せっかくブログを書いてるんだから、1人でも多くの人に読んで欲しい❗️とブログを書いてると思いますよね。ブログを投稿するのは何時がベストか❓「調査の中森」と言われ21年、名刺研究家の中森 学が調べました。■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□何時にどれ位の
lineblog.me

こちらも是非参考にご覧あれ〜。

ではでは本日も「楽しいLINEブログライフ」を〜。

↑このページのトップへ