月別アーカイブ / 2016年12月


これです!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2830.JPG
出典:http://www.1101.com/nami_umi/


気仙沼のお酒を、有名クリエイターたちがボランティアでリニューアルしたという日本酒「NAMIとUMI」。

かわいいですね(笑)

ほぼ日でも紹介されています。

スッキリとした味わいで女性でも飲みやすいお酒ですよ〜。



さて今年一年はあまりにも濃ゆ〜い(笑)

一年でした!




ゆりかさんをはじめとする

数々のLINEブロガーさんとの衝撃的な出会いは

その濃密な一年を締めくくるにふさわしい

最高の出来事でした!





まじガチでみんなに会いたいっ(笑)






さて、わたしの本職はデザインなので

今年を漢字一文字で



。。。。いや







漢字「人文字」で







表すことにしました!










ハイッ!!!!








_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2833.JPG





分かりますかね〜(笑)

これを読める方は芸術的な才能が高いと思われますよ。

読めない方は、目を細めたり
遠くから見てみたりしてみましょうねw


とにもかくにも


LINEブロガーの皆さん!


たくさんの「【笑】顔」をありがとうございますm(_ _)m


そして来年も


どうぞよろしくお願いいたします!





どうかよいお年を〜





FullSizeRender.jpg

「ブランド」という言葉はけっこう誤解されがちです。

高級ブランドのイメージが強いからでしょうか?

「ブランディング」というと

何か高級そうに飾り立てること

と思われる方も多いかもしれません。


私には、

ブランドマネージャーという

肩書きもありますが

高級ブランドばかりを

取り扱う仕事では決してないのです。




「ブランド」の語源はもともと

放牧している家畜に対して

目印として押した「焼印」の事でした。

「この牛はウチのだよ」って

アピールするためのものだったわけです。

つまり

「違い」

を演出することが

目的だったのです。



また

モノだけでなく

ヒトや

地域

場所も

「ブランド」

になります



SMAP

北海道

スカイツリー

などなど。




企業で言えば

大企業だけが「ブランド」

になるわけではありません。



むしろ中小企業の中にも

いち早く

「ブランディング」をして

他社と差別化することによって

成功をおさめている会社も

少しづつ増えてきています。


今はまだ

「ブランディング」の

重要性に気づいていない会社も多いので

中小企業こそ

「ブランディング」によって

他社より一歩抜け出せるチャンスがある

と言えます。




つまり

有名無名にかかわらず

あなたの会社や

あなた自身さえも

実は「ブランド」になりえるのです。





確かに

「ブランド」とは

一種の

「定評」

のことをさしていると言えます。




もっとわかりやすく言えば



「◯◯なら安心」

「◯◯なら間違いない!」



こう思われていたら

その人にとって

間違いなく

「ブランド」

と呼べます。




これは決して

高級である必要はないです。



さらに


「◯◯と言えば◯◯だよね」


と多くの人に謳われたら


「ブランド力」が強いと言えます。




例えば





「コンビニと言えば◯◯だよね」





さぁ

あなたの

頭の中には

どこのコンビニが

浮かびましたか?




頭に浮かんでいる

コンビニは

あなたにとって

間違いなく

「ブランド」です。




なぜ頭に浮かんだのか?

理由はいろいろだと思います。

「近くにあるから」

という理由で頭に浮かんだ人も

いると思います。






では次の質問にうつります。


「弁当やお惣菜がおいしいコンビニと言えば?」


こちらはいかがでしょうか?








もしかしたら


多くの人が





「セブンイレブン」と




思いませんでしたか?





ちなみに

ちょっと前まで使われていた

セブンイレブンの

コーポレートスローガンは





「日本のおいしい食卓へ。」




つまり、

セブンイレブンは

そういうイメージを持ってもらおうと

意図していたのです。






実はこれを



「ブランディング」



と言うのです。






「ブランド」とは


どこでもなく


あなたの頭の中に


あるものなのです。




また詳しくは

次回以降

書きたいと思います。

(加筆修正し再投稿しています)



関連記事


FUNをデザインし、
FANをつくっていく。
OICHOC Inc.

OICHOCってどんなところ?↓

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3575.JPG


(12月24日の投稿。加筆編集しております)

ネギ〜クリスマス🥘

ネギは冬の風邪対策にもってこい。
免疫活性作用、発汗作用、
豚肉と合わせると食欲増進、疲労回復など効果があるそうですよ!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2663.JPG


さて東日本大震災で大きな被害を受けた
宮城県南三陸町。

その特産品である

「南三陸ねぎ」

のブランド化を推進する
グリーンファーマーズ宮城の石井さんに

ねぎづくりについて
こっそり7つの質問をさせていただきました(笑)

普段では聞けない東北の生の声をお届けしまよ!

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1286.JPG


1、ねぎづくりで目下の課題はなんでしょうか?


震災後、さまざまな作物づくりに挑戦してきましたが

ねぎは、痩せた土や塩害にも負けない「強さ」を持っていることがわかりました。

津波に負けない南三陸復興の象徴となる作物だと思っています。


収益性も他の作物に比べたらよいので、

今では「ねぎ」一本で勝負しています。


とは言え、「利益」をどうやって出すかは常に課題です。


そして何と言っても

「南三陸ねぎ」を

有名にしたいです。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2558.JPG




2、今後必要なことは?


「男手」ですね。

機械やトラクターを

乗りこなせる

たくましい人が必要です。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2560.JPG



3、遠方からの協力に期待することは?

ボランティアの方々にご協力いただいている

「草取り」

「肥料まき」

地味な作業だけど

一年かけてネギが出来るうえで、

大切な作業だということを

理解していただけたら嬉しいです。

(今でもたくさんのボランティアの方々に支えられながら運営されているのを見ると感動しますよ↓↓↓)
【募集】グリーンファーマーズ・宮城 ネギ育成おでって
町の雇用促進や、南三陸ネギのブランド化を目指す会社、グリーンファーマーズ・宮城さんからネギの育成 おでっての募集です! ☆応募フォームはページ下部へ 農業を志す若者を増やしたい!! 震災により、南三陸町は住宅地だけでなく耕作地も大きな被害を受けました。 復興は進みつつありますが、使用されなくなった土地も多い状態です。 グリーンファーマーズ・宮城さんは復興支援の経験を活かし、 耕作放棄地や復旧農地の有効活用、地元雇用や地域発展を目的として 活動されています。 農業のイメージを変え、農業を志す若者が増えることが目標です!! 具体的に何をするの? ネギの種まき、定植、水
www.minasan-ouen.com

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2557.JPG




4、むしろ間に合っていることは?

無いです。。

いつもいっぱいいっぱいです(笑)



5、他での成功事例で模倣して見たいことは?

農業で上手くいくのは

年月と経験が必要です。

今まで

農業を開拓し

土台を作ってきた人たちを

みんな尊敬していますし

見習いたいと思っています。



6、ネギ栽培の特別な工夫は?

ねぎづくりでこわいのは「台風」です。

台風が来そうな時は

わざと雑草を残し

雨風の抵抗を最小限に抑えます。

うまくいかず、雑草とねぎが共倒れしてしまうこともありますが。。。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2562.JPG↑9月の連続台風で、タネから必死に育てたねぎがやられました。心の底から悔しい思いをしました。


7、味の特徴は?

南三陸のねぎは

「甘い」です。

冬の時期は特に甘みが増します。


炒めても

鍋にしても

味噌汁でもなんでも合います。

是非みなさん寒い冬は「ねぎ」を食べて温まりましょう!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2564.JPG


以上、普段では見聞きできない

ねぎづくりの現場の生の声をお伝えしました!



人気美人ブロガー「空条れいれい製作委員会」さんも超絶応援してくれております!↓↓↓

華ようかんさんも超絶応援してくれてます!



関連記事

↑このページのトップへ