_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5348.JPG

代表の仕事で一番大事な事はお金を持ってくる事と謝る事だと聞いた。

3年前に自分が発信した「おひるねアート」というコンテンツは、今はもう私の手を離れ、講師の手の中でその人なりのおひるねアートを確立しているし、「おひるねアートって協会あるの!?」と言われるくらい一般名称化されつつある。

そうなるともう私ひとりの力ではどうにも出来ないので、たくさんの人にお任せして、自分はその時に必要な資金(これは資産でも良い。自分が働くとか人脈とか)を調達したり、代表出せと言われたら出て行って全責任を持って平謝りする。

間違えちゃいけないのは、手綱を手放すという事ではない。
代表こそ、組織を守るために自分の事業は絶対に自分でコントロールしなければいけない。
最終決定は常に自分だからこそぶれない軸が必要になってくる。

うちはフローメインの店舗運営と、ストックメインの協会運営とあるので、やり方は全然違うが、自分のコンテンツを使い頭も体も使ってとにかくお金を持ってくる事は考えている。

今年はある一つの事業がすごく落ち込んでいる時期があって、それを必死で立て直し、その他のトータルでも数字で割と良いところを叩き出す事ができた。
その間約3ヶ月である(V字回復が著しい…)
もちろん私だけの力では無いけれど、結果的に、
総合で見れば一番自分の中で引け目がありちゃんとしたかった事-お世話になっているところへ恩返しをする事が出来て、自分の中で一つの区切りがついた気がした。
もちろん、これから先がどうなるかなんてわからないので安堵しているわけではない。数字が上がるほどプレッシャーしかない(泣)

事業は数字が全てだ。
数字で結果が出せないのなら、衰退への道を着々と歩む事になる。
それでは、今まで自分たちを信じてきてくれたお客様や講師や企業の方に申し訳ないので、いま自分ができる最大限の努力をしていきたいと思っている。

ただ、忘れてはいけないのは、目の前の数字が全てでも無いという事だ。

3年間積み上げてきたものが花開くときが来たんだな、と思える出来事が、今年はすごく多かった。
たまに、奇跡みたいな仕事が来る時もある。
そういう時はだいたい目には見えていない、積み上げてきた信頼から来たものが多い。

だから一概に数字では推し量れない部分がある。
それを3年間やってきた。
無駄だと言われる時もあったが、いまその無駄だと言われながらも時間をかけて作ったものは、ストックの方で絶大な効果を発揮している。

そこが見えていないと、結局「ああ、この人は自分の利益だけなんだな」と見透かされて終わる。
じっくりと温めていったものほど、最終的に大きな資産となる。

そして代表としてもう一つ大事な事は自分の夢を修造ばりに熱く語るという事である(笑)

最終的に残るのは、それを何が何でも成し遂げたいという想いなのだ。

それを突き詰めれば突き詰めるほど、周りを巻き込む大きな力となる。