月別アーカイブ / 2016年12月

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6789.JPG

年末は毎年必ず講師たちに挨拶文を送ります。

講師としてのあり方、協会の使命、理念の再確認。
それから感謝の言葉と。
(念のため言いますがこの帽子を被りながら送っているわけではありません(笑))

そして、毎年、変わらずに話す内容があります。
同じ話をアプローチを変えて2度も3度も言います。
講師になるタイミングはそれぞれ違うので、初めて聞く講師も、もう3回目だよという講師もいます。

協会立ち上げから、それだけ変わらない想いを持ち続けている事に喜びを感じます。

毎年、講師に何を言っているのか?
それは
「好きを仕事に」
する事の大切さです。

この仕事を「好き」「楽しい」と思うことが最大のモチベーションだという事。
好きだけでは続けられないからこそ、好きだという事は大前提であって欲しいのです。

今は「好き」を発信し、共感できる人と繋がり、それが仕事になる時代です。
だから、自分の中の「好き」をとことん磨いていく事が必要です。

そして、その「好き」でどうしたらお客様を幸せにできるのかを考える。

そこまで出来れば仕事になります。

3年間、私の「好き」でどうしたら協会が成り立つのか、いろいろな事を模索し、やり方を考えていました。

協会を通じて、私たちは何を伝えたいんだろう。
社会に何を貢献できるんだろう。

それを突き詰めていき、その答えが明確であればあるほど、今やっている事は本当に意味があるのかどうか知る事もできるし、この事業をやるやらないという判断を下しやすくなります。

迷いが生じた時ほど、いつも自分に問うています。

それは事業の事だけではなく自分の道についても同じで、自分の選択に自分自身が不満を持たないように、問い続けています。

出会う人も、環境も、仕事も、全部は無理かもしれないけど、少しずつ「好き」に変えていく。

全ての人が自分の好きに忠実であれば、縛る事も、嫉妬も、誰かと比べる事も、きっとなくなります。




_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5231.JPG

年末になると講師のブログにポツポツと今年の振り返り記事が上がってきます。

皆、この仕事を通じて自分が感じた事を伝えています。
ダントツの一番は「人との出会い」
それを通じて世界が広がったこと。

私も本当にそう思う。
皆も実感してくれてありがとう❤️

よく、年商○○円を目指しましょうとか、外部から言われたりしますが、うちは敢えて何年後までに年商○○円という目標は掲げていません。

利益ベースでの考え方はうちでの事業内容とターゲットには合わないと判断したからです。
(大丈夫、掲げなくても利益は勝手に上がります)

その代わり、目標で数値化するのは広げるお客様の数です。
1年で何万人に知ってもらうか、は講師たちにもミッションとして落とし込んでいきます。

その上で忘れないで欲しいのは
目の前のたった1人のお客様を大事にすること。
全てはそこから。

講師がそれぞれ、自分の中の大事な事を見つけ、講師としてのあり方を見つけてくれたら嬉しいです。

因みにこう書くと、ボランティア団体と思われがちですが、それとも違って、うちは安売りをしないことで有名です(笑)

儲け主義と叩かれることもありますが
「質の良いものを適正価格で提供する」
に拘っているだけです。

うちの講師はそこをわかっているので、金額にはシビアです。
その代わり最高の仕事をします。

そこをご理解頂いているお客様や企業様と良いお付き合いを続けることができて、ありがたく思います。

_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7505.JPG

おひるねアート協会の事業のひとつでもある
おひるねアートの専門フォトスタジオ「STORY」そして協会の方も仕事納めでした。

先週スタッフ皆で大掃除と忘年会を行いました。
お子さんがいるのでランチ忘年会です。
まだまだスタッフがいるのですが全員参加できなくて残念。

今期は前年比よりかなり良い数字を更新中。
皆さん今年も1年お疲れ様でした(*^_^*)
そしてありがとうございました。

さて私は、事務局も閉じたので、1人で残っている最後の仕事を片付けます。
傍目からみたら、必要無い事かもしれません。
効率も悪いし、効果もよくわからない地道な作業です。
だから願掛けみたいなものだと思うことにしました。(願掛けは何かをやらないというのが一般的ではありますが…)
きっとこれをしなかったら、自分が後悔しそうだから。

守りたいものがあって、叶えたい夢があるからこそ、人は神頼みをするのかもしれません。
それくらい大事なものがあるというのは幸せな事ですね(*^_^*)

↑このページのトップへ