_var_mobile_Media_DCIM_153APPLE_IMG_3487.JPG
いつも、MGやPGやスウェットロッジで会ってる大好きな皆と一緒に過ごした2日間。

つきつめPGファシリテーターになるため2日間合宿を受けてきまして、晴れて試験合格して仮免許頂きました(*^_^*)
これからPG主催もしていきたいと思います。

PGは、他者を通じて己を知り、本音に触れ、最短で夢が見つかるゲーム。
私はそんな風に思っています。

今回、改めて主催である平和戦略会議の3名の講義を受けそれを自分の中に落とし込んで同じ内容をプレゼンするというテストがありました。

いつも私が自分の協会で講師に発表してもらっているデモレッスンと逆の生徒の立場で、久々に発表する側に回りましたが、受けてみて初めて自分が思っているよりもきっと忠実にはうちの講師には伝わってないし、だからこそ何度でも伝える必要があるのだなと思いました。
(実際PGで同じ講義3回も聴いててもトレース出来なかった…)

人から教わったものを自分の言葉として発信していく事の難しさ。
それもまた、自分で体感しアウトプットをするのはもちろん、自分に問い続ける事が大事なのだなと思います。

合宿の夜24時まで、ロビーにいた3人を2時間ほど運良く独り占め出来たので、平和戦略会議の成り立ちとか想いとかを根掘り葉掘り。

創立者のこと自身をもっと知ることで理解が深まり、創立者が本当に伝えたいことを着実に広げていけるようになるのではと、思います。
もちろん自分のエッセンスを入れることになるけれど、まず忠実に再現することを意識することは、それは教えて頂く相手に敬意を払うことと同等だと、考えています。

MGの西先生然り、マザーアースの松木さん然り、そこまで、学びたいと思った事が出来たこともまた幸せです。

さて合宿中に一度PGをワンゲームだけする機会があったのですが、メンバーがすでにPGに慣れている方だけだったので、超深いテーマを深掘りしようと思いました。

それは、私が初めてPGを受けた時に出た
「おひるねアートで世界平和とは」
の意味
「世界中の全ての赤ちゃんが、たった一人でもいい、生まれてきた時に祝福してくれる人がいればそれは世界平和になる」
という答えで

それは今でも私の大事な軸となっておりかけがえの無い財産ですが、それをもっとつきつめた時に何が出るのか、を行いました。

少し短めの10分という時間の中で、不思議だったのは
Why?(なぜ?)と
HOME
しか出なかった事(笑)
ひたすら何故?を聞かれ、ひたすら褒められました(笑)

その中でも3回聞かれた「何故?」は

・なぜ「世界中の全ての赤ちゃんが、たった一人でもいい、生まれてきた時に祝福してくれる人がいればそれは世界平和になる」のか?

→生まれてくる事自体が奇跡。その命を無駄にして欲しく無い。

・それは何故か?

→人はそれぞれ生まれる時に使命を持っているはず。その人の持っている使命を全うさせてあげたい

・それは何故か?

→全うして初めて「自分の人生を生ききった」と思えるから

という、人生の意味についての価値観が出てきました。

全うしたと思えるキーはやはり愛なのではないかと思うし、「生まれてきてくれてありがとう」だと思うし、その祝福を最初に受けるタイミングはやはりこの世に生まれ落ちた瞬間だったらベストだな…と思っているのだなぁ、と改めて実感しました。

でも、さらに深掘りをするならば、赤ちゃんのうちに祝福を受けられなくてもダメな事は無くて
生まれて死ぬまでに一人でも一度でも
「生まれてきてくれてありがとう」
がその人に贈られていれば、それでいいな…
とも思いました。

自問自答してもなかなか出ない答えを、他者と一緒に探し、聞いてもらい、自分の言葉としていく。

そんなPGがやっぱり大好きだし伝えていきたいと改めて思いました。